« 地獄少女 三鼎 第4話「兄貴」 | トップページ | 地獄少女 三鼎 第6話「わたしのセンセイ」 »

2008年11月24日 (月)

地獄少女 三鼎 第5話「うつせみ」

Jigoku0305000 地獄少女 三鼎 第5話「うつせみ」の感想です。

 

 

 

 
 
今回はモンスターペアレントの話。でも親じゃなくモンスターばあちゃんです。
(つぐみらしき校医は今回出番なし・・・)
Jigoku0305001 Jigoku0305002 Jigoku0305003  

 

 

 

 
「だって、先生は先生だし。大人だから平気でしょ」って梨々香の一言が、新山先生を地獄通信に走らせた。
Jigoku0305007 Jigoku0305006 Jigoku0305005  

 

 

 

 
藁人形・・・。これで梨々香はばあさんを利用(?)することが出来なくなる。
Jigoku0305009 Jigoku0305010 Jigoku0305011  

 

 

 

 
今回はお仕置きタイムなし。何故?
本編が長かった?
いや年寄りにお仕置きだと虐待に見えるから自主規制か?
Jigoku0305012 Jigoku0305014 Jigoku0305015 

 

 

 

 
結局今回もあい様がこの町に来た理由や、ゆずきに入り込んでいる分けも展開なし。
やっぱり第8話辺りがターニングポイントでしょうか。

|

« 地獄少女 三鼎 第4話「兄貴」 | トップページ | 地獄少女 三鼎 第6話「わたしのセンセイ」 »

U02.地獄少女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113330/43214335

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女 三鼎 第5話「うつせみ」:

« 地獄少女 三鼎 第4話「兄貴」 | トップページ | 地獄少女 三鼎 第6話「わたしのセンセイ」 »