« コードギアス 反逆のルルーシュR2 第1話「魔神 が 目覚める日」 | トップページ | マクロスF 第2話「ハード・チェイス」 »

2008年4月12日 (土)

軽自動車選び6 「R2なくなっちゃう?」

 トヨタ自動車とトヨタ子会社のダイハツ工業、富士重工業の3社は10日、包括的な資本・業務提携を強化すると発表した。トヨタが富士重への出資比率を現在の8.7%から16.5%に引き上げ、富士重は軽自動車の自社開発・生産から段階的に撤退し、ダイハツに移管する。トヨタとダイハツが、富士重に軽自動車と小型車をOEM(相手先ブランドによる受託生産)で供給するため、「スバル」ブランドの軽自動車は残る。トヨタは07年の世界販売台数で首位の米ゼネラル・モーターズ(GM)に約3000台差まで肉薄したが、グループ各社の連携強化で、世界首位に向けた成長を加速させる。 

 トヨタは、富士重が保有する自社株約8%を311億円で取得する。役員は派遣せず、富士重の自主性を尊重する。

 富士重は09年ごろから軽自動車の生産移管を始め、最終的に軽自動車の生産から撤退する。軽自動車の生産から撤退するのは98年7月のマツダ以来となる。移管によりダイハツの軽自動車の生産規模は年60万台規模から約74万台に拡大する見通しで、大量生産によるコスト削減や競争力の強化につなげる。

 富士重は得意のスポーツタイプの開発・生産に集中する。トヨタと小型スポーツ車を共同開発し、11年末に両社のブランドで発売する。群馬県内に共同開発するスポーツ車を生産する新工場を建設する。

 

スバル軽撤退。残念です。

Witでなく、R2を選んでも良かったかな・・・。

今後、あぁいった独特のデザインはダイハツ=トヨタからは出そうもないし。
 

すべてダイハツからOEMするってことは、R2はミラあたりになっちゃう?

ステラはムーブ、サンバーはアトレー・・・・、何か同じような車が街にあふれそう。

外観変わっても、せいぜいグリルとバッジ、やってもFバンパーのデザイン変更くらいか・・・。

|

« コードギアス 反逆のルルーシュR2 第1話「魔神 が 目覚める日」 | トップページ | マクロスF 第2話「ハード・チェイス」 »

G02.車選び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113330/40864225

この記事へのトラックバック一覧です: 軽自動車選び6 「R2なくなっちゃう?」:

« コードギアス 反逆のルルーシュR2 第1話「魔神 が 目覚める日」 | トップページ | マクロスF 第2話「ハード・チェイス」 »