« ケロロ軍曹 第120話 | トップページ | ケロロ軍曹 第120話 Bパート »

2006年7月30日 (日)

日本沈没

映画「日本沈没」を見てきました。

1973年の作品と違って、「日本沈没せず」というか「日本’一部’沈没」って感じですね。

2006_nihochin01_1 2006_nihochin02_1   

 

 

 

 

 

 

作品内容はともかく、注目したのはコッチ。

上映前に買ったパンフレットをめくって、人物紹介を見ていると、なんと「富野由悠季」の文字が・・・。
何で?
ともかく富野さんがどこに出ているのか見てると、京都のシーンですぐに分かりました。
(メイクも糞も。そのまんまって感じです)
さすがに御大です、あんなチョイ役(失礼)でパンフレットに写真付きですから・・・。
2006_nihochin04 2006_nihochin03

  

 

 

 

更にエンドロールも見ていると、「庵野 秀明」「安野 モヨコ」の名前も・・・。

パンフレットをひっくり返してみると、小さい文字で確かに載ってる。

事前に知ってれば分かったのでしょうが、どこに出てたのか気が付かなかったです。

 

 

 

|

« ケロロ軍曹 第120話 | トップページ | ケロロ軍曹 第120話 Bパート »

N00.テレビ・映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113330/11151076

この記事へのトラックバック一覧です: 日本沈没:

» ■映画「日本沈没」(2006) [M's Weblog]
 観て来ました。満足です。さすが「ローレライ」の樋口監督ですね。VFXが凄いんです。土砂が崩れてくるシーンなど、迫力がありました。  原作者・小松左京氏の視点はいつも人類と日本への「愛」ですね。小説版の「日本沈没」では田所博士がそれを語ります。「日本列島に恋していた」。そして、彼は沈み行く日本と運命を共にします。  しかし、今回は前作の映画も無視して、別の視点でこの作品を観てみました。するとまさに樋口監督の「日本沈没」が見えてくるんです。個々の人間関係が見えてくるとこの作品のプロットが良くで... [続きを読む]

受信: 2006年7月30日 (日) 14時48分

» 日本沈没 06年151本目 [猫姫じゃ]
日本沈没 1973年版こちら 2006年  樋口真嗣 監督草磲剛 、柴咲コウ 、及川光博 、豊川悦司 、福田麻由子 、吉田日出子 、大地真央 泣かせます、、、かなり良かったです。 これはまぁ、壮大なSFなんだケド、...... [続きを読む]

受信: 2006年8月 2日 (水) 15時51分

« ケロロ軍曹 第120話 | トップページ | ケロロ軍曹 第120話 Bパート »