« リーンの翼 第5話「東京湾」 | トップページ | 地獄少女・二籠 第1話「闇の中の少女」 »

2006年10月 9日 (月)

ケロロ軍曹 第130話

Kero13000_1 ケロロ軍曹 第130話「ケロロ小隊 全員再起動であります」の感想です。

 

 

 

侵略期限も無くなり、すっかり自堕落な生活のケロロ。

タママも気の抜けた屁をこいて、ギロロ伍長だけは相変わらずのおかんむりです。
Kero13005 Kero13007 Kero13009  

 

 

 

 
コピーロボット(今回は機能限定版だそうです)に雑務をまかせ、皆でレジャー会議ですが当然只では済みません。
Kero13013 Kero13015  

 

 

 

コピーロボット5体が輪になって、「モードチェンジの儀」を行います。
ケロロのロボットは、ガンプラモードへ・・・。
Kero13021 Kero13027 Kero13035  

 

 

 

しかし、ひたすらガンプラを作り続けてとんでもない事になります。
Kero13039 Kero13037  

 

 

 

何か普通ですが、最後は予定通りケロロが怒られてお仕舞です。
Kero13043 Kero13045  

 

 

 

でも毎回コピーロボットに入れ替わっている事に、日向家の人は気づかないんですね。

そんでもって、コピーロボットがいなくなっているんですけど・・・。
Kero13047 Kero13051  

 

 

 

 

 

Kero13052 Bパート「ガルル小隊 かく戦えり であります」の感想です。

 

 

  

半年振りにガルル小隊の皆さんの登場です。
Kero13055 Kero13057 Kero13059_1  

 

 

 

Kero13061 Kero13063 Kero13069  

 

 

 

 

Aパートでいなくなったコピーロボットが、犯罪を犯しているとの情報がガルル小隊に入ります。
Kero13071 Kero13073

 

 

 

 

でも、ガルル以下コピーロボットだと気が付かないのですね。
Kero13075 Kero13077  

 

 

 

自分達への戒めと思ってケロロにお礼に来るガルル小隊。
勘違いの、お目出度い人達かも。
Kero13079 Kero13081

|

« リーンの翼 第5話「東京湾」 | トップページ | 地獄少女・二籠 第1話「闇の中の少女」 »

U01.ケロロ軍曹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113330/12220542

この記事へのトラックバック一覧です: ケロロ軍曹 第130話:

« リーンの翼 第5話「東京湾」 | トップページ | 地獄少女・二籠 第1話「闇の中の少女」 »