« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月25日 (日)

ウルトラマンマックス 第13話「ゼットンの娘」

Tideotv003_1 ウルトラマンマックス 第13話「ゼットンの娘」の感想です。

 

 

 

Tideotv004_1 Tideotv005_1  

 

 

 

長澤奈央扮する、夏美ちゃんにゼットン星人の遺伝子が・・・?
Tideotv001_1  

 

 

 
そんな事よりも、「浴衣」に「エプロン」に「くの一」って奈央ちゃんのコスプレが今週の売りですか?
(個人的には大賛成です)
Tideotv011_1 Tideotv013_1  

 

 

 

ダッシュアルファ変形ぶっとびです。
静止状態から垂直上昇・飛行ってんじゃ、絵にならないのでしょうね・・・。
Tideotv006_1 Tideotv007 Tideotv009_1  

 

 

 

ゼットンはやっぱり強い。
てっきりカラータイマー消灯まで、いってしまうかと思いました。
Tideotv014_1 Tideotv015  

 

 

 
ゼノンからブレスレット?、を貰って反撃ですが、これって新マンの時みたいです。
Tideotv016_1 Tideotv019  

 

 

 
ゼットンを一撃で撃破しました。
やっぱり途中登場じゃ、ゼットンも雑魚怪獣扱いですかね?
Tideotv020 Tideotv021_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリゾー&モッコロ・・・?

今更ですが、こんな記事を見つけました。

愛知万博に行く前に知っていれば、こっちのキャラクターもどこかで売っていないか、探したのに・・・。

<愛・地球博>偽マスコット「キリゾー&モッコロ」登場

 閉幕まであとわずかの「愛・地球博」。17~19日の連休は観客が殺到したが、その人気を裏打ちするように、公式マスコット「モリゾー&キッコロ」の偽物がインターネットのサイトに登場。「意外に可愛い」と人気を呼んでいる。
 制作者は不明だが、名前は画像の下に「キリゾー&モッコロ」とある。偽物はオリジナルの「モリゾー&キッコロ」の顔を入れ替えただけのもので、ネットを通して広がっているようだ。携帯電話の待ち受け画面用に加工されているものもある。
 サイトでは「オリジナルの方がかわいい」「キリゾーはかわいい」などさまざまな感想が…。朝日新聞が19日に報道したこともあって、「キリゾー&モッコロ」の話題はネット上でさらにひろがりを見せている。25日に「愛・地球博」が閉幕しても、マスコット騒ぎは当分続きそう。

9月20日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土)

ケロロ軍曹 第77話

kero0923今週のケロロ軍曹 第77話「タママ 結婚するって本当ですか」を見ました。

久々に「イデオン」ネタでやってくれました。

 

ケロロでパロッてくれた後は、ついついネタ元の作品を見返したくなりますね。

 

まずは「カララ」さんですが、怖ーいお姉さんの「ハルル」も一緒にご紹介。kero0923kero0923

←カララ 

 

 

kero0923 

←ハルル

(放映後20年以上経ちますが、今でも美人姉妹のキャラでいけると思うんですが・・・) 

 

kero0923kero0923   

 

 

 

カララが乗ってきたのは、一人乗り機動メカ「ガダッカ」・・・でしょう。

 

 

カララがお土産に持ってきたのは、ドグ・マックをベースとして、亜空間戦闘用に開発された「ギラン・ドウ」・・・、じゃなくて「銘菓ギラン堂まんじゅう」

kero0923

 

←宇宙銘菓決定戦 金賞受賞だそうです

 

 

 

kero0923 そして次はカララを連れ戻しにきたお父さんが、操縦している重機動メカ。

名前は出てきませんでしたが、これは「ガンガ・ルブ」ですね。

・・・でもちょっと違う。両腕とも格闘用クローなんですね。

オリジナルは左腕がミサイルポッドですが。

下に紹介したのは本家「ガンガ・ルブ」と、カララのお父さん「ドバ・アジバ」総司令です。

kero0923kero0923   

 

 

 

タママ達のピンチを救ったのが、クルル曹長の波導ガン(?)もどき。

本物だったらこんな威力じゃありません。惑星ぶち抜いたり、巨大彗星を吹っ飛ばしたり。

kero0923kero0923   

 

 

 

ガンダムものは最近も放送されているので映像がすぐ見つかるのですが、イデオンやボトムズになると私の持っているメディアがベータマックスなので、なかなか大変です

(テープが無くなったり、再生不可だったり、何よりデッキが何時壊れるか分からないし・・・まさにゴミクション寸前)

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年9月18日 (日)

ガンパレードは続く

gpo なんとガンパレード・マーチのTVアニメ続編が、10月から放送されます。(ガンダムSEED Destinyの後の楽しみはこれになるかも)

タイトルは「ガンパレード・オーケストラ」

2003年にテレビ埼玉を始めとしたローカルUHF局を中心に深夜枠で放送されていたのが、今回は同じ深夜枠ですが「テレビ朝日」に昇格(?)だそうです。

続編とは言うものの、前回のキャラクターは出てこないみたいで、世界観・設定をそのままに新たな登場人物で話が進むようです。

前作はPSのゲームからアニメになりましたが、今回はPS2でゲームが出るそうです。

ガンパレード・マーチのHPはココ

前作の最終話の感動がまた味わえるといいんですけど。

TideoTV002TideoTV016TideoTV017       

 

 

 

↑オープニング

  

TideoTV012TideoTV014TideoTV015TideoTV004

 ←全12話の集大成

 

 

TideoTV006

 ←前作の最終話ラストシーン

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月17日 (土)

愛・地球博

愛・地球博・・・駆け込みで行って来ました。

混雑を覚悟して行ったのですが(?)、私の行った日は意外と入場者が少なかったようです。

「愛」なんてタイトルを見ると、私の世代のアニメファンで思い浮かべるのは「ヤマト」・・・ですか。30年前ならコラボレーションしそうな感じですが。

2005aichi とにかく2泊3日愛知の旅でも、全部は見切れませんでした。(もっか、大量の写真とビデオを整理中!)

そんな中で買った土産に、なぜかBトレインが?

名古屋駅の下の商店街で、「愛・地球博」特別販売(限定販売ではない)と銘打って、昨年末に発売されたJR-WEST Special1が売っていました。

何だか便乗販売って感じですが、持っていなかったので即行で買いました。

後は・・・キッコロとモリゾーのキーホルダー位かな。他に買うものがあったと思うんですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火)

ウルトラマンマックス 第11話「バラージの予言」

Tideotv002_2ウルトラマンマックス 第11話「バラージの予言」の感想です。

 
 

 Tideotv000_1

 

 

 

 

TideoTV089 ウルトラマンマックスを勧められて見てみました。

面白いんです。

 

昔の初代ウルトラマン・セブン・新マンの、良いとこ取りなのは分かるんだけど、それ抜きでも面白いです。
(マックスの技と武器も過去の3作を思わせます)
 

(しかし最近はこういう手法が多いのでは・・・、ガンダムだってDestinyではファーストガンダムとZの良いとこ取りだし)
 

今まで10話見逃して、今回初めて見たのが第11話「バラージの予言」で、登場する怪獣が「アントラー」。  TideoTV013

うーん懐かしい。

調べると見逃した回に、「エレキング」「レッドキング」「ピグモン」なんかが出てます。それに10月には「ゼットン」が登場だそうです。

この時点でゼットンが出るんじゃ、最終回は一体どんな相手なのか?

 

地球防衛組織UDFのメカで気になるのは、やっぱり車。

TideoTV003 ベース車のアルファロメオそのまんまって感じの名前ですが、「ダッシュアルファ」と言うそうです。

(最高時速750kmって、やりすぎ?)

しかもフロントの特徴あるグリルを生かした、カラーリングが中々カッコイイ感じです。

TideoTV088TideoTV086ここから「M78星雲」へGO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

ドラゴンボールZ 激闘編

db_gekitouhen ドラゴンボールZのチョコ入りウェハース菓子に付いている、スーパークリアカード集めも今日から(今更ですが)激闘編に入りました。

カードが以前と変わって横型も有りになりました。

順番につなげていくと、戦闘シーンが完成するようになっています。

ちなみに以前のカードがNo.244で終わりましたが、そのままNo.245から始まっているようです。

DB274

今発売されているのが、激闘編のVol.1のようなので、Vol.3まで続けばNo.900近くまで行くはず。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月11日 (日)

ガンダムSEED Destiny 第47話「ミーア」

Tideotv016 機動戦士ガンダムSEED Destiny 第47話「ミーア」の感想です。

 

 

 

Aパートはミーアの日記(ブログ?)を、ミーア本人の語り風で振り返る話。
Tideotv018 Tideotv017

 

 

 

 
Bパートは例によっデュランダル議長による、得意の演説。「ディスティニープラン」のぶち上げでした。

今週は1本使って話がこれだけ?

これってもちろん製作者の深い意図があっての事なんでしょうけど・・・。

それに素直な心で見れば、とってもいい話だと思うんですが、何だかまたもや「バンクシーンのオンパレードで1本作ってみました」って感じに見えてしまうのは、邪推でしょうか?
(バンクだけでもなかったですが・・・)
Seed_destiny21 Seed_destiny23 Seed_destiny24

 

 

 

まさか手抜きじゃないですよね。

普通は最終回近くだと絵にも力が入って、新作カットばしばし出てきそうですが、まさか話数調整とか・・・。
(これじゃいつミーティアが活躍するの?)

まあ予告編だと、来週は期待できそうなので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 9日 (金)

緊急指令10-4・10-10

DSCF2719私がBCLに走るちょっと前に、CB無線に興味を持ちSONYの「リトル・ジョン」シリーズのCB無線機が欲しかったことを覚えています。

 

 

 

DSCF2716

なぜCB無線かと言うと、当時テレビで「緊急指令10-4・10-10(きんきゅうしれい テンフォー・テンテン)」という番組が放映されており、その中でCB無線が大活躍をしていたからです。

放映は当時のNET(現テレビ朝日)で、1972年から1973年にかけて毎週夜7時30分から放送されていました。

円谷プロ製作でしたが番組中で良くCB無線用語が出てきてそれがかっこ良かったんだと思います。

ちなみにタイトルにもなっている「10-4」「10-10」はCB無線用語では、「10-4」(テンフォー)は「了解」、「10-10」(テンテン)は「通信終わり」を意味する略語です。

結局リトルジョンを手に入れることは出来ず、おもちゃのトランシーバー(006P、9Vの角型電池を使うやつ)を買ってもらって遊んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 8日 (木)

第104弾 新型カローラ・スプリンターのすべて

DSCF2776 今回は私の気に入りの車、・・・カローラ4ドアGTです。

なぜかと言うと、極普通のセダンで変にとんがっているところが無く、また価格も無理がない点が良いんです。

また、カローラGTという観点で見ると、車の作りを含めて、この第104号に紹介されている頃の「カローラ・スプリンター」が一番の出来ではないかと思います。

(この後のGTは何だか外観がいまいちで)

残念なのは、最近のトヨタ車ではFFの4ドアセダンで、スポーツエンジンを積んだ車がなくなってしまったこと。

かつてはカローラ・カリーナ・コロナと、ことごとくGTグレードがあったのですが・・・。

(私の記憶だとこの時のカローラに、TRDから2.0L 3S-GE エンジンを積み、フロントバンパーをカローラFXの物に変えた渋ーい「2.0GT」があったと思いますが・・・)

1991yumi この号の使い勝手徹底チェックのアシスタントは吉田由美さん。(写真は1991年当時)

私が彼女をこの雑誌で始めて見たのが、この「カローラ・スプリンターのすべて」です。

実際にはもう少し前の、マツダ「レビュー」から出ていたようですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 6日 (火)

鉄子の旅

「鉄子の旅」第1巻を買ってみました。

いままで本屋で見かけてどんな内容か気になっていたのですが、中身が見えないので購入しないでいました。

ところが「ガンダム オリジン」第10巻と一緒に、思わず買ってしまいました。

tetuko01 内容は鉄道ライター(オタク?)の横見氏と漫画家の菊池女史が、全国津々浦々の鉄道を旅する内容、と言ってしまえば簡単ですが、ある路線の全駅下車の旅や、最低運賃での大廻の旅などあり、鉄道好きには飽きさせない内容になっています。

しかし鉄道に興味が無い人には、1巻を読んだら「あっそう・・・」という感じで見向きもされないかも。

第1巻の第8旅では眞鍋かをりさんがゲストで登場。なぜ旅を一緒にするかと言うと・・・。(下のコマを参照)

tetuko0102tetuko0101tetuko0111 

 

 

 

 

私的には、第2巻も買ってしまいそうな勢いですが。

(鉄道ライターの横見氏が非常に気に入りました。氏の著書も買ってしまいそうで怖い)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

東映アニメーションファンクラブ・ニュースその3

東映アニメーションファンクラブ会員向けに、「銀鉄NEWS」が発行されたのが1978年でした。

そして5年後の1983年1月発行の「東映アニメーションファンクラブ・ニュース」第14号で、その流れも中止となりました。

最後の特集が、凋落の一途を辿った末の「宇宙戦艦ヤマト完結編」というのが、なんとも言えません。

第10号 1000年女王No.2  (全12ページ)taf10taf10

・公開記者会見

・零士先生も初出演。アフレコは熱気の中に終了!

・「浮浪雲」「ゴーショーグン」映画化

・アニメベストテン大募集

 

第11号 わが青春のアルカディア特集号 (全12ページ)  taf11taf11

・生みの親が語る「わがハーロック」

・キャラクター紹介

・祝青春大学「アルカディア・スクール」入学式

 

 

第12号 わが青春のアルカディア特集号Ⅱ (全12ページ)taf12taf12

・ハーロックQ&A

・裕次郎がハーロックⅠ世の声優を!

・アルカディアイベント(東亜国内航空の旅客機DC9によるミステリーツアーなど)

 

第13号 FUTURE WAR 198X年  (全12ページ)taf13taf13

・世紀末全面核戦争は明日かも知れない!(この頃邦画では草刈正雄主演の「復活の日」が結構ヒットしたり、世紀末を控えてこの手の作品・作風のものが多かった)

・プロデューサーのメッセージ

・前売券特典。生頼範義氏のメカニックイラストシート4枚組

 

第14号 宇宙戦艦ヤマト完結編  (全12ページ)taf14 taf14

・西崎プロデューサー「完結編」を語る

・勝間田監督の製作秘話

・2大トピックス

 ①エッ、古代と雪のラブシーン!? ②ヤマトが爆発する!

・ヤマトファイナルクルーズ乗組員募集!(豪華客船チャーターによるイベント)

最終号である第14号の巻末、事務局だよりには「ファンクラブは解散したわけではありません」と書いてありましたが、今もあるのでしょうか?

(東映アニメーションのHPに、「CLUB Pero」というのが有りますが、これが後継の組織? 東映の直営アニメショップの名前もペロでしたが)

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

ラーメン名作座

  昨日今日とたまたま池袋へ行く用があったので、前から行って見ようかと思っていた「ラーメン名作座」へ行って来ました。

一体池袋のどこかと言うと、サンシャイン60通りから横へ逸れた、飲み屋横丁「ひかり町」にあります。と言っても汚い(?)飲み屋横丁だったのは昔の話で、今はすっかりきれいになってこざっぱりとしたラーメン屋が6軒並んでいます。

但しいつも人込みのサンシャイン60通り側からラーメン名作座を目指すと、歩くのも大変だし、曲がってすぐのところだけ昔ながらの佇まいなので、家族連れの方は奥に見える名作座に入りづらいかも。

meisakuza1 お勧めのルートは池袋東口を出たら、三越の横を通ってサンシャイン通り(サンシャイン60通りではありません)から行くと、右側に名作座の入り口とお店がすぐに見えて安心。

また、各お店の上には名作座の名の通り、昔の映画館のような看板が掲げられていて、いい感じを出しています。こう言うの好きです。

meisakuza2meisakuza3

お台場にある「ラーメン国○館」も、もう少し雰囲気作りを努力して欲しいものです。

はっきりいってあれじゃあ、名前負けしてます。

  

まず土曜日に私が行った店は、サンシャイン通り側から1軒目の「がんこラーメン」

名作座自体が新しいので、お店の内外ともきれいで清潔です。

注文の方は外の看板を見てとっても気になった、伊勢海老味噌ラーメン。

一緒の友達は普通の味噌ラーメンだったので、スープを飲み比べて見ると、ただの味噌ラーメンの方がしつこくなくてお勧めだとおもいます。

2軒目は同じ並びの「福助」です。

ここでは、店員さんお勧めだという、紅花冷し麺を注文しました。

これは私的には、さっぱりしていて大ヒット。味噌の後だったのでお腹に入るか心配しましたが、まったく問題なく完食しました。

そして本日は、昨日行ったがんこラーメンと福助の間にある「ひなの」に行ってみました。

今日はお店のレギュラーメニューにしようと思い、ひなのラーメンを注文。

これがまたさっぱりしていて、トッピングしたたまごとの相性も良く満足できました。ただ私の行った3軒とも、お店で貰ったチラシではCOOL派に分類されているぐらいなので、こってり系が好きな方はHOT派に分類されている「九州筑豊らーめん ばさらか」「麺将 正吉」「筑豊一代」といった、とんこつラーメンが良いのでは。meisakuza_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

東映アニメーションファンクラブ・ニュースその2

映画「999」「地球へ・・・」の連続ヒットですっかりアニメブームの波に乗ったのか、1980年11月には目出度く第5号の発行、更に第6号からはきちんと「ホチキス」による製本までされ発行されるようになりました。(なんとそれまではバラ折りだったのです・・・)

第5号 サイボーグ009・超銀河伝説特集号Ⅱ (全12ページ)taf05taf05   

・スタッフと雑誌編集者(OUT他)の対談

・大成功の献血キャラバン

・タモリの'80アニメーション・ザ・ベストテン撮影現場レポート

・来年999の新作

 

第6号 さよなら銀河鉄道999特集号 (全12ページ)   taf06taf06

・松本零士独占手記

・999㊙情報だ!

・999全国キャンペーン

「松本零士先生と語ろう」

・本物のSLを取材!

 

sayonara999 前売券購入特典の「999オリジナルパスケース」

なんと銀河鉄道運転免許証付

 

 

 

 

第7号 さよなら銀河鉄道999特集号No.2 (全12ページ)taf07taf07

・製作発表記者会見

・999ができるまで

・999と神戸ポートピア'81

・あっ!セル画泥棒だ

(81年6月3日に東映動画スタジオにセル画泥棒が侵入したとのこと。この頃はマジであちこちのアニメ製作会社にセル画泥が頻発してました。新聞記事にもなってましたっけ)

・当時さよなら999では、劇場版Zガンダムみたいに前売券に、デザインの違う2種が売ってました。

 

第8号 宇宙戦士バルディオス (全12ページ)  taf08taf08

・劇場版バルディオス製作

(この映画って東映のガンダム対抗馬だったような気がしますが・・・)

・キミの詩が映画に使われる!バルディオス「愛のメッセージ」大募集

・999中国大陸を走る!

 

第9号 1000年女王  (全12ページ)taf09taf09

・ついに完成!スペースラブロマン宇宙戦士バルディオス

(一体どんな映画なんだ?)

・バルディオス、アフレコ台本を入手

・劇場版1000年女王製作開始

 

 

1000nenkansyouken 1000nenkansyouken2

これは1000年女王の「永久保存版特別鑑賞券」です。

プラスチック製でシリアルナンバー入り(抽選番号にもなっている)

裏側は1000年カレンダーと思いきや、1999年のカレンダー付。

他にも1000年女王は、1000枚限定の生フィルム5コマ入りの、特別前売券も発売していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイセンサークラブ

BCLブームの真っ只中にソニーが作ったのが、主にオーナーを対象としたスカイセンサークラブでした。

ss_club_card  

 

 

会員になるとこのような会員証が送られてきて、時々(季刊?)会報が送られてきました。

また、新製品の発売前には思わせぶりなセリフいっぱいの、ダイレクトメールも届きどんなラジオが発売されるのか楽しみにしたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 2日 (金)

東映アニメーションファンクラブ・ニュース

1979年11月に「銀鉄NEWS」の後を受けて、東映アニメーション・ファンクラブ全国事務局より「アニメーション・ニュース(999から地球へ・・・)」が発行されました。

1号限りの発行でしたが、1980年2月に発行された次の号からは、新たに「東映アニメーションファンクラブ・ニュース」として、ページ数も8ページから12ページに増えて再出発しています。

アニメーション・ニュースtaf00taf00       (全8ページ)

・999より地球へ・・・

・地球へ・・・

・999リクエストロードショー決定

・アニメーションジョイントフェス ガンダム+X

(なんと東映でTV版ガンダムとコンバトラーV・ボルテスV・ダイモス・サイボーグ009が夢のジョイント上映!。まるでスーパーロボット大戦?)

 

創刊号 地球へ・・・特集号   (全12ページ)taf01taf01

・地球へ・・・製作発表

・ダ・カーポによる主題歌

・これが設定資料だ!

・スタッフキャスト紹介

・第2回東映アニメコンクール

 

第2号 地球へ・・・特集号Ⅱ  (全12ページ)taf02taf02

・恩地日出夫監督語る

・名場面紹介

・メカキャラの一部紹介

スタッフ覆面座談会

・「テラ」の花コンテスト

 

第3号 ヤマトよ永遠に特集号 (全12ページ)taf03taf03 

・公開めざしてヤマト発進

・製作㊙情報

・ヤマトのイベント

・サイボーグ009が映画に

・アニメの元祖!「白雪姫」の魅力 

 

第4号 サイボーグ009・超銀河伝説特集号 (全12ページ)taf04taf04 

・石森章太郎メッセージ

・009㊙情報!

・スタッフのワン・コメント

・公開記念献血キャンペーン

・'80アニメーション・ザ・ベストテン投票のお知らせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

銀鉄NEWS

1979年8月4日、東映動画20周年記念作品の「銀河鉄道999」が劇場公開されました。

東映は公開の約1年前から東映アニメーションファンクラブの会員向けに、「銀鉄NEWS」を発行しました。

発行サイクルは約3ヶ月置きというものでした。

ファンクラブ会員向けの特典などがあり、当時アニメ誌以外の情報源として非常に役立っていました。(自分的には・・・)

『会報の紹介』

第1号 表紙は映画ポスターのメーテル。

     それ以外は紛失の為、不明。

第2号 紛失の為、不明

第3号   gin03gin03      (全8ページ)

・原作者からのメッセージ

・テレビとは、ここが違う!

・前売り券発売開始!!

・製作こぼれ話

 

第4号        (全8ページ)  gin04gin04

・映画999の名場面

・キャンペーンうらばなし

・声優紹介

・夢の999号、国鉄を走る

 

映画「銀河鉄道999」の為に発刊された銀鉄NEWSは、1979年7月発行の第4号が最終号となりましたが、この後「アニメーション・ニュース」を経て「東映アニメーションファンクラブ・ニュース」として更に続く事となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »