« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

ケロロ軍曹 第107話

Kero10700 ケロロ軍曹 第107話「夏美 恐怖の身体検査 であります」の感想です。

 

 

 

今回のサブタイトルを見て、期待していた人も多いのでは。
もちろんサービスカットの連発を・・・。
なんたって、「夏美」に、「身体検査」ですから。

あった、あった有りました。

ガンダムネタのサービス満載。
Kero10702 Kero10703 Kero10704  

 

 

 
Kero10705_1 Kero10706_1  

 

 

 

いや、もっと色気のあるほうです。って、これも違うー。
Kero10701  

 

 

 

サブタイトルに騙された感じもしますが・・・。
(期待しすぎ?)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

地獄少女 第二章

Jigoku02

Jigoku2640 最終回のラストに『ツヅキマス・・・』というメッセージが出てましたね。

 
 
「地獄少女」 第二章が今から待ち遠しい、今日この頃です

 

そして、第一章の最終回では、エンディング後に「あい」さまの無事なお姿も・・・。
Jigoku2638 Jigoku2639
 

 

 

 
多分、第二章のタイトルは(仮題)「戦え!地獄少女」又は、サブタイトル付きの「地獄少女 激闘編」となるのではないでしょうか。(ホントかよ?)
 
今までとは、ガラリと路線が変わります。

敵はあの「地獄少年ジル」
Tideotv036  

 

 

 
閻魔大王と決裂して、独自の路線を進みだした「あい」さまに、大王は「ジル」をぶつけて来ます。
そして第1章で「あい」さまに地獄送りにされ、復讐に燃えている者に「ジル」が毎回特殊能力を与え、刺客として次々に送り込んできます。
 
危うし「あい」さま。
こうなれば「あい」さまも、封印していた究極奥儀を解き、反撃です
Tideotv021 Jigoku2004 Jigoku2005  

 

 

 
「必殺!ヘルファイヤー」なんてね。
Jigoku1609 Jigoku2416_1 Tideotv062  

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第126弾 マークⅡ/チェイサー/クレスタのすべて

126mark2000モーターファン別冊 第126弾「新型マークⅡ/チェイサー/クレスタのすべて」です。

 

 

このモデルの大きな目玉は、走りのイメージを持たせたグレード、ツアラーをGTに変わって登場させたことでしょう。

当時のマーク 3兄弟の一般的な人気は、マークⅡ、チェイサー、クレスタの順ではなかったかと思います。
私個人の好みでいくと、この前の5ナンバーサイズのモデルまではマークⅡと思っていましたが、ツアラー登場以降は走りのイメージを強めたチェイサーです。

そう言えば、9:00位に仕事場から湾岸線を眺めていると、いつもダークグリーンMのチェイサー・ツアラーVが走っているのです。(ホイールを含めてオリジナルの状態)
今見ても結構カッコいいですね。
126_chaser_1  

 

 

 

  

そして使い勝手徹底チェックのアシスタントは、「水畑増美」さんです。

この方、第126弾でしか見かけたことが無いような気がしますが。
126_mizuhata   

 

  

 

 

第126弾のアルバムへGO!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケロロ軍曹 地球侵略ラヂオ 06/04/29

「ケロロとギロロの地球侵略ラヂオ」4月29日放送分です。

よーし、今週は頭から聞けるぞ、っと。

一発目はリスナーからの質問。
「もし冬樹達のように、ケロロが現れたら?」
お二人とも、うまく付き合えるそうです。

譲治さん曰く「宇宙人がいると信じてる」「かわいいかも」なんて発言が。

それと、ギロロ役とは思えない、譲治さんのハガキの読み方。
「○○してくださーい」と、尻上がりのお茶目な感じ。
やさしいギロロって感じだなーと。

久美子さんは、結構ケロロっぽい(一体どんな?)感じ。
 

後半は『これがないと生きていけないであります!』コーナー

ケロロはガンプラ。うんうん。
ギロロは夏美命。・・・えっ、そんな大胆な発言。

まあ、これは役の上での話としても、これがなければっていう、物に対する執着。
二人とも特にないんですね・・・。

もっと、盛り上げましょうよ。

なんか、ハガキが少ないのですかね?
皆さんガンガン送って、バックアップしましょう。

おっと、もう終わり?
30分はあっという間です。

 

番組紹介ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月29日 (土)

地獄少女 第二十六話「かりぬい」

Jigoku2600 地獄少女 第26話「かりぬい」の感想です。

 

 

 
遂に第一章の最終回です。

地獄へ流されようとしている「あい」さま。
いつも監視しているクモの捕縛を逃れ、柴田親子の所へ向かうのですが、あのクモは何者でしょう?
「あい」さまの力で、糸をぶっち切れたのだから、多分閻魔大王ってことはないでしょう。ただの下っ端?監視役?
Jigoku2601 Jigoku2602 Jigoku2603  

 

 

 
Jigoku2604 Jigoku2605 Jigoku2606  

 

 

 
 
骨女達も、輪入道の地獄車に乗らなくても、移動(飛べる?)出来たのですね。
Jigoku2607 Jigoku2608  

 

 

 
 
つぐみに過去を見させて、はじめを恨むように追い込んでいく「あい」さま。
Jigoku2611 Jigoku2612  

 

 

 
Jigoku2613 Jigoku2614  

 

 

 
「あい」さまを心配して、止めに入るべく来た骨女達。でも、使い魔ごときが「あい」さまを止められる筈も無く、軽く一蹴されます。
(藁だけど燃えなくて良かった・・・)
Jigoku2615Jigoku2616 Jigoku2617  

 

 

 

つぐみの一言で、呪縛から解き放たれた感じの「あい」さま。
Jigoku2618 Jigoku2621 Jigoku2620  

 

 

 
「あい」さまの心の中で、400年間押さえてきた恨みが氷解するのを、目の当たりにするつぐみとはじめ。
Jigoku2622 Jigoku2623 Jigoku2624  

 

 

 
Jigoku2625 Jigoku2626  

 

 

 

そして、時間が正常に戻り、再び七童寺へ・・・。
Jigoku2627 Jigoku2628 Jigoku2629  

 

 

 
 
寺を燃やして全てを断ち切った「あい」さま。
第一章はさしずめ「柴田親子」編、と言ったところだったのでしょうか。
Jigoku2630 Jigoku2631 Jigoku2632   

 

 

 
炎をバックにした「あい」さま。
400年前の地獄少女になった時と、オーバーラップする感じです。
ここからもう一度、償いを始めるという事ですかね・・・。
Jigoku2633 Jigoku2634  

 

 

 
そして、第二章へ続く訳ですが。
Jigoku2635 Jigoku2636 Jigoku2637  

 

 

 

2005年度に見たアニメの中で、個人的にはベスト3に入ります。
久々に見ごたえがありました。

今秋から始まる第二章が楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

「Ns’あおい」 #100

ナースあおい、今週号で目出度く連載100回です。

Naoi_060427  

 

 

 

 

  

随分長く連載しているような気がしてましたが、まだ2年程だったんですね。

秋から始まる、石原さとみ主演のTVドラマ第2シーズン「N’あおい」も、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

ケロロ軍曹 第106話

Kero10600 ケロロ軍曹 第106話「ギロロ 趣味の時間 であります」の感想です。

 

 

 

ケロロ達の履歴書(?)が中々笑わせてくれます。
特にケロロの、最近気になること「ランバ・ラルとマ・クベの関係」って、一体なんですか。
わたしも、非常に気になります。
Kero10601 Kero10602 Kero10603  

 

 

 

「侵略の為」を口実に趣味に走る軍曹。
ここでガンダムネタが登場。
(ソーラ・レイ=趣味って)
Kero10604 Kero10605 Kero10606  

 

 

 

さらに夏美を持ち出して、ギロロも趣味に走らせようとするケロロ軍曹。
Kero10607 Kero10608  

 

 

 

更にここで、ガンダムネタ。
黒板には「マ・クベ大佐に見る趣味の考察」なる文字が・・・。
そして、マ・クベの壷に、涙流しながらの熱い講義と、ガンプラづくし。
くどいケロロに、ギロロ逆切れです。
Kero10609 Kero10610 Kero10611  

 

 

 

Kero10612 Kero10613 Kero10614  

 

 

 
Kero10615 Kero10616  

 

 

 
 
「俺だって趣味の一つくらい見つけてやるー」と、燃えるギロロ。
夏美に気に入られたいが為とはいえ、何でもチャレンジする根性が凄い
 
そして、チャレンジした趣味の数々。
何故か、どの趣味にも、ミサイルランチャーが装備されてます。
Kero10617 Kero10618 Kero10619  

 

 

 
Kero10620 Kero10623 Kero10624  

 

 

 
Kero10625 Kero10621 Kero10622  

 

 

 
特に趣味と実益を兼ねた、「コミケ&コスプレ」が笑っちゃいます。
なんか売ってるタイトルも「軍事マニア 燃えー」とか、書いてあるし・・・。

 
最後は、夏美の「趣味なんて自分のやりたいことをやれば」っていうセリフに目覚めて、結局「ペコポン侵略モード」に戻ります。
Kero10626 Kero10627

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

BOSS「栄光の名馬 コレクション」

サントリーコーヒー・BOSSに付いていた、「栄光の名馬 コレクション」です。
出てきたのは、『トウカイテイオー』でした。Dscf7767  

 

 

  

 
入っていたミニカタログによると、8頭・全15種のラインナップだそうです。
Pim0003 

 

 

 

でも1個目で既に、既に集める気がなくなってしまいました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

マクロス インタビュー記事

飯島真理さんのホームページによると、双葉社から出ている「EX大衆」の4/15発売5月号に、マクロスに関するインタビューが掲載されているそうです。

アメリカでの英語によるアフレコ、DVD発売等の情報が載っているのでしょうか。

ちょっと買いに行ってきましょう。
何か情報があればいいな、っと。

 

こちらは、公式HPの記事です。

本日発売のEX大衆という雑誌に、
最新インタビューが掲載されています。
マクロスに関する特集の一部。
是非一冊ご購入を!
(みんな大人だから大丈夫だよね?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不定期 ZZの感想 第11話「始動!ダブル・ゼータ」

Zz1100 機動戦士ガンダムZZ 第11話「始動!ダブル・ゼータ」の感想です。

 

 

 

11話目にして、やっとZZの登場です。

でもその前に、前作であれだけ活躍したZが、マシュマーのハンマハンマにあっさり中破させられてしまいます。
ZZの引き立て役って感じですか?
Zz1101 Zz1102 Zz1103  

 

 

 

合体に随分時間が掛かってましたが(実際は速いのか?)、決めのポーズです。
Zのデザインは最近やっと慣れてきた感じですが、ZZのごちゃごちゃ感には慣れる事が出来るかどうか・・・。
ファーストガンダムのシンプルさが懐かしい。
Zz1104 Zz1105  

 

 

 

圧倒的な強さを見せつけ、マシュマーを撃退です。

Zを連れての帰還ですが、マークⅡ・メタス・Zと皆壊れていて、これからどうなるのか。
Zz1106

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケロロ軍曹 地球侵略ラヂオ 06/04/15

「あっ、やばい」と思った時には、既に0時15分を回っていました。

チャングムに気をとられて、地球侵略ラヂオの事を忘れていました。

うわっ、トークも終盤で、今日の1曲になってしまいました。

CD「ケロロソング(ほぼ)全曲入りであります」から、『ケロッ!とマーチ(小隊Ver.)』が登場です。

声優さんって、役の声を作りながら、歌う訳ですから大変だと思います。
でも小隊の皆さんは、中々上手なものです。

来週は聞き逃しの無いように、タイマー録音か?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月15日 (土)

ゆりかもめ脱輪

金曜日の夜、大江戸温泉に泊まったのですが、いつにも増してガラガラだったのです。

翌朝、館内放送で「ゆりかもめ脱輪事故」の報を初めて聞き納得しました。

車やタクシーでしか、来られないから空いていたんですね。

ちなみに私は、深夜に台場の飲み屋からタクシーで来たので、事故に気が付きませんでした。

でも翌朝の帰りも、ゆりかもめが止まっていたので、またタクシーに乗っちゃいました。
(ちょうど8時頃出たので、まさに船の科学館駅のところで、脱輪車両を撤去中でした)

ゆりかもめが土日の休業だったので、仕事への影響が無くて助かったと言うべきか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WANDA×TOYOTA 「カリーナ」

トヨタ店60周年記念のミニカーですが、やっと2台目です。

基本的に缶コーヒーが嫌いなので、中々買う気にならないのかな・・・と。

Dscf7762  

 

 

 

今回は1970年代の代表、初代カリーナです。

このシリーズはスケールが1/100なのですが、出来れば同じ出来栄えで1/150スケールにしてもらいたかったです。

そうすれば、Nゲージのレイアウトにピッタリなのですが。

1/150スケールのスカイラインと比べると、やはりちょっと大きい。
Dscf7764  

 

 

 

でも、Nゲージ車両と並べてみると、そんなに目立つほどには、おかしくないかな?
Dscf7765

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

ケロロ軍曹 第105話

Kero10500 ケロロ軍曹 第105話「ケロロ 新装開店スマイルセール であります」の感想です。

 

 

 

第3シーズンに入って初めての感想です。

何だか妙なカウントダウンで、侵略をせざるを得ないことになりましたが、これも原作にあるのでしょうか?
読んでない私にはわかりません。
Kero10501  

 

 

 
さて、今回の話は素直に面白かったといえます。
地域密着の侵略作戦ですか。
Kero10502

 

 

 

ハンバーガー屋のメニューは、これ。
見た目は悪いけど、この中ではクルルの「ベジタブルバーガー」ならOKかも。
Kero10503 Kero10504 Kero10505  

 

 

 
でも、この二人のスマイル(500円!)しか売れてない。
当然の結果と言えましょう。
Kero10506 Kero10507  

 

 

 
ギロロも500円硬貨を手に、思わず並んでます・・・が、冬樹に見つかって、焦ってます。
Kero10508 Kero10509 Kero10510  

 

 

 
食材買いすぎで、大赤字の軍曹。
Kero10512  

 

 

 
最終手段は、小隊メンバーの笑顔で勝負しましたが、最悪の結果になりました。
Kero10513 Kero10514 Kero10515  

 

 

 
Kero10516 Tideotv038

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ケロロ軍曹 新オープニング(第3シーズン)

Keroop06 ケロロ軍曹の新オープニングですが、結構気に入りました。

 

 

今更の感もする、小室哲哉の曲ですが、次長課長の歌と妙にマッチングしています。
曲のそこかしこが、小室サウンドって感じで分かりやすいし。
Keroop07  

 

 

 

OPアニメも一新されています。
Keroop01 Keroop02 Keroop03

 

 

 

Keroop04 Keroop05 Keroop09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

WANDA×TOYOTA 「クラウン」

今回は、缶コーヒーのWANDAシリーズと、トヨタ店60周年記念のコラボレーション企画ミニカーです。

1/100ながら結構重量感があり、しっかりした作りです。
Dscf7761  

 

 

 
1缶目は初代クラウンが出てきました。

全6種類なのでこれなら、コンプリート可能です。
この前の、駅弁フィギュアみたいに挫折しないで、すぐ集められそう。

Pim0001 Pim0002  

 

 

どうせなら、6種類あるのだからラインナップを、50年代から60・70・80・90、そして2000年代の代表1車種ずつでも良かったかも。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ケロロ軍曹 地球侵略ラヂオ 06/04/08

ケロロ軍曹 「ケロロとギロロの地球侵略ラヂオ」が始まりました。

ラジオ大阪での放送なので、普通のラジカセ等を使って、関東圏で受信するのは結構厳しいです。
私は名機(?)スカイセンサー5900を使っているので、シグナルは結構強いのですが、混信とノイズにはちょっと参ります。
次週の放送は、懐かしのループアンテナを接続して、聞くことにします。
(でも現状シグナルメーターは7前後で、結構触れているので、聞くのは問題ないですが・・・)
060409002203  

 

 

 

第1回と言うことで、前半はケロロ役の渡辺久美子とギロロ役の中田譲治の、自己紹介です。

硬派なギロロのイメージと違って、中田さんの自己紹介では「女・酒・ばくち・ゴルフ・・・中略・・・演歌から最近はR&Bが気に入り」なんて発言が出て楽しめます。

でも、ちょっとテンションが低い感じです。

気を取り直して後半を聞くと、常設コーナーの「これがないと、生きていけない」コーナーの募集をしていました。
ちなみにケロロ渡辺は「格闘技」、ギロロ中田は「愛」という、回答でした。

最後は、劇場版ケロロ軍曹の主題歌「ケロロダンシング」で終わりましたが、アニメの弾けっぷりにはまだまだ程遠い感じです。
来週以降、他のケロロ小隊メンバーや夏美・冬樹が出てくると、盛り上がってきそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月 8日 (土)

地獄少女 第二十五話「地獄少女」

Jigoku2500 地獄少女 第25話「地獄少女」の感想です。

 

 

 

いよいよ最終回まで残り2話。
しかも今回のサブタイトルは、ずばり「地獄少女」です。
今までの断片的に見せていた、柴田親子と「あい」さまの因縁が明らかになりました。
想像付いていたのに、思わずただ息を詰めて見入ってしまいました。
 

仙太郎と「あい」さまは、いとこ同士だった。
Jigoku2501  

 

 
 

あまりに悲惨な、「あい」さまの最後・・・。
そして地獄少女として復活。
Jigoku2502  

 

 

 
気になったのは、「あい」さまが地獄流しの舟で、流されて行っていること。
ラスト「あい」さまに救いはあるのか?
でも、最終回の予告では、つぐみに藁人形を渡していた・・・。
ほんとにつぐみが依頼者で、はじめがターゲットに成ってしまうのか。
何が起きてもいいように、覚悟をしておこう。

 

もうすぐ終わっちゃうけど、第2弾製作決定とのことで、まだ楽しみは終わらない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 6日 (木)

ケロロ軍曹 地球侵略ラヂオ 始まります

サンライズの公式HPによると、ラジオ大阪で「ケロロ軍曹」の番組が始まるとのこと。

久々に中波遠距離受信でもしてみようかな。

ラジオ大阪のアニメ&ゲームゾーンHPはこちらから

ケロロ小隊ラジオも侵略                                          
    とうとうケロロ軍曹がラジオも侵略!!皆揃って聴くであります。    
                                                                     
    ケロロ役・渡辺久美子とギロロ役・中田譲治が、                     
    「ケロロ軍曹」にまつわる様々なエピソードを暴露(!?)していく30分!
    そのうち豪華ゲストも登場するかも!?                              
                                                                     
    番組名:ケロロとギロロの地球(ペコポン)侵略ラヂオ               
    放送日時:ラジオ大阪 毎週土曜24:00~24:30                     
    放送開始:2006年4月8日(土)                                       
    出演:渡辺久美子、中田譲治

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

不定期 ZZの感想 第9話「宇宙のジュドー」

Zz0900 機動戦士ガンダムZZ 第9話「宇宙のジュドー」の感想です。

 

 

 

今まで知りませんでした。
ダミー隕石やらダミー残骸やら、ZZで初めて出てきたんですね。
逆襲のシャアで、見たときには気づきませんでした。
Zz0901  

 

 

 

 
ストーリーは毎回どうでもいいような話が続いて、早く進めて欲しいのですが、見所としてはマシュマーの「今週のハマーン様」とでも呼べそうな、お馴染みの回想シーンです。
特に今週のハマーン様は、露出の多い衣装です。
Zz0902  

 

 

 

  

 

 

正面で見ているマシュマーも、思わず目が胸の谷間に・・・。
頬が赤らんでいますよ。
Zz0903 Zz0904  

 

 

 

これでやる気を出すのだから、単純なものです。
Zz0905  

 

 

 

まぁ、私もマシュマーと一緒で、ハマーン様から目が離せませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクティック・ギア 「スコープドッグ・ターボカスタム」

また買っちゃいました。

最近はまっているのが、タカラの「アクティック・ギア」シリーズです。

ガンダムシリーズのHCMプロやMSインアクションといったものと、同じコンセプトを狙ってますが、はっきり言って出来の方は一日の長のあるバンダイの勝ちといったところです。
しかし、装甲騎兵ボトムズ関連で、一体1800円前後という価格帯のメカフィギュアは、今まで無かったので中々魅力的です。
同じスコープドッグ系統でも、後から発売されたものは改良されて良くなっているし、ラインナップもこれからどんどん増えるでしょうし、期待できます。

Agearagv08 

 

 

 
 

 

 

ただやっぱり細かいパーツや稼動部が多いので、ちょっと触るとすぐに外れたりしてしまうのが残念です。
バンダイの製品群のような、安心してグリグリいじれる感じではないです。今のところは・・・。

今後はファッティーも出るようですし、やはりラインナップが増えることを期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

地獄少女 第二十四話「夕暮れの里」

Jigoku2400 地獄少女 第24話「夕暮れの里」の感想です。

 

 

 

ラスト3話、いよいよ今までの断片的な情報がひとつになってきました。
今回は今までと違って、依頼者も無ければ、地獄流しも無しです。
あい様の出番も多くて、◎です。
 

とことん、あい様と付き合うしかなくなった柴田親子。
つぐみの見た風景を求めて、山間の温泉へ向かう車中。
いつの間にか、あい様がリアシートに乗ってます。
その辺の幽霊はご遠慮願いたいけど、あい様なら是非どうぞ。
Jigoku2401  

 

 

 
泊まった温泉宿の露天風呂。
つぐみが入っていると、後ろにあい様が・・・。
最終回近くなって、サービス満点です。(湯の中にあい様の長い黒髪が揺れてました)
Jigoku2403
 

 

 

はじめは遅れて風呂に来たけど、あわや混浴状態だったかも。

 
七童寺の境内で待ち伏せ(?)する、あい様。
いい表情です。
Jigoku2404 Jigoku2405 Jigoku2406  

 

 

 
柴田親子との関係が分かって、愕然とするあい様。
センタロウって、柴田仙太郎ってことなんですね。
Jigoku2407 Jigoku2408  

  

 

 
400年前の笑顔のあい様。こんな表情今までありませんでした、ステキです。Jigoku2409
 

 

 

 

「忌まわしい血」と言い放つあい様。
来週はっきりするのでしょうが、いったいどうしてこんなことに・・・。
Jigoku2410 Jigoku2411

 

 

 

怒りで、どす黒いオーラが出ています。
しかも依頼無しで、自分の感情だけで柴田親子を地獄流しにしようとする、あい様。
今まで感情を出さずに、ターゲットを地獄に流していたのに・・・。
こんな怖い顔も見せてくれました。
Jigoku2412 Jigoku2413 Jigoku2414

 

 

 

依頼無しで、自身の為に地獄流しをすると、あい様が地獄行きになるそうです。
だから輪入道達が体を張って、地獄流しを阻止します。
あくまでも柴田親子を守る為でなく、あい様の為に・・・。
Jigoku2415 Jigoku2416  

 

 

 
今回はあい様の感情爆発に本音トークも聞けて、更に色んな表情も見られて、盛りだくさんな1話でした。
Jigoku2417

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ケロロ軍曹 第103話

Kero10300 ケロロ軍曹 第103話「ケロロ小隊 まごころを君に であります」の感想です。

 

 

 

先週に引き続き、絶体絶命のところからスタートです。
 
なんとかケロロ軍曹が元に戻って、さあ反撃開始。
Kero10301 Kero10302  

 

 

 

ガルルスゴイです。
GP-02譲りの装備と言い、今度はファンネルまで登場。
Kero10303  

 

 

 

何かラストが見えてしまうだけに、イマイチ最後が感動出来なかった・・・かな。
Kero10304 Kero10305  

 

 

 

でも3年目に突入で、見続けてしまうのです。やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 1日 (土)

ガンパレード・オーケストラ #24 夏の終わりに

Gpo2400ガンパレード・オーケストラ 第24話「夏の終わりに」の感想です。

 

 

   

普通のアニメでも、絶対盛り上がるはずの最終回です。
最終回らしく、先週からの続きですが、期待して見てみると・・・。

幻獣襲来!、と思いきや、台風でした。
なんで間違えるわけ?

でも取り敢えず、石塚を中心に初めてまとまる面々。
Gpo2401  

 

 

 
人型戦車も2機、災害出動です。
なにそれ?
遂に戦闘無しですか。
Gpo2402  

 

 

 

台風一過、船長の金塊はどうなるの?
なんか話が散漫で、結局なにも変わってないと思う。
みずほのリスが島神だった(?)のが分かった位かな。
Gpo2403  

 

 

 

最後の最後に、全員集合みたいな場面で、まだ何か引っ張ろうとしてるのか。
いや咲良と火焔の無事な姿を見ただけでも、素直に良しとするか・・・。
Gpo2404 Gpo2405  

 

 

 

 
我ながら感心。我慢強く、途中で視聴放棄しなかったな・・・と。
Gpo2406 Gpo2407 Gpo2408   

 

 

 
(右端、一人欠けました。誰だっけ?)    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »