« ケロロ軍曹 第159話 | トップページ | ケロロ軍曹 第160話「桃華 最強の母の日 であります」 »

2007年5月23日 (水)

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話 「血染めのユフィ」

Code22000 コードギアス反逆のルルーシュ 第22話「血染めのユフィ」の感想です。

 

 

 

 

 
冒頭、イレブンに当り散らす貴族達をギアスで撃退するルルーシュ。 
Code22018 Code22024 Code22025  

 

 

 

 

 
 
しかしルルの体に異変が・・・、貴族にギアスを使おうとした瞬間、左目に痛みが走ります。

これが最悪のシナリオへの前振り? 
Code22026 Code22027 Code22028  

 

 

 

 

 

行政特区日本の開設式典が始まろうとしています。 
Code22035 Code22036 Code22038 

 

 

 

 

 

大方の予想に反して、現れるゼロ。 
Code22041 Code22042 Code22045 

 

 

 

 

 
 
ユフィと二人だけで話し合いがしたいと申し出るゼロ。

スザクは反対しますが、ユフィの言葉に渋々従います。 
Code22048 Code22050 Code22051  

 

 

 

 

 
 

ギアスを使ってユフィに自分自身を撃たせようとするゼロ。
Code22055 Code22057 Code22058 

 

 

 

 

 
 
 
外で待つスザクとC.C.にも異変が起きていました。 
Code22063 Code22064 Code22067  

 

 

 

 

 
 

C.C.の異変はルルと関係ありそうですが、スザクは何なのか分かりません。 
Code22075 Code22082 Code22078  

 

 

 

 

 

 
皇位継承権を捨てたと言うユフィに、ルルも負けました。

一緒にやっていこうと握手をする二人。

しかしギアスのことを説明しようと、例えに「日本人を殺せ」と話したのが、ユフィにギアスを掛けることになってしまいました。 
Code22099 Code22101 Code22103 

 

 

 

 

 

 
ギアス能力をOFFできなくなっていることに気づいたルル。

しかし時すでに遅し。ユフィはニードルガンを手に会場へ向かいます。 
Code22105 Code22108 Code22110 

 

 

 

 

 
 

そして会場で日本人に自殺を求めますが、無理と悟るやニードルガンで最前列の日本人を射殺します。 
Code22128 Code22126 Code22129  

 

 

 

 

  

 
制止しようとするダールトンをも撃ち、兵士たちに日本人虐殺を命じるユフィ。 

Code22131 Code22133 Code22134  

 

 

 

 

 

 

自らも銃を取り撃ちまくるユフィ。

途中までのうまく行きかかっていた展開と裏腹に、この惨状は何だ!?

さすがにこの血まみれ状態は土曜6時の時間帯では無理?
深夜アニメだからこそ、しかもブラックなコードギアスだからなおさら・・・。 
Code22136 Code22147 Code22144  

 

 

 

 

 

ここでまたまた伏線発生です。

負傷したダールトンに出会ったゼロ。

ギアスをかける場面はありませんでしたが、絶対やってます。何か。 

Code22154 Code22156 Code22157 

 

 

 

 

 
 

行政特区日本は罠だった!

ゼロの言葉に黒の騎士団の攻撃が始まろうとしています。 
Code22188 Code22189 Code22190 

 

 

 

 

 
 
Code22191 Code22192 Code22187  

 

 

 

 

 

 
「ユフィを見つけ出して殺せ!」

そう命じるルルの、ギアスを止められなくなった左目にユフィを想ってか、自身の能力を後悔してか、涙が光ります。 

Code22193    

|

« ケロロ軍曹 第159話 | トップページ | ケロロ軍曹 第160話「桃華 最強の母の日 であります」 »

UC1.コードギアス反逆のルルーシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話 「血染めのユフィ」:

« ケロロ軍曹 第159話 | トップページ | ケロロ軍曹 第160話「桃華 最強の母の日 であります」 »