« 地獄少女 三鼎 第1話「奪われた少女」 | トップページ | 地獄少女 三鼎 第3話「腐った果実」 »

2008年11月 9日 (日)

地獄少女 三鼎 第2話「籠の鳥」

Jigoku0302000 地獄少女 三鼎 第2話「籠の鳥」の感想です。

 

 

 

 
電器屋の若奥さんに憧れる中坊・・・。
なんか○ロ小説にありそうな展開です。
Jigoku0302001 Jigoku0302002 Jigoku0302003  

 

 

 

でも、この奥さんには怖ーいDV夫がいます。 
Jigoku0302004 Jigoku0302005 Jigoku0302006  

 

 

 

DV現場を目撃するアキラ。 
Jigoku0302007 Jigoku0302009 Jigoku0302010  

 

 

 

奥さんの手首をあらためるアキラ。(それにしても奥さん胸の谷間強調しすぎ!わざとか?)
そこへダンナが帰ってきた。
ぶん殴られて吹っ飛ぶアキラ。力じゃ敵いません。 
Jigoku0302011 Jigoku0302012 Jigoku0302013  

 

 

 

 
やっぱり糸を解くしかないのか。
Jigoku0302014 Jigoku0302017 Jigoku0302018  

 

 

 

 
突然うずくまるゆずき。
そして、あい様にバトンタッチ。
お仕置きと地獄流しの間は、ゆずきはどうなっているのでしょうか。(実時間はゼロ?)
Jigoku0302019 Jigoku0302020 Jigoku0302021  

 

 

 

 
電器屋のダンナだけに、お仕置きも電気仕掛け。
かつて骨女が夢見た地獄ファミリーの再現です。
お父さんは輪入道。二男が山童、次女がキクリ。
そして長男が一目連で長女があい様。
Jigoku0302022 Jigoku0302024 Jigoku0302026  

 

 

 

 
いきなりサービスシーンの骨女がお母さん。
Jigoku0302027 Jigoku0302028 Jigoku0302029  

 

 

 

 
しかしコンセントプラグ刺されて痺れますな。
Jigoku0302030 Jigoku0302031 Jigoku0302033  

 

 

 

 
翌日電器屋へアキラが行くと、奥さんは居なくなっていた。
机の上の写真は、開店当初の幸せそうな二人。
アキラには窺い知れない夫婦の絆があったのか?アキラの早とちりでダンナを地獄へ流してないか・・・。
奥さんにはあんなダンナでも必要だったみたいです。 Jigoku0302034Jigoku0302035Jigoku0302036
   

 

|

« 地獄少女 三鼎 第1話「奪われた少女」 | トップページ | 地獄少女 三鼎 第3話「腐った果実」 »

U02.地獄少女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113330/43062618

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女 三鼎 第2話「籠の鳥」:

» 地獄少女 三鼎 2話感想 『籠ノ鳥』 [とことん青春!]
名前は?北山明気持ちは分かるが…あの人は苦しんでいるんだ…出たくても出られない…!俺はもう見ていられない!少し頭を冷やしてみたらどうだい?あの人を救うんだ…! お願い地獄へ流して!はぁ…怨み聞き届けたり 【依頼者】北山明【ターゲット】山岡誠次 第2話から早くもわたなべひろしマジック炸裂!これは前作より遥かに期待できる作品になりそうです。 ◆◆新OP◆◆いきなりOPの絵柄も入り方も第1話から変化!これぞわたなべひろしマジック。 ラストの閻魔あいの表情は鳥肌ものですよ。ちなみに、絵コンテはわたな... [続きを読む]

受信: 2008年11月 9日 (日) 21時43分

« 地獄少女 三鼎 第1話「奪われた少女」 | トップページ | 地獄少女 三鼎 第3話「腐った果実」 »