« 機動戦士ガンダム00 第20話「変革の刃」 | トップページ | NHK アニ・クリ15「プロジェクトΩ(オメガ)」 »

2008年2月24日 (日)

不定期 Zの感想 第7話「サイド1の脱出」

Zg07000 機動戦士Zガンダム 第7話「サイド1の脱出」の感想です。

 

 

 

 

ライラ・ミラ・ライラ。
ライラ姉さんは本来なら最終局面まで出ていてもおかしくない、敵側の準主役級キャラのはずでした。
(姉御肌だし。・・・何で消しちゃったの?) 
Zg07003 

 

 

 

 

 

ネチネチうるさいジャマイカンから、ジェリドを庇った形のライラ。
これで和解出来る? 
Zg07004 Zg07005 Zg07006  

 

 

 

 
何故かテーブルにリンゴ。
エゥーゴって雰囲気が家庭的というか、やはり上層部がそうさせるのか。
ヘンケンなんて海賊船の船長みたいです。
Zg07008 Zg07009 Zg07010  

 

 

 

 
寝返ったばかりのエマを同席させ、しかもリンゴの皮むき用とはいえブレックス准将の前でナイフを持たせる。
ホント、エゥーゴは大らかです。
Zg07013 Zg07015 Zg07016  

 

 

 

お馴染みガンダムのシャワータイム。
(80年代は良かった・・・。土曜の5時台で丸見え状態です。今じゃ深夜アニメでもちょっとね・・・)

そう今日が最後のライラ姐さんです。
(「ライラの冒険・黄金の裸身版」って・・・)
Zg070252  

 

 

 

 

 

 

 

 

 
シャワー中にうるさいやつが来ました。
バスタオル一枚でドアへ向かうライラ。
Zg07030 Zg07031 Zg07033  

 

 

 

 
ライラの姿に驚くジェリド。(普通はここで出直すけど・・・)
Zg07034 Zg07035 Zg07036  

 

 

 

 
一応視線を外すジェリド。
でもライラに、さっきの庇った件を問いただすジェリド。(プライド高い男だ)
Zg07037 Zg07039 Zg07042  

 

 

 

 
いい表情です。
Zg07044 Zg07045  

 

 

 

 

 
「こっちを向くんじゃないよ!」
Zg07047 Zg07048 

 

 

 

 

 
ティターンズ所属ではないのに、ガルバルディの修理をしてもらったことに対して、一応の恩義を見せるライラ。
それなのに「戦闘を好むタイプ」とジャマイカンに言われ、顔をゆがませるライラ。
Zg07051 Zg07053 Zg07054  

 

 

 

 
ジェリドとライラは和解。
飲みに誘うジェリド。
Zg07055 Zg07056 Zg07057  

 

 

 

「いい男になるんだな」って、あんたは女版シャアみたいなセリフ。 
Zg07058 Zg07060 Zg07061  

 

 

 

 
ライラ姉さん、ジェリドがかわいいのでしょうね。
Zg07062 Zg07063 Zg07064  

 

 

 

 
ヘンケン艦長、エマのこと思い出して一人にやにや。
ホントに惚れっぽい人です。
隣のブレックス准将も苦笑い。
Zg07066 Zg07068 Zg07070  

 

 

 

 
エマと一緒でも照れ笑いのヘンケン。
Zg07073 Zg07075 Zg07076  

 

 

 

 
エマに見てもらいたいものがあると言う。
Zg07077 Zg07078 Zg07079  

 

 

 

 
サイド1の30番地はティターンズによって毒ガス攻撃を受けていました。(もう内部は安全なの?)
これがエマとカミーユに見せたかったもの。
ティターンズの非道さを・・・。 
Zg07081 Zg07083 Zg07086  

 

 

 

 
ライラ達もサイド1にやってきました。
Zg07090 Zg07091 Zg07092 

 

 

 

 
風で転がるミイラに、ライラは何を思う?
Zg07093 Zg07094 Zg07096  

 

 

 

 
街の中はミイラだらけ。
Zg07097 Zg07098 Zg07100  

 

 

 

 
カミーユに飛んできたミイラが当たりそうになり、ライラは思わず「危ない」と警告を発します。
こういうところが、ライラ姉さんの良いところ。
Zg07101 Zg07102 Zg07103  

 

 

 

 

結局カミーユを人質にとりますが、少年なのでエウーゴの兵士かどうか確信が持てません。
しかも腕に付けたティターンズのワッペンを見たカミーユに、ティターンズと思われ、心外のようです。 
Zg07104 Zg07106 Zg07112  

 

 

 

 
クワトロとエマの話からティターンズが毒ガスを撒いたと聞き、ライラは動揺します。

結局カミーユを解放して、逃走です。
Zg07111 Zg07114 Zg07115  

 

 

 
 
 
出来ればエゥーゴに寝返ってほしかった、ライラの姉さん。
Zg07116_2 Zg07117 Zg07118  

 

 

 

 
アーガマにもどったカミーユはマークⅡで出撃です。
Zg07121 Zg07122 Zg07124  

 

 

 

  
ライラと交戦状態に入るカミーユ。
Zg07125 Zg07126 Zg07127  

 

 

 

 
相手がさっきの少年だと知り、さらに動揺するライラ姐さん。
「私は正規のパイロットだ、あんな子供に負けられない」・・・と。
Zg07129 Zg07131 Zg07132 

 

 

 

 
そして遼機をカミーユに撃破されます。
Zg07135_2 Zg07136 Zg07137

 

 

 

 
驚愕するライラ。 
Zg07138 Zg07139 Zg07141  

 

 

 

 

コロニーの壁面の穴に入ったカミーユを、見失ったライラ。
Zg07142 Zg07143 Zg07144  

 

 

 

 
穴の上空を通過するライラを狙撃するカミーユ。
Zg07145 Zg07146 Zg07148  

 

 

 

 
跳ね飛ばされるライラのガルバルディ。
Zg07149 Zg07150 Zg07152  

 

  

 

 

眼前に迫るマークⅡ。
「負けるものか!あんな子供に!」と逆上してビームサーベルで切りかかるライラ。 Zg07154Zg07155
Zg07156  

 

 

 

 
サーベルをかわし、反射的にライラを撃つカミーユ。
Zg07157 Zg07158 Zg07159  

 

 

 

 
ビームは直撃。
Zg07160 Zg07162 Zg07163  

 

 

 

  

ライラはその瞬間気づきます。

「あの子は、ただものじゃない」 
Zg07164_2 Zg07165_2  

 

 

 

 

 

「これがオールドタイプと言うことか?」 
Zg07166_2  

 

 

 

 

 

 
そして、機体は爆散。
Zg07168 Zg07169 Zg07170  

 

 

 

 

ジェリドの耳にライラの声が聞こえます。「ジェリド」 
Zg07171 Zg07172  

 

 

 

 

ジャマイカンはライラを無様呼ばわり・・・。 
Zg07174 Zg07175  

 

 

 

 

 

「いい男ならね」
ライラの言葉がジェリドの頭をよぎります。
「おい、何を言おうとしたんだ」 
Zg07176 Zg07178 

 

 

 

 

 

一方、アーガマでは皆がカミーユを褒め称えます。

そしてブレックス准将は「アムロレイの再来だよ、きみは」とも言いました。

そしてエマはカミーユに、何か特別なものを感じ取ります。 
Zg07179 Zg07182 Zg07183
 

|

« 機動戦士ガンダム00 第20話「変革の刃」 | トップページ | NHK アニ・クリ15「プロジェクトΩ(オメガ)」 »

X02.機動戦士Zガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不定期 Zの感想 第7話「サイド1の脱出」:

« 機動戦士ガンダム00 第20話「変革の刃」 | トップページ | NHK アニ・クリ15「プロジェクトΩ(オメガ)」 »