富野監督が若い!
この作品も今では懐かしい。