« 機動戦士ガンダム00 第3話「変わる世界」 | トップページ | 超時空要塞マクロス 第4話「リン・ミンメイ」 »

2007年10月22日 (月)

超時空要塞マクロス 第3話「スペースフォールド」

Mac03000 超時空要塞マクロス 第3話「スペース・フォールド」の感想です。

 

 

 

 
何とかリガードを撃破したものの、中から現れた巨人(初めて見る輝には、ゼントラーディーは正に巨人としか言いよう無いですよね)が迫ります。
Mac03033 Mac03034 Mac03035  

 

 

 

 

死してなおガウォークの足を掴んだままのゼントラーディー兵士。

これじゃ脱出できません。 
Mac03009 Mac03010 Mac03011  

 

 

 

 
 
やっぱり来てくれた先輩。

そしてこれも一回限りの機能?

前回のマニピュレーターによる修理に続いて、今度はコックピット分離作業。

さらにガンポッドの代わりに腕に取り付けて回収です。
Mac03013 Mac03014 Mac03016 

 

 

 

 

フォッカー少佐自慢げに「便利だろー」って言ってる場合じゃありません。

リガードの追撃を振り切って大気圏外へ上昇中のマクロスを追います。 
Mac03018 Mac03017 Mac03020  

 

 

 

 

 
輝が未沙に爆弾発言「誰このオバサン」

これで後々は、この二人がくっつくとは誰も想像できません。
Mac03022 Mac03029 Mac03030  

 

 

 

 

 
マクロスと合流すべく接近するアームド1・2ですが、ここでブリタイの艦隊から砲撃を受け他の艦共々完全に撃破されてしまいます。
Mac03038 Mac03041 Mac03045  

 

 

 

 

 
南アタリア島に着陸すると見せかけてフォールド航法で月の裏側へ逃げようとするマクロス。

見慣れた光景にミンメイと輝はマクロスから脱出することにしますが、そのときマクロスがフォールドに入ります。
Mac03049 Mac03050 Mac03052  

 

 

 

 

 
予想外だったのでしょう。

南アタリア島を含む空間ごとフォールドしてしまうマクロス。
Mac03056 Mac03057 Mac03061  

 

 

 

 

南アタリア島のあった場所には真空の宇宙が現れ、あっという間に波が押し寄せます。

ブリタイも地表付近でのフォールドに驚いた様子。

Mac03063 Mac03064 Mac03065  

 

 

 

 

 
冥王星軌道付近に現れたマクロスです。

海上はあっという間に凍りつき、ダイダロスもプロメテウスも凍結状態に・・・。 
Mac03067 Mac03068 Mac03069 

 

 

 

 
 
機体に穴が開いてエア漏れしていることに気がつき、輝もさすがに慌てます。

ブースターを使って何とかマクロスへ近づきます。
Mac03080 Mac03081 Mac03082  

 

 

 

 

 
運良く撃破されたリガードによって艦体に穴が開きます。

そこへ間一髪飛び込む輝。
Mac03086 Mac03087 Mac03090  

 

 

 

 

しかしそこは誰も気がつかないであろう、広大な閉鎖区画でした。
(次週はミンメイと輝のサバイバル。流されて、みたいな) 
Mac03094 Mac03096 Mac03097  

 

 

 

 

冥王星付近にフォールドアウトしたことに未沙達は騒ぎますが、グローバル艦長は「もう一度フォールドすればいい」と余裕をかまします。

しかしフォールドエンジン消失(やっぱり試運転無しだったし、南アタリア島という膨大な質量が原因か?)の事態に、おもわず出た言葉が「長い旅になりそうだ」って。そりゃそうでしょう。 
Mac03100 Mac03103 Mac03105

|

« 機動戦士ガンダム00 第3話「変わる世界」 | トップページ | 超時空要塞マクロス 第4話「リン・ミンメイ」 »

TM1.超時空要塞マクロス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超時空要塞マクロス 第3話「スペースフォールド」:

« 機動戦士ガンダム00 第3話「変わる世界」 | トップページ | 超時空要塞マクロス 第4話「リン・ミンメイ」 »