« 地獄少女 三鼎 第2話「籠の鳥」 | トップページ | 帝国通信 2008年11月号 »

2008年11月 9日 (日)

地獄少女 三鼎 第3話「腐った果実」

Jigoku0303000 地獄少女 三鼎 第3話「腐った果実」の感想です。

 

 

 

何故あい様はこの街へ?
どうしてゆずきを選んだのか?
今後の展開に期待です。 
Jigoku0303001 Jigoku0303002  

 

 

 

今回のターゲットはアイドルの森山ジュン。 
Jigoku0303004 Jigoku0303005 Jigoku0303006  

 

 

 

ゆずき達のお陰で変質的なファンを撃退できました。お礼にジュンサイドから食事に招待されます。
直前に見知らぬ昌子から、封筒を渡して欲しいとたのまれます。 
Jigoku0303007 Jigoku0303003 Jigoku0303008  

 

 

 

封筒の中身はジュンのヤバそうな写真が出てきて、食事は気まずい雰囲気に・・・。 
Jigoku0303009 Jigoku0303011 Jigoku0303012  

 

 

 

 
しかしジュンはコンサート会場で昌子との因縁について話し、自ら決着をつけます。
しかし昌子は耐えきれずに藁人形の糸に手をかけます。
そしてゆずきはそれを幻視します。まるでかつての柴田つぐみのようです。
Jigoku0303013 Jigoku0303014 Jigoku0303015  

 

 

 

 
ジュンのお仕置きタイム。
それは閻魔あいの「地獄コンサート」
Jigoku0303016 Jigoku0303017 Jigoku0303018  

 

 

 

四藁+キクリの演奏(中々良いリズム。ちょっと古臭いけど・・・ぜひOSTに入れて下さい) 
Jigoku0303019 Jigoku0303020 Jigoku0303021  

 

 

 

リズムを取って歌う気満々のあい様。 
Jigoku0303022 Jigoku0303024 Jigoku0303025  

 

 

 

さあ一声!ってところで、鐘がカーン!
あらら、あい様奈落に落ちてきます。(地獄少女なだけに)
でも、あい様(能登さんの)歌を劇中で聞きたかったですね。 
Jigoku0303026 Jigoku0303027 Jigoku0303028  

 

 

  
 
お仕置きで久々に輪入道の地獄車を見ました。
もうこれに乗ってのあい様出撃シーンは無いのかな?
Jigoku0303029 Jigoku0303030 Jigoku0303031

|

« 地獄少女 三鼎 第2話「籠の鳥」 | トップページ | 帝国通信 2008年11月号 »

U02.地獄少女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113330/43063179

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女 三鼎 第3話「腐った果実」:

» 地獄少女 三鼎 第三話 「腐った果実」 [月の静寂、星の歌]
 かつて彼女と私は同じ場所にいた  彼女から受ける苦しみが、私から夢を遠ざけていった  いつしか彼女は光の中で歌っていた  そして私は闇の中で呪いを紡いでいた  彼女は才能に恵まれ、運があったのだとしても、  私にはそれらがなかったのだとしても  ....... [続きを読む]

受信: 2008年11月12日 (水) 05時30分

« 地獄少女 三鼎 第2話「籠の鳥」 | トップページ | 帝国通信 2008年11月号 »