« ケロロ軍曹 第154話「さらばケロロ軍曹であります」 | トップページ | 地獄少女・二籠 第25話「彷徨」 »

2007年5月 8日 (火)

地獄少女・二籠 第24話「連鎖」

Jigoku224000 地獄少女・二籠 第24話「連鎖」の感想です。

 

 

 

 

前回のラストで、目の前で人が消えるのを目撃した飯合刑事。
Jigoku224001 Jigoku224004  

 

 

 

 

隣の刑事課長は、飯合に「見なかった事に出来ないか」と、別の意味で困っています。(見守る、あい様・・・)
Jigoku224005 Jigoku224006  

 

 

 

 

そして、ラブリーヒルズの人たちの間で、次々と地獄流しが起きていきます。
Jigoku224012 Jigoku224013 Jigoku224014  

 

 

 

 

特に、拓真と目が合ったり、何か粗相をしてしまったりした人は、自分が地獄に流される前に他人を流そうとするので、正に地獄の連鎖状態です。
Jigoku224041 Jigoku224044 Jigoku224045  

 

 

 

 

Jigoku224052 Jigoku224054 Jigoku224059  

 

 

 

 

Jigoku224060 Jigoku224063 Jigoku224064

 

 

 

 

 

一方、夕暮れの里にある、あい様の家に来てしまった蛍は、暢気にも電話を借りようと上がりこみ、おばあさんの姿を見てしまいます。
Jigoku224023 Jigoku224024 Jigoku224026

 

 

 

 

この驚きようは、只事じゃありません。
Jigoku224031 Jigoku224033 Jigoku224035  

 

 

 

 

よっぽどスゴイ姿なのでしょう。(只の骸骨、ミイラ化した姿ってこともあるか?)

 

捜査会議の資料には妹の蛍も載っています。
Jigoku224085 Jigoku224086 Jigoku224091

 

 

 

 

飯合刑事はその中の「地獄通信」の文字に注目します。

只の都市伝説なのか?

一応、関連図書を図書館で借りる飯合です。(いい勘してます)
Jigoku224118 Jigoku224121 Jigoku224122  

 

 

 

 

その間にも、町の人は次々と消えていきます。
Jigoku224099 Jigoku224100 Jigoku224102  

 

 

 

 

遂に刑事課長までが記者の目前で消えました。
Jigoku224103 Jigoku224106 Jigoku224107  

 

 

 

 

飯合刑事は、あの柴田一が自費出版した「真実の地獄少女」を読み進めます。
Jigoku224136 Jigoku224150 Jigoku224166

 

 

 

 

あら懐かしや。
執筆中の後姿は、はじめちゃんではありませんか。
Jigoku224161 Jigoku224162  

 

 

 

 

その内容にあわせるかのように、蛍はキクリの案内で地獄少女の仕事っぷりを見ることになります。
Jigoku224132 Jigoku224143 Jigoku224144  

 

 

 

 
 
Jigoku224156 Jigoku224159 Jigoku224172  

 

 

 

 

飯合刑事が調べると、柴田一は行方不明(もしや地獄流しに・・・)との事。
Jigoku224173 Jigoku224174

 

 

 

 

そこへ、つぐみが現われます。(中学生くらいになった?)
Jigoku224175 Jigoku224180 Jigoku224181

 

 

 

 

「はじめちゃんは、あなたに伝えたかったのかもしれない」と、言葉を残して、つぐみは立ち去ります。
Jigoku224178Jigoku224182  

 

 

 

彼女の後を追おうとしますが、果たせない飯合刑事。
Jigoku224183_1 Jigoku224184 Jigoku224185

 

 

 

 

「遊ぼう」と、つぐみに声を掛けるキクリ。
Jigoku224189 Jigoku224191 Jigoku224192

 

 

 

 

やっぱりキクリがつぐみを連れてきたのか?(こんなに干渉していいのかね)
Jigoku224194 Jigoku224195  

 

 

 

 

色々と地獄少女について勉強した飯合刑事は、確証を得るために拓真少年に地獄マークがあるか、訪ねて確認します。
Jigoku224196 Jigoku224199 Jigoku224200  

 

 

 

 

襟元を見せる拓真。
Jigoku224203  

 

 

 
 

当然何もありません。

真相を知った飯合刑事を、自警団の面々が袋叩きにします。(自警団の人達って、仕事とかしてないのかね?)
Jigoku224207 Jigoku224211 Jigoku224215

 

 

 

 

あい様に地獄流しを止める様に説得する蛍ですが、「私が決める事じゃない」とあっさり言われます。
Jigoku224202 Jigoku224222 Jigoku224223

 

 

 

 

 
そして、気が付くとラブリーヒルズ近くの河原に戻っていました。(拓真の家から出発したんだから、元に戻しても良さそうだけど・・・、こんな遠くにしなくても)
Jigoku224224 Jigoku224225

 

 

 

 

一方、拓真少年は飯合刑事を助ける事も出来ずに絶望するだけ。
Jigoku224226  

 

 

 

 

そんな彼を見つめる、あい様は何を思っているのか。
Jigoku224228

|

« ケロロ軍曹 第154話「さらばケロロ軍曹であります」 | トップページ | 地獄少女・二籠 第25話「彷徨」 »

U02.地獄少女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113330/14972146

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女・二籠 第24話「連鎖」:

« ケロロ軍曹 第154話「さらばケロロ軍曹であります」 | トップページ | 地獄少女・二籠 第25話「彷徨」 »