« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

MACのガンダムゲーム

久々にマッキントッシュに触ってしまいました。(何年ぶりだろ)

95年に買ったパフォーマという機種ですが、無事起動しました。

Pim0001 起動させた訳は、この「GUNDAM TACTICS」というマッキントッシュとPipinで使えるゲームが、久々にやりたくなったから。

 

 

 

しかし昔も思ったことだけど、このゲームは操作性が非常に悪い。
特に今の時代のゲームに慣れてる人は、ちょっと我慢できないかも・・・。
でもこのゲームはシミュレーションゲームとして非常に良く出来ているんです。

ミノフスキー粒子の設定がうまく生かされており、索敵や艦隊戦・パイロットの育成なども○。
またシナリオ分岐など、今時のゲームに引けをとらない面も。

Pim0002Pim0003
 
 

 

このゲームに出てくる「ガンダム-Gdash」や「ビグロマイヤー」といった、オリジナルMSやMAが、プラモ化(MG・HG)されないのは何故だ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

機動戦士ZガンダムⅡ-恋人たち-

いよいよ明日から、劇場版「機動戦士ZガンダムⅡ-恋人たち-」の公開です。

私は、さいたま新都心の「MOVIXさいたま」へ見に行きます。

z2-panf00 ←前売券を買った時に、
 劇場で配ってたチラシ
 

 

29日の当日は、舞台挨拶があるので楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

「リーンの翼」公式サイト 正式オープン!!

10月26日を楽しみにしていました。

そう、「リーンの翼」公式サイトが正式にオープンしたんです。
さらには、「公式ブログ」に「裏トミノブログ」まで・・・。
取り敢えず、おめでとうございます。
 

早速覗いてみると、「リュクス・サコミズ」がリーンの翼の持ち主・・・まあ親父が迫水真二郎だから当然なのか。
さらには、「アマルガン・ルドル」が爺さんだけど出てるじゃないですか。

 
早く本編が見てみたい。

「リーンの翼 公式サイト」へGO

「リーンの翼 公式ブログ」へGO

「裏トミノブログ」へGO

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

ケロロ軍曹 第81話

ケロロ軍曹 第81話「ギロロ 真っ赤なド根性の日々であります」

ギロロが右手にくっついたんじゃ、風呂にトイレに着替えに・・・、包帯巻く位じゃまだまだダメか?
kero081-00  

 

 
 
kero081-03 kero081-01

 

 
 
 
しかし、「芋碁 理恵」って・・・誰が考えてもこんなの想像しますよね。
   
kero081-02 

「ゴ」じゃなくて「5」ですか 

 
 

しかし、「ど根性ガエル」を基にするなら、ヨシコ先生や梅さんもお願いしたかった。
kero081-10  

 

 
 
 
kero081-04  

 

 
 
今回はオチが見え見えで、何か今一だったかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ガンパレード・オーケストラ #04 特別な一日

いやー、千葉ロッテ・マリーンズ、強いですねぇ。
お陰で(?)放送時間がずれ込むかと思いました。
(寝る時間無くなっちゃうよ、ホントに)

と言うことで、ガンパレード・オーケストラ 第4話「特別な一日」です。
 

咲良と乃恵留と優斗、3人のクリスマスを見てみますか・・・。

  gpo04-s1-3gpo04-n1-3gpo04-y1-3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
落ち込む咲良    男日照の乃恵留  妄想する優斗

 

gpo04-s4-6gpo04-n4-6gpo04-y4-6 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

航のお陰で少し…  次々に裏切られ  更に妄想する優斗
 

gpo04-s7-9 gpo04-n7-9gpo04-y7-9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
いいな羨ましい  こいつらは結局…  可哀想すぎる優斗
 
 

gpo04-99 よーく、見てください
 「乃恵留・亜梨沙・仲俊」だけ、いません

 

結果的に、咲良ちゃんが元気になった、「特別な一日」ってことで、良し!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンパレード・オーケストラ公式ブログ

知りませんでした。

ガンパレード・オーケストラの公式ブログが立ち上がっていたなんて。

ちょっと遅れましたが、TVとゲームの展開に期待しつつ・・・「おめでとうございます」

公式ブログへはこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

第39回東京モーターショーの感想

今日は予定通り、東京モーターショーに行ってきました。
事前報道などでは、日本シリーズの開催と相まって、この土日は相当の混雑が予想されていましたので、私もそれを避ける為に、早く行こうと思っていました。
ところが、寝坊して「海浜幕張駅」到着が開場時間と同じ9時30分になってしまいました。(昨晩、「チャングム」「鉄道乗りつくしの旅」を見て、夜更かししたのが原因か?)
しかし長蛇の列を覚悟して行って見ると、皆今週は敬遠したようで、以外と空いていました。

最初は駅から東ゲートへ向かい、東ホールのホンダブースへ直行しようと思ったのですが、誘導されるままに北1ゲートから入場しました。(結果的には端から廻る事になり良かった)

入場後の見学順序は 、「北ホール⇒東ホール⇒中央ホール⇒西ホール⇒中央ホール⇒イベントホール⇒フェスティバルパーク⇒北ホール」と廻りました。

CIMG7389 
北ホールの中央付近
結構空いていて歩きやすかった
これも開催期間延長の効果?

 

当然最初はホンダブースから見ないとね。
CIMG7251
「SPORTS4CONCEPT」に付いていた、お姉さんがイイんです。
気に入りました。
 

 

CIMG7259こうして見るとすごい人だかりですが、意外と見やすかった。
但し、レクサス・トヨタ・日産のブースは身動き取れないくらいでした。

 
  

CIMG7257「シビックハイブリット・SPORTS CONCEPT」
この車すごく良いのに、ステージ裏の見えないところに展示してあるんです・・・、もったいない。

 
 

CIMG7304 

ローバーのコンパニオン。
ちょっと暇そうでした・・・。
 

DSCF0025  

三菱「i」のお姉さんもグッドです。
みんなConcept-Xのところへ集中して、こっちは見放題。

 

CIMG7306  

カタログをどうも。
マツダのブースです。

 
 

 

 

CIMG7325CIMG7330 

 

 
 

サービス満点だった、ダンロップのFALKENガールの二人。
群がる男性カメラマン・・・。(自分も)
 

CIMG7358CIMG7359    

 

 
フォルクスワーゲンは毎回自国のコンパニオンなんですね。
海外メーカーはフォルクスワーゲンを見習うべし。
日本人モデル・コンパニオンだけじゃ、つまらない。 

CIMG7360

結構空いてて、カメラを向けるとニッコリ笑顔で答えてくれます。

 

 

 

 

 

CIMG7344ポルシェも日本人モデル・・・。
でも、きれいなのでオッケーです。

 
 

CIMG7362変わっていたのは、アウディ
男性モデルを使って、硬派なイメージでした。
でも、注目度が低すぎ・・・。

 
 

CIMG7333 DSCF0052
 

 

 

グッドイヤーは、田中美佐子似のお姉さん。
その隣は、隙間から撮影なのに、Vサインどうも。

 

CIMG7383

千葉県警高速機動隊のRX-7ですが、ナンバープレートを見ると前回のモーターショーと同じ車両です。
違う車両にすれば良いのに、何か訳があるのか?

 

CIMG7404 
バイクメーカーのブースも、結構空いていたので、じっくり廻れました。
これはスズキのお姉さん。
 

 
CIMG7405  

一番最後に戻ってきたのが、ヤマハのブース。
朝、入場した時にはあまりお姉さんがいなかったんです。

笑顔をありがとう。
  

 

CIMG7406  

帰りに見た、北1ゲート。
午後4時頃ですが、ガラガラです。

 

次回はちょっと見方を変えて、11月3日に行こうと思ってます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2005年10月22日 (土)

地獄少女 第三話「汚れたマウンド」

地獄少女 第三話「汚れたマウンド」

ぬわーんと、今日はビデオ録画して見るはずだったのですが、とんでもないことが・・・。

時間を30分間違えて、セットしてました。
信じられん・・・。

と、言うわけで今週は、あいちゃんに会えずじまい。また来週ー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地獄少女

jigoku02「はらせぬ恨み、はらします」室井滋のナレーションも渋い、「地獄少女」が10月から放映開始になりました。

 

気になっていたのですが、第1話を見逃し、第2話より見始めました。
そして本日は、第3話の放映です。

 

jigoku03jigoku01 

 

 
 

内容を一言で言うならば、「地獄の仕事人」
必殺仕事人に妖怪人間ベムを加えて、更にホラー風味を増した作りとでも言いましょうか。

絵は個人的には好きな部類ですが、ストーリーを含めてちょっと古い感じもします。
(何となく、70~80年代のアニメの匂いがします)

jigoku04

TideoTV007 

 

 

 
「いっぺん、死んでみる?」 

主人公「閻魔あい」が相手を地獄流しにする時の決めゼリフが、良いのです。
(やっぱり仕事人は、決めが大事)

今のところかったるい展開なので、今後のストーリーしだいで、視聴継続か、否かを決めたいですね。

⇒詳しく地獄少女を知りたい方は、こちらから地獄へどうぞ。

 ■地獄通信 ~真夜中のホームページ~

巷に或る噂が流れていた。
深夜0時にだけアクセスできるホームページ「地獄通信」に晴らせぬ怨みを書き込めば、どこからともなく「地獄少女」が現れて、憎い相手を地獄に堕としてくれる――。

この新たな都市伝説とも言うべき噂は、小中学生を中心とした子供たちの間に広まっていた。
晴らせぬ怨み……世に不条理はつきもの。納得できない理由や状況に抗えぬままに悲惨な運命を辿る者は多い。社会的な力を持たない子供ならば、それはなおさらであろう。
教師によるイジメ、親の借金による家庭崩壊、見知らぬ相手からの歪んだ愛情(ストーカー)、やってもいないのに盗みをしたと決めつけられたり(冤罪)……不条理きわまりない状況の中で抗う術さえも知らずに苦しんでいる。
さらに所詮は子供の言うことだからと、幼い抗議すらも聞き入れてもらえない場合は多い。
地獄少女=「閻魔あい」は彼らの悲痛な叫びを聞きとげ、怨念の元凶となった大人たちを地獄に堕としていくのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2005

今日は東京モーターショーの一般公開初日です。
前売券も買ってあるし、早速行くか・・・と思いきや、土曜なのに仕事がっ。

仕方ないから明日行くかな。
天気が崩れなきゃいいけど。雨が降ると屋外の展示がパーだし。

そー言えば、今日は「地獄少女」の第3話見なくちゃならない。
さっさと仕事終わらせて家に帰ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月21日 (金)

ガンパレード・オーケストラ #03 遠すぎた橋

gpo03-00 今回は、ガンパレード・オーケストラ第3話
「遠すぎた橋」です。

いよいよ緊張が高まってきました。
対幻獣戦の事ではありません。

 

スケバン咲良と乃恵留の間です。

尚也 「乃恵留!、テメーェ生意気だぞ」
乃恵留「ウッセー。小僧はダーッてろ」
  gpo03-01gpo03-02

  

  

 
 
目に見えない火花がバチバチ飛んでます。

亜美 「姉御に逆らおーってんなら、あたぃが承知しねーぜ」
乃恵留「望むところサ。ここでカタをつけてもいーんだぜ」
   gpo03-03gpo03-04

 

 

 
 
来週に続く・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年10月19日 (水)

ランラジオ オールDJ名鑑

ラジオの一番良いところは・・・、ずばり「ながら」が出来るとこ。
(ネットしながら、車・電車に乗りながら、寝ながら、ほか多数)
こんな良いもの、何で皆聞かなくなったの?

と言う事で気を取り直して、1980年発行の「ランラジオ」No.2臨時増刊号 オールDJ名鑑から、懐かしのDJを紹介します。
 

ジャンボ秀克
  現在も、北海道放送の局アナとして活躍中
 

Mr.デーブマン
  埼玉から「ベストテンほっかいどう」を聞いてました
  電リクで「埼玉の人!」って、名前を読まれました
  現在は、テレビ東京でテレビショッピングに出演中 Mr 

←エリザベス宝石店
 の番組に出演してます 

 

 
 

小島一慶
  TBS退社後、フリーで活躍中
 

くり万太郎
  「大入りダイヤルまだ宵の口」が懐かしい
  今でもニッポン放送の職員です。
 

吉田照美
  照美さんと言えば「てるてるワイド」です
  今では「伊東四郎・吉田照美の親父パッション」が○
  二人の掛け合いが面白い・・・自分が親父になったから?
 

梶原茂
  「セイ!ヤング」ですね
  現在は文化放送を退社されて、フリーです
 
オスギ&ピーコ
  「パックインミュージック」を聞いて眠気を覚ましていました
  この二人が喧しくて、丁度良かった?
 

野沢那智&白石冬美
  TBS「パックインミュージック」
  文化放送「那智チャコハッピーフレンズ」
  ガンダム世代としては、白石さんはミライさんのイメージが
  強いんですが、ラジオでの那智さんとのトークが最高でした
 

タモリ
所ジョージ
中島みゆき

  「オールナイトニッポン」ですね
  この番組は良いDJ揃えてました
  タモリはアマチュア無線やBCLの番組でも聞いてました
 

小川哲也
  文化放送「決定!全日本歌謡選抜」を日曜日は必ず
  聞いてました。
  (番組中にピピピピピッという変なSEが入ってましたね)
  中学生の時は毎週モノラルラジカセでエアチェックしてました
  小川氏の段々馴れ馴れしくなる、しゃべりも独特でした。
  「近藤君、真彦君、うーん・・マッチって呼んでイイかな」
  

大橋照子
  「ヤロウどもメロウどもOh!」や「QSLジョッキー」です
  日本短波放送を退社後、フリーになり今でもラジオの仕事
  をされてます。(最近の写真を見たら、昔とお変わりなく)
 

斉藤洋美
  やはり「ヤロウどもメロウどもOh!」ですね。
  照子さんの妹分というイメージがあったんですけど  
 

小森まなみ&水島裕
  日本短波放送の「ヤロメロJr」でしょうか
  小森さんは後に、SPTレイズナーで声の出演に名前を見てびっくり
  水島さんは声優として有名ですが、NHK連想ゲームの解答者
  として印象深いです
 

浜村淳
  NHK第一「おしゃべり歌謡曲」が良かったですね
  更に共演の平野文さんの声も良くて。(ラムちゃん声で)
  『はまむらじゅんで、ございます』って聞くとなごみました
  

坂東英二
上岡龍太郎

  中波DXreとしては、中部日本放送の「ばつぐんジョッキー」
  をわざわざ聞いていました。
  中日と阪神のローカルおしゃべりバトルが楽しかった
 

山田耕嗣
  MBS「山田耕嗣のBCLライフ」を聞いてました
  気になるのはこのリンク先のDJ名鑑で、趣味の欄に墨消し
  されている箇所があること。一体どんな趣味?
 

続きはまた今度紹介します。

パート2はこちら。

 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年10月18日 (火)

DJ人気ランキング

ランラジオ」で昔やっていた、DJのランキングを紹介します。

まず1977年のNo.4号です。

  1. 笑福亭鶴光
  2. 大橋照子
  3. 小島一慶
  4. 高島ヒゲ武
  5. タモリ
  6. つぼイノリオ
  7. 浜村 淳
  8. 谷村新司
  9. せんだみつお
  10. 柏村武昭

1位の鶴光は「オールナイトニッポン」で当然。
2位の大橋照子さんはBCLブームを受けてこれも順当なところ。
3位の一慶さんも「夜は友達」でこれまた当然。

rr1980rr1980 

 

 

 

 

 

 

これが3年後の1980年発売のNo.2号(増刊号 DJ名鑑)ではどうなるか、

  1. 大橋照子
  2. 斉藤洋美
  3. つぼイノリオ
  4. 笑福亭鶴光
  5. 谷村新司
  6. 中島みゆき
  7. 所ジョージ
  8. 松山千春
  9. 中山恵美子
  10. タモリ

更にベスト50の中で気になる人をピックアップすると、

 15.イルカ、 17.小島一慶、 19.ミスターデーブマン、 36.平野文、 40.沢田聖子、 44.吉田照美

といったところでしょう。

1位、2位がラジオ短波系で占められたのは、やはりBCLブームの煽りと「ヤロメロ」人気でしょうか。
36位に当時25歳、ラムちゃんの声でお馴染みの平野文さんが、声優デビュー前で入っています。
40位の沢田聖子さんも、個人的には歌が好きだったので注目してました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

車で行きやすいホビーショップ

今までプラモ・Nゲージ・その他模型やホビーについての大型ショップと言うと、近場では浦和の「ユザワヤ」、ちょっと遠くでは秋葉原と言ったところだったのですが、どちらも車で行きにくい・駐車しにくいという問題がありました。

ところが最近気が付いたのが、国道16号線沿い(上尾と岩槻ICの間)にある「タムタム」というホビーショップです。(詳しくははタムタムのホームページを見てください)

tamtam_map  
←お店の地図

 

 

7月29日にオープンしてから最近まで存在に気づきませんでした。

近所の人なら分かると思いますが、入居している建物は、当初「イズミヤ」というスーパーが全フロアを使っていました。
その後イズミヤが撤退し、次は「ラオックス」を始めとした専門店が入居、しかしそのラオックスも撤退し、その跡に同じ3階のフロアに「タムタム」出店となりました。

この店に良いところは、まず車でアクセスし易いところ。お店の横に自走式立体駐車場があるので、雨の日でも荷物が多くても、そのまま店に入れます。
また、お店自身の品揃え・価格も納得できるものがあります。

埼玉県東部で近くにホビーショップ・模型ショップが無いと言う方は、ぜひ一度行って見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

ガンパレード・オーケストラ #02 アウトブレイク

gpo02-00ガンパレード・オーケストラ第2話「アウトブレイク」ですが、今回は咲良と乃恵留・亜梨沙達の間の軋轢が更に高まっていく展開でした。

 

 

はっきり言ってこういう話は、見ている自分が苛ついてダメですね。 

gpo02-01gpo02-02gpo02-03
 

 

 

うまく救出が成功したと思ったのに、彩華が負傷・・・。

gpo02-04  

「アンタのせいよ!」
乃恵留の怒り爆発。
 

  gpo02-05gpo02-06
 

 

 
 

新たに出現した幻獣の撃退命令、彩華の負傷、気持ちがバラバラの小隊の面々・・・。
若干15歳にして、咲良も大変。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ケロロ軍曹 第80話

ケロロ軍曹 第80話「ケロロ いやー家出ってホント寂しいもんですね」

 
今回はケロロ軍曹の家出話ですが、ここで出てくるガンダムネタと言えば、やっぱりこれでしょう。
 

機動戦士ガンダム第17話「アムロ脱走」
  kero080-000kero080-00
 

  

 
 

そのまんまのタイトルですけど・・・。
 
  kero080-011kero080-01
 

 

 
 
「止めるなー!」って言うセリフも同じですが、軍曹の方が迫力あり。
 
  kero080-021kero080-02
 

 

 
 

そして走り去る、ケロロとアムロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不定期 Zの感想 第36話「永遠のフォウ」

ついにこの日がやってきました。
といっても映画の「ZガンダムⅡ恋人たち」ではありません。公開日は10月29日ですか・・・。
埼玉新都心のMOVIXで、飛田さん・池田さん・古谷さんの初日舞台挨拶があるので、今から行くのが楽しみです。

 
さて・・・と、今年2回目(今回はテレビ埼玉で)の、機動戦士Zガンダム第36話「永遠のフォウ」です。
    zg36zg36zg36

 

 
 

今度、Zのシャワー&入浴シーンでも集めてみるか・・・って言ってる場合ではない!

 

zg36zg36 




ジェリドの野郎が現れてから、やーな胸騒ぎが。
 

zg36zg36 
 

危険なオーラが出ています。 

 

zg36zg36zg36   

 

 
 

折角フォウが正気に戻ったのに、ジェリドがカミーユに攻撃を・・・。

zg36zg36 

 

 
 

カミーユを庇って、ジェリドのビームサーベルがサイコガンダムに。

   zg36zg36zg36
 

 

 
 

「フォーオ!」カミーユの悲痛な叫び。

zg36  

ララアの時の再現のようです。
 
 

   zg36zg36zg36
 

 

 

 

zg36

zg36zg36 

 

 
 
ガンダムSEEDディスティニーのステラとフォウはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

3枚連続

ドラゴンボールZ「スーパークリアカード」ですが、今日は3つ買ったら続き番号(304、305、306)のVSカードが出ました。

繋げるとご覧の通り。

renzoku304-306  

 

たまにはこういう事もあるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

銀のエンジェル

昨日今日とチョコボールを買ったら、2日連続で「銀のエンジェル」が出ました。

1976年頃に出た1枚を、ずーっと持っていたのですが、これで3枚になりました。

果たして30年前の「銀のエンジェル」も有効なのでしょうか?

森永製菓のキョロちゃんファンクラブHPを見ても、エンジェルの期限は特に謳っていないみたいなので、OKでしょう。

DSCF3243  

 

左が1976年、右が2005年のもの。

 

昔は色が濃く小さかったのと、くちばしの形がとんがっていた位で、今も殆ど変わっていません。

2005/12/10追加 おもちゃの缶詰改め「キョロ缶」当たりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

不定期 Zの感想 第35話「キリマンジャロの嵐」

久々にZガンダムです。

MX-TVでは9月末に最終回を迎えたZですが、テレビ埼玉では約3ヶ月遅れで放映してるので、まだ第35話。

ということで、来年始めまでZを見る楽しみが続きます。

 

zg35 今回はシャアのミス(おかげ?)で、カミーユ共々地球へ降下することに・・・。

 

 

しかもうまいことにキリマンジャロでフォウに再会。

 

zg35zg35

 

 

 

 

しかしティターンズの奴等フォウになんて事をするんだ。

(しかも今年、このシーンをテレビで見るのも2回目・・・、映画も見ちゃってすっかりZ漬けか)

 

zg35zg35 

 

 

 

アムロも再登場して、名のあるニュータイプが3人。

これでフォウを止められない、助けられないなんて。(来週は辛くて見てられません・・・)

 

映画でも同じ結末なんでしょうね。

出来れば生き延びさせて欲しい・・・。(スパロボでは条件次第で可能なのに)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

ケロロ軍曹 新オープニング

10月から「ケロロ軍曹」のOPが新しくなりました。

OP曲も、グループ魂の『君にジュースを買ってあげる♡』に変わりました。

kero1007  

 

 

 

 

個人的には、前とは違う意味で作品に合ったOPになったと思います。

来春の映画化も決まって、嬉しい限り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 7日 (金)

ガンパレード・オーケストラ #1 初陣

ガンパレード・オーケストラ 第1話「初陣」を見ました。

gpo01-01po0102 

 

 

 

第1話は様子見って感じで、過剰な期待はしていませんでしたが、幻獣も今までにないタイプだし今後の展開(攻防)が楽しみです。

gpo01-03gpo01-05gpo01-04    

 

 

 

言うことを聞かない連中ばっかで、中隊長も大変です・・・。

 

今冬にはPS2向けに、3部作の第1弾ソフト「ガンパレード・オーケストラ/白の章」が、発売される予定になってます。

出来れば先にゲームを出して欲しかった・・・。

第1弾のゲーム情報はココ

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月 6日 (木)

第108弾 アルシオーネ SVXのすべて

モーターファン別冊の第108弾は、「SVX」と言うことで、アルシオーネの2代目です。

初代アルシオーネは、あの宇宙船みたいな(どこが?)デザインの車ですが、2台目は非常に洗練されていると思います(かなり私情が入ってますが)

alcyone_front←初代アルシオーネ

 

 

 

では、2代目アルシオーネの「SVX」はどこがいいのかって、やはりそのデザインです。

108svx_9999 特徴の無いフロントにはがっかりですが、斜め後ろから見たデザインは特徴的なサイドウインドウと相まって、未来的でかっこいい。

(オプションのリアウイングは無いほうが○です)

でもこの車は国内で5年間売って、販売台数が6000台まで行かなかったんです。

レガシーはあんなに売れるのに、当時のスバルファンは見向きもしなかったのでしょうか?

今の時代にもう一度、スバルしか作れないフラッグシップカーを出してみたらどうなるんでしょう。

 

そして今回の、使い勝手徹底チェックアシスタントは、「吉田由美さんです。

108svx_yumi2108svx_yumi 

←1991年当時です

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

バイストン・ウェルへ行ってきます

「オーラロードが ひらかれた きらめく光 俺をうつー」・・・・

いやあ頭の中にMIOの歌う、アニメの主題歌「ダンバインとぶ」が響きますなあ。

 

リーンの翼アニメ化を控えて、懐かしい小説版を引っ張り出してきました。

久しぶりにじっくり富野ワールドに浸って見ます。

book_rin00  

←湖川友謙氏のイラストが懐かしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

ウルトラマンマックス 第14話「恋するキングジョー」

Tideotv022 ウルトラマンマックス 第14話「恋するキングジョー」の感想です。

 

 

 
Umax24  

 

 

 

今週も夏美の登場です。
(もちろん、いいことですが)
Umax25 

 

 

 
 

セブンの時と、キングジョーのイメージが全然違います。
なんか弱そうな・・・?
Umax26  

 

 
 

 
夏美の登場シーンが多いんです。
Umax27 Umax28 Umax30  

 

 

 

なんと!
夏美がキングジョーを操縦してます。
(このくの一スタイルですが、やっぱりハリケンジャーを意識してるんでしょうね。夏美の名前も、七海に似てるし・・・)
Umax31 Umax32  

 

 

 
Umax33 Umax34  

 

 

 

最後は、夏美自らゼットン星人を倒します。
Umax35

| | コメント (1) | トラックバック (0)

リーンの翼

聖戦士ダンバインの外伝として小説が連載されていた「リーンの翼」が、なんとアニメ化されるそうです。

rin_top

 

 

公式ホームページではこう言っています。

富野由悠季がバイストン・ウェルに帰ってきた!!
「聖戦士ダンバイン」から21年、「ガーゼィの翼」から9年、満を持して富野監督が自身のライフワークともいえる“バイストン・ウェル・シリーズ”に決着をつけるため、
いま再び絵コンテの筆を走らせている!
「リーンの翼」は83年に監督自ら発表した同タイトルの小説がすでに存在するが、この作品はその映像化ではない。
「劇場版Zガンダム」に次ぐ新作の制作にあたり、監督はアニメーション作品として全く新しい物語を書き下ろしたのだ!
現用兵器と虫型のマシーン“オーラバトラー”が入り乱れるバトルシーンも見どころ!!
 海と大地の狭間にある世界バイストン・ウェルと地上世界を舞台に、世界をつなぐ力(ちから)“リーンの翼”に招かれた少年エイサップ・鈴木と
ホウジョウ国王女リュクス・サコミズの恋と冒険の物語が、いま始まる!!
この王女の名前がリュクス・サコミズ・・・と言うことは、小説版リーンの翼の主人公「迫水真次郎」と当然関係大有りですね。
今回は現代の山口県岩国から物語が始まるそうです。ダンバインより後の時代ですが、小説版やTVアニメとの関わりがどうなっていくのか、気になります。
 
ここから、バイストン・ウェルへGO!
 
 
リーンの翼だけでも嬉しいのに、何とボトムズ復活の話もあるみたいです。
 
dm11p063 個人的希望では「青の騎士ベルゼルガ物語」を、ぜひぜひアニメ化して欲しいものです。
 
これは20年ほど前に、玩具メーカーのタカラが発行していた、ホビー雑誌「デュアル・マガジン」に連載されていた小説です。
 
リーンの翼も良いけど、こちらもアニメ化して、出来れば地上波で放送お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

帝国通信 2005年10月号

帝国通信 2005年10月号 「これが帝通か」

かつて、休刊する前のスターログ日本版に掲載されていた、元祖とも言うべき『帝国通信』を記者が独自ルートにより入手した。

これは1983年7月号に載っていた、「帝国通信」銀河版 第31号である。
SL057-089SL057-088 
 

 

 

 

 


今、改めて読み返してみると、感慨深いものがある。

【帝国=特派103】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の大江戸へ

新橋近辺で飲み過ぎて帰れなくなり、駅周辺のカプセルやビジネスが一杯の時は迷わずお台場の大江戸温泉に行きます。
費用面を見ても宿泊で約3500円、新橋からテレコムセンターまでの、ゆりかもめ乗車賃が片道370円なので、新橋近辺での宿泊と比較しても遜色有りません。

深夜0時30分、新橋発のゆりかもめに乗車しました。

この時間なので先頭車両の最前列に余裕で着席出来ました。

050928-daiba0

←車内の様子

(さすがに平日深夜なのでガラガラです)

 

 

050928-daiba01  

←レインボーブリッジを通過

(この時間に見ると幻想的)

 

050928-daiba1 

← お台場海浜公園駅の手前を走行中

 

 

 

 050928-daiba2

←誰も居ないテレコムセンター駅に到着

同じ駅で降りた人は8人、更に大江戸へ向かった人は、自分を入れて6人でした。

 

 050928-daiba3

← 大江戸温泉に到着(あたりには誰も居ない・・当たり前か)

  

館内も当然空いています。嬉しいのは深夜3時まで飲食が出来る事。

 

(ちなみに大江戸町人クラブ の会員になれば入館料が420円、宿泊費が157円割り引かれます)

 
詳しくは大江戸温泉物語のホームページで。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »