« ケロロ軍曹 第157話「プルル 看護長におまかせ!であります」 | トップページ | ケロロ軍曹 第159話 »

2007年5月18日 (金)

地獄少女・二籠 第26話「あいぞめ」

Jigoku226000 地獄少女・二籠 第26話「あいぞめ」の感想です。

 

 

 

 
拓真の制止も空しく、蛍は地獄通信にアクセスし、拓真の名前を送信してしまいます。
Jigoku226001 Jigoku226002 Jigoku226003  

 

 

 

 
あい様のもとへ蛍は瞬時に移動。
Jigoku226005 Jigoku226006 Jigoku226008  

 

 

 

 

何故かターゲットの拓真も一緒。

 
「その子のせいなの?」問いかける、あい様。
Jigoku226011  

 

 

 

「この子が居なくなれば恨みの連鎖が止まる」言い切る蛍です。(前は助けようとしていたのに・・・)
Jigoku226013 

 

 

 

 
あい様の脳裏を400年前の出来事がよぎります。
Jigoku226007 Jigoku226009  

 

 

 

 
一目連が藁人形になり、蛍へ手渡されました。
Jigoku226014 Jigoku226016 Jigoku226017  

 

 

 

 

説明を途中で遮り、すぐにも糸を解こうとする蛍です。
Jigoku226018 Jigoku226019 Jigoku226020  

 

 

 

 

「恨み、聞き届けたり」一目連がラストコールを告げます。
Jigoku226021 Jigoku226022 Jigoku226023 

 

 

 

 

地獄流しの舟の上で泣きじゃくる拓真。
Jigoku226028 Jigoku226029  

 

 

 

 

無邪気にも(?)飴を拓真に勧めるキクリ。
Jigoku226027 Jigoku226030 Jigoku226031  

 

 

 

「やめなさい・・・」あい様の言葉に、キクリは飴を引っ込めます。
Jigoku226032 Jigoku226033  

 

 

 

 

「可哀想にね。何にもしていないのに。前にもこんなことあったよね」と、キクリ。
Jigoku226034  

 

 

 

 

何でキクリが昔のことを知っている?
地獄の仕置き人は、知ってて当たり前なのか?

あい様、再びフラッシュバックです。
Jigoku226035 Jigoku226036 Jigoku226037  

 

 

 

 

艪を漕ぐあい様の手が止まります。
Jigoku226038  

 

 

 

 

キクリが見たものとは?
Jigoku226039  

 

 

 

 
拓真の後を追うと言う蛍です。
Jigoku226040  

 

 

  

 

あい様と拓真を心配する三藁です。
Jigoku226042  

 

 

 

 
事故って放置された、飯合刑事の車内に光が。
Jigoku226043  

 

 

 

光と共に戻ってきたのはキクリでした。
彼女が言うには、あい様は拓真を地獄に流さず、現世に戻してしまったと・・・。
Jigoku226046  

 

 

 

 

現世に戻った拓真。
Jigoku226048  

 

 

 

その近くには、あい様が倒れています。
「私はいいから、早く・・・」と、あい様が指差す方向には何があるのか。
Jigoku226050 Jigoku226054 Jigoku226054_1  

 

 

 

 
極寒の川原で飯合刑事のブリーフケースを見つけ、蛍の行方を察知した拓真。
どうやら入水自殺?
Jigoku226055  

 

 

 

 

三藁たちはキクリを吊るし上げてあい様と拓真の動向を聞き出します。
「あいは舟を戻しちゃったよ」キクリの言葉に、愕然とする三人。
Jigoku226058 Jigoku226059 Jigoku226060

 

 

 

 

 
「お嬢は、どうなったんだ」詰め寄る三藁に、「知らない」と言い張るキクリ。
Jigoku226061  

 

 

 

 

その時キクリの額が割れて、アノ目が現れます。(あい様を見張っていた蜘蛛と一緒)
Jigoku226064 Jigoku226065 Jigoku226066  

 

 

 

 

地獄のお偉いさん(輪入道曰く)は、あい様に寛容な処置を取るつもりは無いみたいです。
「あいを見守ってやれ」この言葉の意味は?
Jigoku226067 Jigoku226068  

 

 

 

 

思わず殴りかかる一目連もキクリの額の目のフラッシュを浴びて、地上に叩きつけられます。
Jigoku226070 Jigoku226074 Jigoku226075  

 

 

 

 

Jigoku226076 Jigoku226078 Jigoku226080  

 

 

 

 

やっぱり、蜘蛛でした。
Jigoku226082  

 

 

 

 

倒れている蛍を見つけた拓真。
Jigoku226083  

 

 

 

 

「やめなさい」と言う、あい様の言葉も届かず、拓真も遂に怒りに身を任せてしまいます。

拓真の後をフラフラと追いかけるあい様。(一気に400年分の負担が、あい様の体に・・・)
今までの特殊な力も無くなったのでしょう。
Jigoku226085 Jigoku226086 Jigoku226088  

 

 

 

 
そこへ三藁が追いつきますが、あい様には三藁の記憶が無くなってしまったようです。
Jigoku226090 Jigoku226091
 

 

 

 

自警団メンバーの一人蓮江の自宅に、灯油(ガソリン?)を撒いて燃やそうとする拓真。
全てにけりをつけるべく、こんな事をするのでしょうか?
Jigoku226095 Jigoku226096  

 

 

 

 

しつこく追ってきた極悪自警団の前で、拓真は火をつけます。
Jigoku226093 Jigoku226099 Jigoku226103  

 

 

 

 

逆上する自警団。(怖すぎです)
危うし拓真。
Jigoku226104 Jigoku226105 Jigoku226106  

 

 

 

 

これでは400年前のあい様と同じ目に・・・。
Jigoku226107  

 

 

 

 
そこへ、あい様が追いつきました。
「やめなさい。この子を殺してはいけない」
Jigoku226108 Jigoku226110  

 

 

 

 
あい様を見守る三藁たち。(何もしてあげられないのが辛い)
Jigoku226111 Jigoku226113 Jigoku226114  

 

 

 

 

地獄少女の出現で一時的に固まった自警団を尻目に、立ち去るあい様と拓真。
Jigoku226116  

 

 

 

 
しかし、一人の男が耐え切れずにあい様をスコップで殴打します。(400年たって、またもや・・・)
Jigoku226120 Jigoku226122 Jigoku226125  

 

 

 

過去とオーバーラップするシーンです。
Jigoku226118 Jigoku226121 Jigoku226123  

 

 

 

 

倒れるあい様を、自警団が滅多打ちです。
Jigoku226124_1 Jigoku226127_1 Jigoku226129_1  

 

 

 

 
Jigoku226132 Jigoku226134 Jigoku226135  

 

 

 

 

「バカやろう。見るんだ!」輪入道の言葉ですが、正視に耐えません・・・。
Jigoku226133 Jigoku226136Jigoku226137  

 

 

 

 

「やめて・・・、やめてー!」拓真の叫びに我に返る自警団です。
Jigoku226139 Jigoku226140 Jigoku226141  

 

 

 

 

「これで・・・、終わりね・・・、これで・・・」あい様が身を挺して、今回の連鎖を止めたのでした。
Jigoku226143 Jigoku226144 Jigoku226145  

 

 

 

 

Jigoku226146 Jigoku226148 Jigoku226149

  

 

 

 

 
キクリの瞳から涙が・・・。
(これはキクリの、それとも地獄のお偉いさんの涙?な訳ないか)
Jigoku226151 Jigoku226152  

 

 

 

 

そして、地獄へ流されるあい様。(無人運行になっちゃいました)
Jigoku226154 Jigoku226155  

 

 

 

 

解放されて(?)地獄へ向かうあい様の両親達の魂でしょうか?
Jigoku226158 Jigoku226159 Jigoku226160  

 

 

 

 

これがあい様でしょうか。
Jigoku226165 Jigoku226166  

 

 

 

 

「おつかれさま。あい」キクリが、らしくない言葉をかけます。(これが本来のキクリ?)
Jigoku226164

 

 

 

 

今回の事件は新興住宅地で起きた、集団狂気事件として片付けられました。

そしてラブリーヒルズはすっかり寂れてしまいました。
Jigoku226168 Jigoku226169 Jigoku226171  

 

 

 
 

あい様の家に戻ってきた三藁に、おばあさんがあい様の言付けを伝えます。「ありがとう」と・・・。
Jigoku226176 Jigoku226178 Jigoku226179  

 

 

 

 
渋谷の街角に現れた三藁。
Jigoku226182 Jigoku226184  

 

 

 

 

「ありがとう・・・か、」「らしくもないね」「まったくだ」
Jigoku226187  

 

 

 

それぞれの道に散っていく三藁です。(もう三人揃うことも無いのでしょう)
Jigoku226190 Jigoku226191 Jigoku226192  

 

 

 

 

その前をお母さん(?)に手を引かれたキクリが笑いながら通り過ぎたようですが・・・。地獄の仕事でしょうか?
Jigoku226186 Jigoku226193  

 

 

 

 

拓真の容疑も晴れ、お父さんの意識も戻りました。
Jigoku226195 Jigoku226201  

 

 

 

 
そして見舞いに向かう、同じ病院には蛍が入院していました。
生きていたのですね。
すべて、あい様のお陰です。
Jigoku226205 Jigoku226210 Jigoku226211  

 

 

 

 

病院の廊下で拓真達とすれ違った女子高生の携帯画面に、「受け取りました。地獄少女」の文字が・・・。
Jigoku226214 Jigoku226215 Jigoku226217  

 

 

 

 

これって、実写版・地獄少女の依頼受付メールと同じです。
Jigokuji0203_1  

 

 

 

 

 

これでアニメ地獄少女シリーズは終わりなのか?

それとも実写版に引き継がれると言う意味なのか?

 
最終回から1ヶ月以上たちますが、続編等の公式な発表がないのが残念です。

|

« ケロロ軍曹 第157話「プルル 看護長におまかせ!であります」 | トップページ | ケロロ軍曹 第159話 »

U02.地獄少女」カテゴリの記事

コメント

どちらも「受け取りました。」の場面で終わったからもしかするとアニメ3部作の完結編で有るの地獄少女 三こもりで完結しドラマ版でもアニメ版と同じ3部作だとすればドラマ版の地獄少女 ニこもりも作るかもしれませんしね。

投稿: しょう | 2007年6月 6日 (水) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113330/15116804

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女・二籠 第26話「あいぞめ」:

« ケロロ軍曹 第157話「プルル 看護長におまかせ!であります」 | トップページ | ケロロ軍曹 第159話 »