« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

地獄少女・二籠 第11話「遠い隣室」

Jigoku21100 地獄少女・二籠 第11話「遠い隣室」の感想です。

 

 

 

第1シーズンのあい様、今思えば柴田親子との因縁なんかでいっつも悩んで、三藁がターゲット調査に行ってる時も、家でゴロゴロうつ状態(?)って感じでした。
言ってみれば、ヒッキーの地獄少女(?)って、言いすぎでしょうか。

今回の「遠い隣室」では三藁に混じって、テレホンショッピングの羽毛布団を配達したり、すっかり更正しました。
Jigoku21133 Jigoku21134  

 

 

 

 

しかし、ターゲットの女・・・、唯一の友達「猫のムル」をとられた腹いせに、イタ電したり嘘の注文で出前やら何やら、嫌がらせもすごいです。
Jigoku21102 Jigoku21104 Jigoku21105  

 

 

 

 

自分のあげた餌が捨てられてるの確認しちゃってます。
Jigoku21112 Jigoku21115 Jigoku21114  

 

 

 

 

獣医の輪入道。
Jigoku21109 Jigoku21110   

 

 

 

 
探偵の輪入道。(忙しい事です)
Jigoku21139 Jigoku21141 Jigoku21142

 

 

 

 

偽注文で大忙しの三藁達。
Jigoku21131 Jigoku21132 Jigoku21135  

 

 

 

 

Jigoku21137  

 

 

 

 

猫って牛乳、煮干ダメなの?
すっかり外しまくっている一目連です。
Jigoku21119 Jigoku21120  

 

 

 

 

Jigoku21145 Jigoku21149 Jigoku21150

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月28日 (木)

コードギアス 反逆のルルーシュ 第11話

Code1100 コードギアス 反逆のルルーシュ 第11話「ナリタ 攻防戦」の感想です。

 

 

 

前回の水蒸気爆発で、コーネリア部隊を孤立させることに成功した黒の騎士団。
Code1101  

 

 

 

 

奇跡の藤堂とその一味(?)、いよいよ出撃。
Code1108 Code1109  

 

 

 

 

「活殺旋回自在陣」かっこいい戦法名ですね。
Code1146 Code1111 Code1112

 

 

 

 

 
親衛隊も手が出ない状態です。
Code1114 Code1116 Code1117

 

 

 

 

そしてルルーシュ達は、ついにコーネリアを追い詰め、投降を命じます。
Code1129 Code1136 Code1144

 

 

 

 

しかし、命をかけて戦う覚悟を見せるコーネリアに、ルルは「つまらない選択を」
Code1150 Code1145

 

 

 

 

怒りのセシル、レベル1。
(ロイドまじでビビッてる?)
Code1107 Code1103  

 

 

 

 

怒りのセシル、レベル2。
(胸ぐら掴んでるし、凄い顔です・・・怖い)
Code1132 Code1134  

 

 

 

 

ランスロットにサンドボードを装着。
液状斜面を急上昇していきます。  Code1130Code1135Code1149
 

 

 

 

 

スザクの操るランスロットの猛襲に、戦況が一転します。Code1152 Code1153 Code1157
 

 

 

 

 

紅蓮弐式も互角に戦いますが、惜しいところで崖下へ・・・。
Code1158 Code1160 Code1167  

 

 

 

 

更に右手も破損します。
Code1169 Code1170 Code1171  

 

 

 

 

紅蓮弐式のコックピットってオートバイみたいに跨って乗るけど、カレンの姉御にピッタリ。
(セクシーです)
Code1168 Code1173

 

 

 

 

 

可愛そうに、顔面にダメージ跡が残ってます。ロイドさん・・・。
いったいセシルさん何をしたのでしょう?
(今度からセシルの大姉御と呼びましょうか?)
Code1154

 

 

 

 

 

ゼロを追うスザクは、C.C.のギアス(?)の能力に行動を封じられてしまいます。
Code1175 Code1176 Code1177  

 

 

 

 
Code1178 Code1181 Code1182

 

 

 

 

C.C.の力で脳?記憶?を掻き回されるスザクです。
亡き父親と対面しますが、「ああするしかなかったんだー」って、何?
Code1183 Code1184 Code1185

 

 

 

 

C.C.に触ったルルも、何かを見ます。
(C.C.の胸の傷は一体・・・)
Code1188 Code1190 Code1192  

 

 

 

 
Code1195 Code1196 Code1198  

 

 

 

 

更にスザクとルルが一瞬邂逅した?
Code11112 Code11113 Code11114  

 

 

 

 

これは一体何?
Code11108 Code11109
 

 

 

 

スザクは過去に何をしたのでしょう。
そして錯乱状態になったスザクは、銃を乱射します。
C.C.がルルを庇って立ちはだかりますが、破片が刺さり負傷。
Code11118 Code11119 Code11122

 

 

 

 

洞窟に退避したしたルルはC.C.の傷の手当てをしながらも、その回復力の速さに驚きます。
Code11132 Code11135 Code11137  

 

 

 

 

C.C.のリクエストで彼女の名前を呼ぶルルですが、口パクで分かりません。
Code11138 Code11142 Code11143  

 

 

 

 

ルルを心配するカレンの姉御。
連絡を受けて洞窟に迎えに行きますが・・・。
Code11130 Code11144 Code11145  

 

 

 

 

C.C.と姉御が初顔合わせ。
何か変な雰囲気です。(三角関係みたい・・・)
Code11146_1 Code11147 Code11148  

 

 

  

 

この覚束無い足取りと杖。
やっぱりジェレミアさんでしたか。
Code11151 Code11152 Code11153  

 

 

 

 
「オレンジじゃないんですぅ・・・。ゼロー!」
復活はあるんでしょうか。ジェレミアさん。(結構しぶとそうです)
Code11154 Code11155 Code11156

 

 

 

 

こっちのスザクさんも、復活するんでしょうか。
何か精神崩壊状態ですが。
Code11149 Code11150
 

 

 

 

 

当然、主役級だから大丈夫?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年12月24日 (日)

地獄少女・実写版 第8話「聖夜の奇跡」

Jigokuji0800 地獄少女・実写版 第8話「聖夜の軌跡」の感想です。

 

 

 

これは、アニメ第1シーズン第13話の「煉獄少女」ですね。
先週の予告から、てっきり同じサブタイトルかと思いましたが。
 

つぐみの見たイメージから、はじめはある古本屋へ。
Jigokuji0803 Jigokuji0804 Jigokuji0808  

 

 

 

Jigokuji0809 Jigokuji0810 Jigokuji0811  

 

 

 

 

そこで手に取った「月刊 怪奇探訪」には、『煉獄少女』なる小説が載っていました。
Jigokuji0812 Jigokuji0814 Jigokuji0815  

 

 

 

 

話の内容は、まさに地獄通信と地獄少女そのもの。
Jigokuji0825  

 

 

 
 
はじめは小説について調べ始めます。
Jigokuji0817 Jigokuji0818 Jigokuji0820  

 

 

 

 

昔の編集者から作者の住所を聞きだします。(でも50年前って)
Jigokuji0821 Jigokuji0823 Jigokuji0824  

 

 

 

 

煉獄少女の作者 北川(福本ではなかったですね)に、何とか会うことが出来たはじめ。
Jigokuji0826 Jigokuji0832 Jigokuji0833  

 

 

 

 

やはり彼は昔、新聞の尋ね人欄による地獄通信で、煉獄少女=あい様と契約していました。
小説は彼自身の事を書いたものでした。
Jigokuji0837 Jigokuji0838 Jigokuji0840  

 

 

 

 

そして、あい様の事が忘れられなくなった北川は、自室で沢山のあい様の絵を描いていました。
Jigokuji0842 Jigokuji0845 Jigokuji0846  

 

 

 

 

彼の死を予感したのか、涙を流すあい様の絵。
Jigokuji0847 Jigokuji0848  

 

 

 

 

念願かなって、地獄であい様と再会した、北川。
Jigokuji0849Jigokuji0851_2 Jigokuji0852  

 

 

 

 

「相変わらず、あなたは美しい」って、あい様に魅せられてしまった北川は、地獄行きも嬉しそう?
Jigokuji0853 Jigokuji0854 Jigokuji0856  

 

 

 

 

でも、あい様もその言葉に(?)思わず口元に笑みが・・・。
Jigokuji0855  

 

 

 

 

地獄少女の追っかけで、今年もつぐみとのクリスマスの約束がパァになったはじめ。
(折角の手作りケーキも一緒に食べられませんでした)
Jigokuji0857 Jigokuji0858 Jigokuji0859  

 

 

 

 

このままじゃ、つぐみとはじめの親子関係に更なる溝が・・・。
Jigokuji0860 Jigokuji0861 Jigokuji0862

| | コメント (1) | トラックバック (2)

ケロロ軍曹 第140話

Kero14000 ケロロ軍曹 第140話 Aパート「ケロロ小隊 年末調整大作戦 であります」の感想です。

 

 

 

そうか、侵略予算を使い切らないといけないんですね。(どっかの国みたい)
Kero14002 Kero14003 Kero14006  

 

 

 

 
年末調整と言いながら、年度末の道路工事か?(ちょっと規模が大きすぎますが・・・)
Kero14008 Kero14009 Kero14010
 

 

 

 

でも、あのケロロ軍曹がこんなに予算を余らせるなんて、何かオカシイです。
Kero14013 Kero14014 Kero14015
 

 

 

 

みんなで無駄遣い。
とっても楽しそう。
Kero14016Kero14017 Kero14018  

 

 

 

Kero14023 Kero14024 Kero14028 
 

 

 

 

無駄遣いを諌めるケロロの名演説。
「敢えて言おう!」って・・・。
Kero14030 Kero14033 Kero14031  

 

 

 

 
やっと残額0になったと思ったら、軍曹による遣い込み発覚。
(でもあのマイナス金額からすると、ガンプラよりも収蔵施設に金が掛っている?)
Kero14042 Kero14044 Kero14045  

 

 

 

 
Kero14046 Kero14049 Kero14050

 

 

 

 

いきなり来年の予算から差っぴきだそうです。
(当然か)
そんでもって、今更バイトをしたってねぇ。
Kero14054 Kero14056 Kero14064  

 

 

 

 

 

Kero14065 Bパート「ケロロ ある男の戦い であります」では、悲しいコレクターの性を見た思いがしました。

 

 

ケロロも隠しガンプラコレクションが発覚したものの、部屋には1年分の買い込んだコレクションがたっぷり。
Kero14069 Kero14066 Kero14067  

 

 

 

 
1日目にケロロ、ダブって買ったコミックスを発見。
(わたしも昔「覚悟のススメ」9巻を二度買いしたことがありますが・・・)
更に色々なものを見つけて、全然片付けが進みません。
Kero14070 Kero14072 Kero14074  

 

 

 

2日目は軍曹怒ってます。
Kero14075 Kero14076 Kero14077 

 

 

 

しかし、軍曹の言う通りですね。
Kero14078 Kero14079
 

 

 

 

ガンプラやメカフィギュアはどんどんバージョンアップしたものが発売されるし。
Kero14080 Kero14081 Kero14082
 

 

 

 

ソフトも磁気テープ(これだってベータとVHSの戦いが・・・)→レーザーディスク→DVD→次世代DVDと移り変わりの早い事。
Kero14084 Kero14085 Kero14086  

 

 

 

Kero14087 Kero14088 Kero14089
 

 

 

 
全メディアを買ってたら切りがないけど。
(でも、私もLDとDVDで同じタイトルの作品を買ってます)
Kero14091 Kero14092 Kero14093  

 

 

 

そうか「不安だから、買ってしまう・・・」
分かる気がしますね。
Kero14095  

 

 

 

 

3日目、軍曹に光明が見えた?
Kero14096 Kero14097 Kero14099  

 

 

 

 

4日目、折角買った本棚を組み立てるのが、狭すぎて至難の技と判明しました。
Kero140100 Kero140102 Kero140103  

 

 

 

 

5日目、軍曹がんばって本棚を組み立て始めますが、トイレにも行けず悲惨なことに。
Kero140104 Kero140106 Kero140108  

 

 

 

 
Kero140110 Kero140112 Kero140114  

 

 

 

 

ガンプラの兵馬俑が、まるで始皇帝のようです。
Kero140116 Kero140118Kero140119_1  

 

 

 

 

でも墓場まではコレクションを持って行く事は出来ませんよね。
Kero140121 Kero140122 Kero140123
 

 

 

 

だからと言って、今全てを処分する事なんて出来るわけもありません。
Kero140125 Kero140126 Kero140127  

 

 

 

 

6日目、ついに棚が完成。
Kero140132 Kero140134 Kero140135  

 

 

 

 

コレクションもきちんと分類して、順調に収まっていきます。
Kero140138 Kero140142 Kero140144  

 

 

 

 

しかし後ろにはまだまだ未整理の箱がどっさり。
Kero140145 Kero140146 Kero140149  

 

 

 

 

こうなったら、何でもかんでも押し込んでしまえと言う事に・・・。
(確かにMGジオングなんかは、箱がデカイですよね)
Kero140150 Kero140151 Kero140152  

 

 

 

 

7日目、ついにケロロの戦いは終結。
Kero140153 Kero140154 Kero140155  

 

 

 

 

風呂に行こうと思っても、そこにも箱がギッシリ。
Kero140159 Kero140160 Kero140161  

 

 

 

 

軍曹の悲痛な叫びだけが、こだまします。

アクティックギアやHCM-Proでさえも、結構一杯一杯になっているので自分も要注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

地獄少女・実写版 第7話「甘い誘惑」

Jigokuji0700 地獄少女・実写版 第7話「甘い誘惑」の感想です。

 

 

 

一見何処にもありそうな、結婚式風景ですが。
Jigokuji0702 Jigokuji0703 Jigokuji0704  

 

 

 

おっと、柴田親子も登場です。おっとっと、あい様も登場です。
Jigokuji0705 Jigokuji0706 Jigokuji0710  

 

 

 

娘の美春の結婚式会場で、その親父も再婚予定の相手を披露して幸せ一杯ですが、あとは地獄へ転落するだけ?
Jigokuji0716  

 

 

 

娘が新婚旅行から帰ると、親父はヤリ手の女結婚詐欺師に騙されていた事が判明し、娘はその反動で新郎側から離婚をしてくれと迫られる・・・。どうなってんの?
Jigokuji0714 Jigokuji0715 Jigokuji0717  

 

 

 

 
Jigokuji0719 Jigokuji0720  

 

 

 

美春は詐欺師の女を地獄流しにしようと、あい様とコンタクト。
Jigokuji0724 Jigokuji0729 Jigokuji0730  

 

 

 

しかし、折角手に入れた黒藁を、つぐみの幻視で察知したはじめに説得され、取り上げられてしまいます。
(骨女も一目連も監視はしていますが、まだちょっかいを出す事はありませんでした)
Jigokuji0733 Jigokuji0735 Jigokuji0736  

 

 

 

「復讐させてあげたら」と言う、つぐみの言葉に耳を貸さずに黒藁をゴミ箱へ捨てるはじめ。
Jigokuji0737 Jigokuji0738 Jigokuji0740  

 

 

 

ゴミ箱から脱出した輪入道。(他の2人から臭がられてます)
Jigokuji0745 Jigokuji0746 Jigokuji0748  

 

 

 

結局、美春は親父と仲直りしますが、その直後に親父は女詐欺師と再会し、ショックから自殺してしまいます。
Jigokuji0756 Jigokuji0753 Jigokuji0757  

 

 

 

それを見つめるあい様。
Jigokuji0755  

 

 

 

 
落下現場に美春が駆けつけますが、間に合いません。
Jigokuji0758 Jigokuji0759  

 

 

 

 

つぐみは「あの時、藁人形を取り上げなければ、死ななかったのに」と主張。
Jigokuji0760 Jigokuji0761 Jigokuji0762

 

 

 

 

美春は再び、地獄通信にアクセスします。
Jigokuji0763  

 

 

 

今回は、お仕置きも地獄流しも出てこなかったけど・・・。

 

予告では、次回は『煉獄少女』!?

アニメ第1期にも同名のサブタイトルがありましたが、ストーリーも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

地獄少女・実写版 第6話「約束の赤い糸」

Jigokuji0600 地獄少女・実写版 第6話「約束の赤い糸」の感想です。

 

 

 

冒頭から物思いに耽る(やっぱり柴田親子のこと?)あい様。
Jigokuji0601  

 

 

 

 

 

今回は二重人格少女の話でした。
Jigokuji0609 Jigokuji0615 Jigokuji0616
 

 

 

 

あれ?、これじゃ話がおしまいです。
最初は双子の話かと思ってました。
結局、嫌な過去を清算したもう一人の自分を消しただけでした。(人格の一部だけを葬る事も出来るんですね)
Jigokuji0623 Jigokuji0624 Jigokuji0625  

 

 

 

骨女「ハッピーエンドじゃないか、お嬢にしちゃ名裁き・・・」
輪入道「いや、ただ仕事をしただけさ」
そう、ただ仕事をしただけです。あい様は。
Jigokuji0626

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地獄少女・実写版 第5話「偽りの墓碑銘」

Jigokuji0500 地獄少女・実写版 第5話「偽りの墓碑銘」の感想です。

 

 

 

平和な朝食風景。

でも、あい様とのリンクはいつも突然です。 Jigokuji0501

 

  

 

 

Jigokuji0504 Jigokuji0502 Jigokuji0505
 

 

 

 
そう言えばアニメ第1期でも、最初ははじめもつぐみの幻視を本気にしていなかったようで、なかなか取り合っていませんでした。
Jigokuji0506 Jigokuji0507  

 

 

 

 

 
そんなことで、つぐみは一人で八王子へ行ってしまいます。
Jigokuji0508 Jigokuji0509
 

 

 

 

柴田親子の動向に目を光らせるようになった三藁達。
Jigokuji0511  

 

 

 

なんとか監禁されていた少女を見つけますが、彼女も捕まってしまいます。
Jigokuji0514 Jigokuji0515 Jigokuji0516
 

 

 

 

しかし、犯人が警察の人間じゃあねぇ・・・、話としてはありがちなのかな?
Jigokuji0517 Jigokuji0518  

 

 

 

 

Jigokuji0520 Jigokuji0521 Jigokuji0522  

 

 

 

 

こんな状況じゃ、犯人の言いなりになったフリ(妹って・・・)も出来ませんよね。
Jigokuji0523 Jigokuji0524 Jigokuji0527  

 

 

 

危機一発はじめが飛び込んで来ますが、結局地獄少女に救われた形となりました。
Jigokuji0528 Jigokuji0529 Jigokuji0530
 

 

 

 

お仕置きは磔にくい打ち・・・、これも地獄メニューとしては随分ベーシックな感じですが。
Jigokuji0534 Jigokuji0536 Jigokuji0537  

 

 

 

Jigokuji0542 Jigokuji0545 Jigokuji0546  

 

 

 

つぐみは「地獄少女が助けてくれた」と言ってましたが、あい様は只、仕事をしただけ。
Jigokuji0548 Jigokuji0549 Jigokuji0550  

 

 

 

人助けをしてるわけじゃありません。
Jigokuji0556 Jigokuji0557

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

コードギアス 反逆のルルーシュ 第9話

Code0900 コードギアス反逆のルルーシュ 第9話「リフレイン」の感想です。

 

 

 

冒頭から、カレンの姉御のサービス全開です。
(風邪ひきますよ)
Code0903  

 

 

 

 

 

このメイドは、目鼻立ちからしてカレンの姉御のお母さん。
Code0907 Code0908  

 

 

 

でも、写真立ての様子からして、色々と複雑な事情がありそうです。
Code0909  

 

 

 

毎晩のように黒の騎士団の活動をしているので、授業中に思わず「黒の騎士団!」なんて叫んで立ち上がってしまった姉御・・・。
Code0912 Code0914 Code0916  

 

 

 

 

でも眠いのはルルも一緒です。
Code0920 Code0919  

 

 

 

 

何ですかこれは?
Code0923 Code0925 Code0926  

 

 

 

 
でもこういう展開もあるだろうと思ってましたが。
(姉御に対して、「猫被ってる」とルルの鋭い一言)
Code0928 

 

 

 

 
今週は、またまたサービスカットが出ました。
お約束の入浴シーン。
Code0929 

 

 

 

 

一つ屋根の下に暮らしている、継母と妾とその娘・・・。
複雑すぎます。
Code0936 Code0935  

 

 

 

「例のオレンジ事件」「ウッ」「いや、くるるぎスザク強奪事件」って、ヴィレッタもついついオレンジを口にしてしまいます。

しかし、記憶の欠落と怪しい学生に気付いた、オレンジもといジェレミアとヴィレッタです。
Code0951 Code0953  

 

 

 

 
こいつが『ナイトポリス』・・・、何かパトレイバーみたいです。
Code0974 Code0976  

 

 

 

でもさすがにカレンの姉御。
機転をきかせて、相手のコックピットを潰します。
Code0978  

 

 

 

 

可哀想な姉御。
お母さんは結局20年の実刑に・・・。
しかしその分、世界を変えるという決意は固くなりました
Code0984 Code0985 Code0983  

 

 

 

 

「がんばれ。カレン」
Code0988

| | コメント (0) | トラックバック (5)

地獄少女・二籠 第10話「曽根アンナの濡れた休日」

Jigoku21000 地獄少女・二籠 第10話「曽根アンナの濡れた休日」の感想です。

 

 

 

今回のシリーズは三藁にスポットを当てると言ってましたが、わたなべひろし氏のサービス精神に感謝ってところです。

ダメ男哲郎と骨女の休日・・・・。
骨女は昔から男で苦労しているようです。
ところで、三藁達にも休暇があったとは知りませんでした。

 

あい様のセリフがビミョーです。
輪入道も笑っていいのか迷ってるし。
「たまには骨休みも必要よ」って、やっぱり骨女だけにねぇ。
Jigoku21019 Jigoku21021 Jigoku21022  

 

 

 

1年前に休暇を取った骨女。
都電の中でダメ男哲郎と出会います。(一応映画監督?志望?)
Jigoku21025 Jigoku21026 Jigoku21028  

 

 

 

意気投合した二人は飲んでいるうちに、映画の話になります。
何と骨女を女優に起用したいと。
その名も『曽根アンナ』
前にも曽根先生ってあったけど・・・。
Jigoku21030 Jigoku21031  

 

 

 

哲郎の頭の中では、次々に作品が浮かんできますが、ホントにうまくいくの?
Jigoku21032 Jigoku21035 Jigoku21039  

 

 

 

まんま、骨女っていうアイデアもありましたが・・・。
Jigoku21054 Jigoku21055  

 

 

 

 

 

付き合いきれずに帰ろうとする骨女。
でもダメ男のこの瞳に弱いみたいです。(母性本能をくすぐられるのでしょうか)
Jigoku21042 Jigoku21045 Jigoku21046  

 

 

 

もつれて倒れこんだ二人・・・、その時骨女の足がモロ見え。(骨です)
Jigoku21049 Jigoku21050 Jigoku21051  

 

 

 

そこへ女が現れて、気が付いたら次の女の所へ転がり込んで、いつの間にか女3人が意気投合です。
Jigoku21052 Jigoku21053 Jigoku21060 

 

 
 

 
Jigoku21064 Jigoku21065 Jigoku21068  

 

 

 

しかし3人の前からもダメ男は姿を消します。
なんと金持ちの映画学校女生徒のところに同棲です。

これ以上被害者を出すまいと、女生徒のところへ乗り込む3人。
Jigoku21072 Jigoku21075 Jigoku21074  

 

 

 

 

聞く耳を持つどころか、逆に3人に噛み付く女生徒。

「借金が何よ!」
Jigoku21076  

 

 

 

「脱ぐくらい何よ!」
Jigoku21080  

 

 

 

「もっと映画を勉強してよ!」
Jigoku21081  

 

 

 

 
結局何も出来ない3人でした。

 

そしてダメ男はやっぱりダメでした。 
Jigoku21085 Jigoku21086 Jigoku21087  

 

 

 

女生徒から300万円を資金として出してもらいますが・・・。

アルタの壁面に何気に映し出される映像、実写で「SNoW」が歌ってます。(芸が細かい)
Jigoku21088  

 

 

 

 

結局、映画も面倒くさくなり、競馬で300万をすってしまいます。
Jigoku21089 Jigoku21091 Jigoku21092  

 

 

 

資金を増やそうと思ったと言い訳しますが、さすがに切れる女生徒。(当たり前か)
Jigoku21093 Jigoku21096 Jigoku21097  

 

 

 

一方、女3人は更に結束を固めています。
Jigoku21098 Jigoku21099 Jigoku210101  

 

 

 

 
戻ってきたダメ男にちょっかいを出すきくり。
Jigoku210102 Jigoku210105 Jigoku210106  

 

 

 

おいおい、空に飛んで行っちゃったよ。
Jigoku210107 Jigoku210108 Jigoku210109  

 

 

 

外の騒ぎに女達が気付きます。
Jigoku210111 Jigoku210113 Jigoku210115  

 

 

 

Jigoku210118 Jigoku210119 Jigoku210114  

 

 

 

ダメ男の提案で、旅行に行く事になります。
Jigoku210120  

 

 

 

レンタカーで目指すは、九州(?)です。
そう、ダメ男の実家があるようですが・・・。
Jigoku210121 Jigoku210122 Jigoku210123  

 

 

 

そして、ダメ男が地獄流しになる原因が、足柄ならぬ手柄パーキングで起きます。

駐車しようとエスティマもどきをバックさせると、隣の86トレノもどきにぶつけてしまいます。
Jigoku210125 Jigoku210126 Jigoku210127  

 

 

 
「どうする?」「逃げろ!」って事になります。(当て逃げだ)
86トレノの右フェンダーからドアまで、無残なことになってます。
Jigoku210128 Jigoku210129  

 

 

 

そして夜・・・、着いた四ヶ岳パーキングで、ダメ男が決定的なとどめを依頼人にやってしまいます。
Jigoku210130 Jigoku21003 Jigoku21004  

 

 

 

これが冒頭の、コーヒーぶっかけシーンに繋がるわけです。
(しかも、また逃げてます・・・。これがなければ、依頼人も糸を引かなかったでしょう)
Jigoku21007 Jigoku21008 Jigoku21010  

 

 

 

Jigoku21011 Jigoku21012 Jigoku21014  

 

 

 

「ゆるせねえ」って事で、あい様と契約。
Jigoku210136 Jigoku210138 Jigoku210149  

 

 

 

Jigoku210150 Jigoku210151  

 

 

 

コーヒーをかけて、逃げていくダメ男に、遂に糸が解かれます。
Jigoku210152 Jigoku210153 Jigoku210154  

 

 

 

「すまないねぇ」と骨女。
これも仕事ですから。
Jigoku210140 Jigoku210141 Jigoku210142  

 

 

 

やっぱり映画監督志望だけに、最後はあい様の許可で、お仕置き映画を自分で監督する事になります。
Jigoku210155 Jigoku210156 Jigoku210162  

 

 

 

映画会社は『地獄映像』って、何ですかこれ?
Jigoku210145 Jigoku210146 Jigoku210148  

 

 

 

メガホンを握るダメ男。
カメラは輪入道。
Jigoku210158 Jigoku210157  

 

 

 

火責め(タワーリングインフェルノ風)、水責め(タイタニック風)、そして最後はミュージカル風。
Jigoku210159 Jigoku210161 Jigoku210165  

 

 

 

Jigoku210166 Jigoku210169 Jigoku210170  

 

 

 

Jigoku210172 Jigoku210173 Jigoku210174  

 

 

 

Jigoku210176 Jigoku210178 Jigoku210180  

 

 

 

何故か最後は、モノクロ映像であい様登場。
しかも無声です。
Jigoku210181 Jigoku210182 Jigoku210183  

 

 

 

Jigoku210188 Jigoku210189 Jigoku210190  

 

 

 

 
Jigoku210191 Jigoku210192 Jigoku210193  

 

 

 

「もう一人居なかったっけ」って言ってるって事は、骨女との記憶を操作して消す事が出来るの?
Jigoku210195 Jigoku210196

| | コメント (0) | トラックバック (3)

地獄少女・二籠 第9話「あにいもうと」

Jigoku20900 地獄少女・二籠 第9話「あにいもうと」の感想です。

 

 

 

今回は、のっけから先が見えてしまったようなサブタイトル「あにいもうと」です。

美少女「真帆」とその兄でモデルの美形「幹夫」と来れば、当然兄妹の憎愛劇になるのは想像付きます。
Jigoku20908 Jigoku20907  

 

 

 

 
一目連が真帆の為(?)によく動いてくれます。

過去に何かあるのでしょうか?

笑ったのは、幹夫の動向調査中に鏡に向かって「俺ほどじゃないけどな」って、一人悦に入っているところ。
かなりナルシストです。
Jigoku20909 Jigoku20911  

 

 

 

更にそこを輪入道に見られてギクリ。
輪入道「何やってんだよ」
一目連「何でいるんだよ、場違いすぎるぞ」
Jigoku20912  

 

 

 

ジャージ姿の清掃員ってのが、また輪入道にマッチし過ぎです。

 

あい様ときくりの会話です。
「大好きなものだから壊したくなる」
「ふーん」
これは何かの暗示でしょうか?
Jigoku20915 Jigoku20916 Jigoku20917  

 

 

 

そして終盤、やっぱりこんな展開に・・・。
Jigoku20920 Jigoku20922 Jigoku20923  

 

 

 

 
地上波でも放送してるし、これ以上の絡みはありませんでした。
Jigoku20926 Jigoku20928 Jigoku20929  

 

 

 

 

悲しい事に幹夫は真帆に地獄に流されて、ホッとしていました。
あれ以上深入りしないで済んだしね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

2006年、最後の1枚・・・多分

Db437  

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとーに久し振りの1枚です。

でも「ドラゴンボールZスーパークリアカード」を買うのも、今年はこれで終わりだろーな。

 
袋を見ると、『超総集編』ってなってます。

Dbssosyuhenpac  

 

 

 

 

 

 

 

 
「カードを集めて戦いの記憶を呼びおこせ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

ケロロ軍曹 第138話

Kero13800 ケロロ軍曹 第138話「ケロロ ケロロショーであります」

 

  

  

今週は夏美ヴァイパーで決まりです。
Kero13899  

 

 

 

 

 
 

先週侵略者としての自覚に目覚めたケロロ達。

久し振りの「侵略会議」をしますが、会議は空回り。
Kero13804 Kero13805  

 

 

 

クルルに夏美の温泉盗撮写真を見せられ、更に「最初に戦うのは夏美」と言われて、赤面・困惑の体のギロロ。
(これじゃ戦えません)
Kero13806 Kero13807  

 

 

 

 
モアとタママのせいで、全員撃沈です。
Kero13808 Kero13809 Kero13813  

 

 

 

 

しかし、この作戦って、まんまケロロ軍曹ですが・・・。

『ケロロ小隊』で売り出しです。
Kero13814 Kero13815  

 

 

 

ポスター見て、バカにしている子供達。

どう見ても。「カツ」と「レツ」です。キッカはどこに?
Kero13816  

 

 

 

 

 

ケロロプロって、言っても中は以前のハンバーガーショップ。
皆で内職の(?)マスコット作り。
Kero13817 Kero13821 Kero13818  

 

 

 

 

明日のショーに使う着ぐるみをタママが持ってきましたが、予算をケチったので未着色・・・。
Kero13822 Kero13824 Kero13825  

 

 

 

 
揉めるギロロとケロロですが、作戦成功の効果をケロロに説明されます。
Kero13826 Kero13827 Kero13828  

 

 

 

 

Kero13829 Kero13831 Kero13832  

 

 

 

 

「侵略者なのに人気者になれる!」そうです。(ホントか?)
Kero13833  

 

 

 

 

夏美と密会デートに心を動かされるギロロ。
(妄想全開、侵略はどうでもいいのか?)
Kero13834 Kero13835 Kero13836  

 

 

 

 

「すぐに、色を塗れ」とギロロ。
(だから侵略は?)
Kero13838  

  

 

 

 
そこへ今度は脚本家ドロロがやってきますが、自分の着ぐるみが無い事をケロロから知らされます。
Kero13839 Kero13840 Kero13841  

 

 

 

 

ショックでドロロ失踪。

しかも残された脚本には「主演ドロロ」の文字が・・・。
Kero13842 Kero13843 Kero13844

  

 

 

 

そして当日、客の入りは、さっぱり。
(司会のお姉さんは、やっぱりモアちゃん)
Kero13846 Kero13849 Kero13850

  

 

 

 
 
舞台裏では着ぐるみに問題が・・・。
Kero13852 Kero13853 Kero13854  

 

 

 

 

塗ったタママだけ綺麗な仕上がり、ケロロとギロロは酷いものです。
Kero13855 Kero13856

 

 

 

 

 

始まったショーは、失笑をかうようなレベル。
Kero13858 Kero13859 Kero13863  

 

 

 

 

タママだけ、カワイさで抜け駆けを試みますが、ヴァイパーからの太い矢文(?)でぶっつぶれます。
Kero13866 Kero13865 Kero13867  

 

 

 

 
Kero13868 Kero13869 Kero13870  

 

 

 

 

宿敵ヴァイパーは来なかったけど、夏美襲来。(ある意味もっともヤバイ)
Kero13872 Kero13874 Kero13875  

 

 

 

 

クルルの用意していた仕掛で、夏美ヴァイパーに変身です。
Kero13877 Kero13880 Kero13881  

 

 

 

 

コブラ・・・、もといヴァイパーばりに腕のサイコガンで夏美が撃ちまくり、ケロロショーはめちゃくちゃに。
Kero13882 Kero13886 Kero13887  

 

 

 

 

これが意外な事にも、子供達に大うけです。
Kero13888 Kero13890 Kero13891  

 

 

 

 

Kero13892 Kero13893  

 

 

 

 
ショーが終わったあと、夏美ヴァイパーごっこが大流行。
Kero13894 Kero13895 Kero13896  

 

 

 

 

夏美も子供達に見つからないように、変装する始末です。

そして懲りないケロロにトドメの一撃。
Kero13897 Kero13898

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »