« ケロロ軍曹 第115話 | トップページ | ナビスコ・オレオ »

2006年6月25日 (日)

おでんくん 第51話 「灼熱おでん村」

Oden05100 おでんくん 第51話「灼熱おでん村」の感想です。

 

 

 

おじさん醤油を切らして、買出しに行きます。
Oden05101  

 

 

 

しかし、おでん鍋は火を掛けっ放し・・・、鍋の中は徐々に暑くなっていきます。
おでんくんの出した、扇風機も餅で出来ているから(?)溶けてしまって役に立ちません。
Oden05102  

 

 

 

あの「おばさん」二人が勤めている、スーパーに着いたおじさん。
その間にも、鍋は煮立っていきます。
Oden05103 Oden05104 Oden05105  

 

 

 

たまごちゃんまで、煮詰まって顔が黒くなってきました。
ガングロたまごちゃん曰く、「まだまだ」だそうですが・・・。
Oden05106 Oden05107  

 

 

 

おでん沼に来てみると、干上がっています。
残った水も、塩分濃度が高そう・・・。
Oden05108 Oden05109  

 

 

 
誰かに食べてもらわないと、再生(生き返れない?)出来ないおでん達。
このままでは、煮崩れて全滅必死です。
Oden05110  

 

 

 

いつも仲の良いおでん達が、残された沼の水を求めて、争います。
(かなりリアルです・・・。たまごちゃん強いし・・・)
Oden05111 Oden05112 Oden05113  

 

 

 
Oden05114 Oden05115 Oden05116  

 

 

 

帰ってきたおじさんが、鍋に水を入れ、おでん村に雨となって降り注ぎます。
みんな正気に返りますが、なにかぎこちない雰囲気に・・・。
Oden05117 Oden05118 Oden05119  

 

 

 

おじさんが味見すると、煮詰まって「マズイっ」
「マズイのは皆の気まずさのせいかも・・・」って、まさに本上さんのナレーションの通りです。
Oden05120  

 

 

 

今回は、極限状態でのおでん達(人間?)の、弱さ・醜さを見せ付けられた感じです。
ちょっと考えちゃいますね・・・。

|

« ケロロ軍曹 第115話 | トップページ | ナビスコ・オレオ »

U03.おでんくん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おでんくん 第51話 「灼熱おでん村」:

« ケロロ軍曹 第115話 | トップページ | ナビスコ・オレオ »