« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

鉄道むすめ 第7話「銚子電鉄 外川つくし編 ~前編~」

Tetsumusu07000 

鉄道むすめ 第7話「銚子電鉄 外川つくし編 ~前編~」の感想です。

 

 

 

 

 

070823_popup_01トミーテックから発売された、外川つくし「たい焼きVer.」のフィギュア

 

ドラマの中でも、たい焼きが出てきます。  

 

 

 

 

 

 

 

  

 
 

今度の舞台は、千葉の銚子電鉄
経営難だったのに「ぬれ煎餅」や「たい焼き」のお陰等々でみごと復活しました。 
Tetsumusu07001 Tetsumusu07002 Tetsumusu07003  

 

 

 

 
桃太郎電鉄ともタイアップしてますよね。
ラッピング電車や「しあわせ3像」の設置とか。
Goods26  

 

 

 

  

 

 

 

 
ぬれ煎餅、おいしそう。
Tetsumusu07004 Tetsumusu07005 Tetsumusu07006  

 

 

 
 

犬吠駅のホームに立つ女性駅務員。外川つくしちゃん。(かわいいです)
でも・・・、オイオイ寝てるよ。 Tetsumusu07007Tetsumusu07008 Tetsumusu07009
  

 

  

 

しかも名物たい焼きの夢見ながら。
Tetsumusu07012 Tetsumusu07014 Tetsumusu07015  

 

 

 

 
 
駅長も笑ってみてる。大らかな所です。(よその鉄道じゃクビ?)
でも時間にはしっかり起きるところが凄い。
Tetsumusu07016 Tetsumusu07017 Tetsumusu07018  

 

 

 

 
ここで酒飲み漁師のシゲさん登場。
Tetsumusu07019 Tetsumusu07020 Tetsumusu07021  

 

 

 

 
まあ初回なんでサブキャラの紹介もね。
公子さんとシゲさんが迷コンビ。
Tetsumusu07022 Tetsumusu07023 Tetsumusu07024  

 

 

 

 
駅長もシャキッとせんかい。
つくしちゃん、公子さんとシゲさんに囲まれていても居眠りしてます。
漁師なんだけど銚子電鉄支援の為に切符を買うシゲさん。エライ!
Tetsumusu07025 Tetsumusu07027 Tetsumusu07028  

 

 

 

 
たい焼き買う女子高生・・・。この後本編スタートですね。
ホームにいる白い服の女性、幽霊みたいって、駅長がつくしちゃんに見てこい・・・と。
Tetsumusu07031 Tetsumusu07032 Tetsumusu07033 

 

 

 

 
見に行くと、さっきの女子高生と白い服の女性・清美が言い争いしてます。
Tetsumusu07034 Tetsumusu07036 Tetsumusu07035

 

 

 

 
原因は女子高生に清美がぶつかり、たい焼きが落ちたこと。
つくしちゃん、事件よりも落ちたたい焼き拾って食べてるし。(ウソっ!)
Tetsumusu07037 Tetsumusu07039 Tetsumusu07041

 

 

 

 

夜になって終電でたホームに居る清美。
何かを待っている様子。
足元の写真を拾い上げ、清美を事務所に誘うつくしちゃんです。
Tetsumusu07044 Tetsumusu07046 Tetsumusu07047  

 

 

 

 
ぬれ煎餅を焼きながら、話しかけるつくしちゃん。
Tetsumusu07048 Tetsumusu07049 Tetsumusu07050  

 

 

 

最初は硬い表情だったけど、やっと笑顔でつくしちゃんに経緯を話し始める清美。 

Tetsumusu07052 Tetsumusu07053Tetsumusu07054 

 

 

 

 
清美は結婚を2日後に控えていた。
馴れ初めはここの駅でのプロポーズ。指輪が缶飲料のプルタブ・・・。
でも清美は幸せだった・・・、と。
Tetsumusu07055 Tetsumusu07056 Tetsumusu07059  

 

 

 

 

結局清美は結婚が不安で彼から逃げて、犬吠駅に彼が来るか試しているそうです。(白い服ってウェディングドレス?)
彼が迎えに来れば良いけど・・・。
朝までにぬれ煎餅200枚焼かなきゃいけないことになり、清美も一緒に焼くことになりました。(駅長の計らい(?)でしょうね・・・)
Tetsumusu07060 Tetsumusu07061 Tetsumusu07062  

 

 

 

 
そして朝です。
清美は最後の煎餅を焼き終えて、寝ているつくしちゃんに「ありがとう」のセリフを掛けます。
Tetsumusu07063 Tetsumusu07065 Tetsumusu07066  

 

 

 

 

結局寝てるよ・・・、つくしちゃん。
Tetsumusu07068  

 

 

 

 

 

 
 
エンディングはお馴染みの運転席からの風景。
Tetsumusu07069 

 

 

 

 

 

 

ハドソンの桃電HPで公開されている、犬吠駅での「しあわせ3像」の入魂式。
3zou_ph02 3zou_ph03 3zou_ph04 
 

 

 

 

 
3zou_inu01 3zou_kiji01 3zou_saru01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道むすめ 第6話「富士急行 大月みーな編 ~後編~」

Tetsumusu06000 鉄道むすめ 第6話「富士急行 大月みーな編 ~後編~」の感想です。

 

 

 

 

 

 
大月みーな編も後編です。

前回のラストで、病院から失踪した純くんを探すみーな。
Tetsumusu06001 Tetsumusu06002 Tetsumusu06003  

 

 

 

 
思い当たる場所・・・、そう電車の良く見えるあの場所です。
みーなは自転車で向かいます。
Tetsumusu06004 Tetsumusu06005 Tetsumusu06006  

 

 

 

 
純くんいました。
「神様なんていないんだ」純くん手術が不安なんですね。
みーなは純くんを家に送り届けます。
Tetsumusu06007 Tetsumusu06008 Tetsumusu06010  

 

 

 

 
夜の富士山。シルエットです。
Tetsumusu06012  

 

 

 

 

 

 
純くんに手術を受けさせるには?
みーなは榊に相談しますが、「それは同情だ。勇気付けるのはそういうことじゃない」と怒られちゃいます。 
Tetsumusu06013 Tetsumusu06014 Tetsumusu06015  

 

 

 

 
翌日純くんを呼び出します。
Tetsumusu06016  

 

 

 

 

 

 
みーなは純くんを榊の運転する電車に乗せます。
Tetsumusu06017 Tetsumusu06018 Tetsumusu06019  

 

 

 

 
そして運転という仕事の大変さを見せます。
Tetsumusu06020 Tetsumusu06021 Tetsumusu06022  

 

 

 

純くんは「手術して病気を治して、勉強して運転士になる!」と誓います。
Tetsumusu06023 Tetsumusu06024 Tetsumusu06025  

 

 

 
 

みーなの作戦成功。いいですね。
Tetsumusu06026 Tetsumusu06027 Tetsumusu06028  

 

 

 

 
純くんの手術も成功。
Tetsumusu06029 Tetsumusu06030 Tetsumusu06032  

 

 

 

 
宮澤佐江ちゃんとも、これでお別れ。
Tetsumusu06033 Tetsumusu06034 Tetsumusu06036  

 

 

 

 

「ドラマ鉄道むすめ 第2弾」での成長した大月みーなとの再会を待ちましょう。
Tetsumusu06035  

 

 

 

 

 

 

次回からは、銚子電鉄「外川つくし」編が始まります。 
Tetsumusu06037 Tetsumusu06041Tetsumusu06040  

 

 

 

 
演じる外岡えりかちゃんにも期待しましょう。
Tetsumusu06039   

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

機動戦士ガンダム00 2nd 第14話「歌が聴こえる」

G0014000  機動戦士ガンダム00 2nd 第14話「歌が聴こえる」の感想です。

 

 

 

 

  

 

イノベイターとの戦闘で、プトレマイオスとの合流ができなかった刹那。
G0014001 

 

 

 

  

 

 
そこへニーナ登場。
刹那はいきなり戦闘モードですが、取りあえずニーナは今は味方のようです(?)
G0014002 G0014003 G0014004   

 

 

 

 
プトレマイオスの戦闘データを送ってくれたので、刹那はそれを追って地球へ降下。
振られた(?)ニーナはハロに八つ当たり。
G0014006 G0014007  

 

 

 

 

 

医療カプセルから出てきたオヤッさん。
G0014008 G0014009 G0014010  

 

 

 

 
外を見てびっくり。
G0014011 G0014012 G0014013  

 

 

 

 
眼前に大自然が広がります。
「なんじゃこりゃー!」って船腹の大穴から叫んでます。
G0014014 G0014015 G0014016  

 

 

 

 
一方刹那は衛星兵器の直撃した爆心地、まさにグラウンドゼロに到着。
そこへサーシェス登場。
G0014020 G0014021 G0014023  

 

 

 

 
後をついて行った刹那は、リボンズと出会います。
G0014024 G0014026G0014027  

 

 

 

 
しかしリボンズは刹那に過去に会っていると言います。
そうオーガンダムの性能実験で、コックピットから刹那を見ていました。
そして目撃者抹殺をせずに刹那を見逃していた・・・。
G0014028 G0014029 G0014030  

 

 

 

 
ダブルオーは自分のもの、と主張し渡せと言うリボンズ。
当然刹那は拒否。
銃を抜きますが、サーシェスには敵わず撃たれて負傷。
G0014031 G0014032 G0014033  

 

 

 

 
サーシェスとのMS勝負になります。
G0014034 G0014035 G0014040  

 

 

 

負傷した刹那ですが、トランザムでサーシェスを追い詰めます。
サーシェスは通りがかりのカタロン機を人質にしますが、量子化したガンダムについていけません。(瞬間移動だね・・・) 
G0014041 G0014042 G0014043 

 

 

 

 
必死の形相のサーシェス。
G0014045 G0014046 G0014048  

 

 

 

 
しかし勝負あった。止めを刺す寸前の刹那。
G0014049 G0014050 G0014051  

 

 

 

 
しかし刹那の動きが止まります。
歌が聴こえる、・・・ってサブタイの通りじゃん。
G0014052 G0014053 G0014054  

 

 

 

 
歌は機内にも聴こえています。これもGN粒子のせい?
マリナ姫の歌が聴こえてきます。(お陰でサーシェスに逃げられましたが)
G0014055 G0014056 G0014057  

 

 

 

 
アロウズには新機体がぞろぞろ配備。
ルイスには大型MAエンプラスが、ミスターブシドーにはマスラオが・・・。
G0014058 G0014059 G0014060  

 

 

 

 
カタギリはスメラギとの決別を決めます。
G0014061 G0014062 G0014063  

 

 

 

 
ツーショット写真を破り捨てるカタギリ。未練はない!
G0014064 G0014065 G0014066    

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月17日 (日)

ケロロ軍曹 第257話「ケロロ 第一話改訂! であります」

Kero257000 ケロロ軍曹 第257話「ケロロ 第一話改訂! であります」の感想です。

 

 

 

 

 

 
ケロロ軍曹も放送6年目に突入です。
ケロロ達の活躍(?)は、ケロン星本国で「ケロロ小隊戦記」として放送されていました。(知らなかった・・・)
Kero257001 Kero257002 Kero257003 

 

 

 
 
 
そして軍本部から、その第1話を改訂製作せよ、との命令が来ました。
ホントにチャンスなのか?ケロロ。
Kero257004 Kero257005  

 

 

 

 

 
 
カッコよい作品を勝手に想像してもねぇ。
Kero257006 Kero257007 Kero257008  

 

 

 

 
「ワンピース」風、「エヴァ」風、「ガンダム」風・・・、他の作品をパクッてもダメでしょう。
Kero257009 Kero257010 Kero257011  

 

 

 

 

オリジナルの作品を作ろうと会議です。
Kero257012 Kero257013  

 

 

 

 

 
 
しかし皆勝手に考えてまとまりません。
ケロロは腐女子取り込みを画策してますが、何か安易な構想では?
Kero257014 Kero257015  

 

 

 

 

 

色々あって撮影開始。
Kero257016 Kero257017 Kero257018  

 

 

 

 
でもケロロ中心で撮影進みます。(モアちゃんのチアリーダー姿がグッド)
Kero257019 Kero257020 Kero257021  

 

 

 

 
結局皆とケンカして撮影はご破算。
ケロロ一人で作品を作ることに・・・。(オールCGか?)
Kero257022 Kero257023 Kero257024  

 

 

 

 
こんな時でもモアちゃんはケロロをサポート。
Kero257025 Kero257026 Kero257027  

 

 

 

 
そして完成。
皆で試写会です。
Kero257028 Kero257029 Kero257030  

 

 

 

 
完成度は中々のようです。皆良く出来ていると一応納得。
しかしケロロはデータを削除。何故!?
Kero257031 Kero257032 Kero257033  

 

 

 

 
 
やっぱり作品は皆で作らないと違うって事に気付いたみたいです。
Kero257034 Kero257035 Kero257036  

 

 

 

 
そして今度こそ完成。
Kero257037

 

 

 

 

 

 

 

 

Kero257038 Bパートは改訂された第一話。
って言っても、これはケロロ小隊戦記の第一話ですよね。
内輪でパロってどうする。 

 

 

 

 

この辺は当初の通り。
しかしイキナリ攻撃が始まります。(明らかに展開が違いますね) 
Kero257039 Kero257040 Kero257041 

 

 

 

 
結局夏美たちは負けてしまいます。 Kero257042
Kero257043 Kero257044  

 

 

 

 
彼らの前にケロロ軍曹が姿を表します。
Kero257045 Kero257046  

 

 

 

 

 

 
ニュー・ケロロ!
Kero257047  

 

 

 

 

 

 
 
これはやりすぎ。
何か気持ち悪いぞ。
Kero257048 Kero257049 Kero257050  

 

 

 

 
美形キャラ(?)のお約束。
白い歯キラリ。
Kero257051 Kero257052 Kero257053  

 

 

 

 
夏美も冬樹もケロロにメロメロ。
Kero257054 Kero257055 Kero257056  

 

 

 

 
そして本国でも新一話が放送されましたが、不評です。(やっぱりケロロは、ヘッポコ振りが持ち味なのに・・・)
Kero257057 Kero257058 Kero257059  

 

 

 

 
そして同じく改訂された第一話を見た夏美と冬樹。
この後のケロロの運命や如何に?
Kero257060 Kero257061 Kero257062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

ケロロ軍曹 第255話「ケロロ 恐怖の大暗黒作戦! であります/ケロロ 恐怖の大美白作戦! であります/ケロロ 恐怖の大停止作戦! であります」

Kero255000  
ケロロ軍曹 第255話 Aパート「ケロロ 恐怖の大暗黒作戦! であります」の感想です。
 

 

 

 

 

 

今回はサブタイトル3つ。
しかも各パートのサブタイトル前に小隊の影絵(?)が出ますが、どんどんボロボロになっていきます・・・。 
Kero255001 Kero255026 Kero255042

 

 

 

  

 
夏美に怒られて平謝りのケロロ。
しかし、それは見せかけ。
当然侵略の悪だくみをしていました。
Kero255002 Kero255003 Kero255004  

 

 

 

 
最初は暗黒作戦。
って、これは何にも見えない。(キャプっても仕方なし・・・)
Kero255005 Kero255006  

 

 

 

 

 

 
ギロロが夏美を心配して風呂場に行きます。(何故昼間から入浴する?夏美。まるでドラえもんの静香ちゃん)
暗闇で見えないけど、ギロロの鼻息よろしく、見ている方が興奮します。
Kero255007 Kero255008 Kero255009  

 

 

 

 
暗黒化装置を解除したケロロ達。
そして風呂場も明るくなった。
Kero255010 Kero255011 Kero255012  

 

 

 

 
 
ドキドキしますね!
Kero255013 Kero255014  

 

 

 

 

 

 
「イヤンっ」って、ギロロが恥ずかしがってる場合じゃない。
Kero255016  

 

 

 

 

 

 
 
そして夏美の怒り炸裂。
ギロロ、タコ殴りされてます。
Kero255017 Kero255018 Kero255019  

 

 

 

 
ここで夏美のバスタオルがハラリと落ちます。
(ギロロ、見ちゃったかな?夏美のハダカ・・・)
Kero255020 Kero255021 Kero255022  

 

 

 

 
疑問なのは、湯船から上がる際にバスタオル近くになさそうだし、そもそも体に巻くときに、ギロロに見られてるのでは・・・。
Kero255023Kero255024 

 

 

 

 
まだまだ不毛な侵略作戦は続く。  Kero255025  

 

 

 
 

 

 
Kero255027 Bパート「ケロロ 恐怖の大美白作戦! であります」の感想です。

 

 

 

 

 

 

黒の次は白ですか・・・。 
Kero255028 Kero255029 Kero255030 

 

 

 

 
モアちゃん、この白ビキニが多いですね。
Kero255033 Kero255034  

 

 

 

 

 

今度は真白で見えなくなってきた。
そこで色を塗ろうと提案する軍曹。 
Kero255035 Kero255036 Kero255037  

 

 

 

 
モアちゃんがケロロのプラモ用コンプレッサー持ってきました。
ケロロが皆に吹きかけますが、中身は艶消しクリアでした・・・。
Kero255038 Kero255039 Kero255041  

 

 

 

 
 
これで完全に真っ白け。 

 

 

 
Kero255043 Cパート(?)「ケロロ 恐怖の大停止作戦! であります」の感想です。

 

 

 

 

 

 
 
今度はジョジョよろしく、ザ・ワールドで時間よ止まれ。
Kero255044 Kero255049 Kero255048  

 

 

 

 
ケロロはこれで、夏美に色々と悪戯して復讐できると考えてる。
Kero255050Kero255051 Kero255045  

 

 

 

 
ちっとも侵略じゃないぞ。
Kero255046 Kero255052 

 

 

 

 

 
ギロロも、あんなことやこんなことを妄想してます。
Kero255054  

 

 

 

 

 

 

でも時間を止めて、夏美を水着にしたり、バスタオル巻きにしたりって、ギロロが夏美を丸裸にするってこと?オイオイ・・・。

Kero255055  

 

 

 

 

 

 

 
またまたケロロが不用意に装置のスイッチをON!
Kero255056 Kero255060 Kero255061 

 

 

 

 
 
いきなり時間が停止です。
Kero255062  

 

 

 

 

 

 

 
こんな時に限ってタママの屁が出てギロロを直撃。(ガスが可視化されてるのが臭さを強調してます)
Kero255064 Kero255063 Kero255066  

 

 

 

  
時間は止まってるけど、皆の経過時間は何時間もたってるんですね。
ガスに巻き込まれたギロロは拷問状態。
モアちゃんも危うし。
Kero255065 Kero255067 Kero255068  

 

 

 

 
一方のケロロはクルルの頭上で小便したくなってきた。
クルル「おい、やるのかよ!・・・じゃあ、やれよっ」って、クルルも自暴自棄?

 Kero255070Kero255069 Kero255071  

 

 

 

 
そこへ冬樹が来た、一体何時間(何十時間?)経ってるのでしょうか。
ボタンを解除してくれました。
Kero255072 Kero255073 Kero255074  

 

 

 

 

時間が流れだした。
そしてケロロの小便も放出!
Kero255075 Kero255076 Kero255077  

 

 

 

 
何か気持ちよさそうな映像が続きますが、とてもクルルに向かって放尿しているシーンなんて放送できるわけもなく・・・。
Kero255078 Kero255079 Kero255080  

 

 

  

 
なんか最近ケロロのお漏らしが多いような気がします。
Kero255082 Kero255083
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

アニパン 1981年公開「宇宙戦士 バルディオス」

1981baldiosmovie000 1981年12月19日公開の「劇場版 宇宙戦士バルディオス」のパンフレットです。

 

【パンフレットの、その他のページはこちら】 

 

  

 
 葦プロ製作なのに東映の配給。
 ・・・なもんで、なんと同時上映は『Dr.スランプ アラレちゃん ハロー!不思議島』です。

ハードSF(一応設定は・・・)とギャグアニメの同時上映かぁ。
まあ、ドキュメント・ダグラムとチョロQダグラムを思えば、先駆けかな?

 

  
この映画、テレビシリーズの打ち切りに納得しないファンの熱意が実現した作品と言えるでしょう。
兎に角、テレビの最終回は突然でした。
だってサブタイトルに(前編)の文字まであったのに?

アルデバロン軍の秘密兵器・人工太陽が南極と北極の氷を全て溶かした為に発生した巨大津波が世界中の都市や地表に襲いかかる。・・・そして画面は真っ赤に染まり「完」の文字がデカでかと画面に・・・。

テレビシリーズは「猿の惑星」よろしく、タイムスリップをテーマにしたハードSFっぽい作品だったのを覚えています。そして映画もそれを踏襲していますが、テーマはズバリ『スペース・ラブ・ロマン』!?

1981baldiosmovie001 1981baldiosmovie002_2  

 

 

 

  
 

 

 
テレビシリーズではそれなりに活躍していた主役ロボット(?)バルディオスですが、映画では存在が薄い!
映画ではほとんど活躍してなし・・・。(まあラブロマンスを前面に押し出してるから良かったのかな?)
スポンサーの玩具メーカー野村トーイも、ガンプラ並みの売上を期待しなかったのでしょうか・・・。
ちなみにバルディオスって、総体的には正統派スパロボ系のデザインです。(何となくザンボットを彷彿とさせるシルエット)
1981baldiosmovie003_2 
   

 

 

 

 

 

 
しかし顔はガンダムだ!
しかも全長100mって、サイコガンダムなんか目じゃないよ。

キャラクター設定も分かりやすい。
地球側(ブルーフィクサー)もアルデバロン側も、伝統的なスパロボ登場キャラ設定です。

ジェミーとか雷太とか絶対いますよね。
1981baldiosmovie004 
   

 

 

 

 

 

 
 
放射能に汚染され、地下深くに暮らすS-1星住民。
しかし、放射能を除去しようと頑張る科学者グループと、故郷を見捨てて他の星を侵略・移住しようとするガットラー総統率いる軍部に分かれて対立していた。
科学者のリーダー・レイガン博士は、将校アフロディアの弟ミランに撃たれて死亡。
そこへタイミング良く(?)駆けつけた博士の息子・マリンが投げた鉄の破片がミランの首に刺さり死亡。偶然にも、その仇を討った。
そしてまた、そこへやって来たアフロディアに弟殺しの犯人として認識されたマリン。
かくして父を殺されたマリンと、弟を殺されたアフロディアの確執が始まった。(あっ、マリンとアフロディアは映画冒頭の灯台のシーンで会ってますから、再会ですね?)
1981baldiosmovie005 
   

 

 

 

 

 

 
 
邪魔な皇帝と科学者グループを殺して、クーデターに成功したガットラー一派は強引に亜空間要塞で侵略に出てしまいます。
亜空間要塞を、最新鋭戦闘機パルサバーンで追ったマリンは時空の歪みに飲み込まれ漂流。
行き着いた先は2100年の地球でした。そして、ガットラーがターゲットにした星も、地球(!)。

マリンは地球防衛組織ブルーフィクサー隊に入隊。
侵略者と同じS-1星人だと疎まれながらも、美人科学者クインシュタインによって改造されたパルサバーンで、バルディプライズ、キャタレンジャーと合体して、バルディオスとなりアルデバロン軍に戦いを挑むことになった。!
1981baldiosmovie006 
   

 

 

 

 

 

 
 

物語中盤はマリンの地球側(ブルーフィクサー)への忠誠を表す話。
敵を欺くにはまず味方から・・・みたいな作戦で要塞を破壊。同時にマリンの心意気に、マリン憎しと思っていたアフロディアに心情の変化が・・・。
 
途中、地球の為に戦っているマリンが、地球側からお前も異星人!みたいな言われ方してますが、ザンボットの神ファミリーを思い出します。
 
まあ、そんなこんなで、マリンとブルーフィクサーのメンバーは段々と理解しあうようになるわけなんですが、時既に遅し・・・。
1981baldiosmovie007 
   

 

 

 

 

 

 


いよいよ映画のストーリーもテレビ版の最終話まで追い付きました。
人工太陽による両極の氷融解。そして地表水没。
これで地形はS-1星と同じ(!)になった。
 
また、アルデバロンを脱走して来たアフロディアとマリンの再再会もあり。
砂浜で銃を向けあう二人・・・。で要塞の破片が降ってきてアフロディアは生死不明に・・・(まあラストへの伏線ですね、普通死んでますけど)
1981baldiosmovie008 
   

 

 

 

 

 

 

遂にアルデバロンとの最終決戦。
まあガットラー一派の独断専行だから、いつまでも亜空間に隠れていられるほどのエネルギーも無かったってことでしょう。
通常空間に姿を現した要塞と大型空母2隻。
地球側唯一の戦力ブルーフィクサーもこれで終わりか?と思われたとき、デビットの宇宙艦が援護に来ます。
そして空母2隻に特攻して死亡。
月影長官もブルーフィクサー基地で要塞に特攻。

バルディオスがその隙を縫って要塞の動力炉を切り裂き破壊。
動力炉爆発で要塞は崩壊。
しかし脱出ポットの中で、ガットラーと部下のネグロスが核ボタンを巡って争います。
ネグロスは核を使ってでも地球人を根絶やしにして勝利したい!ガットラーは核で放射能汚染された地球なんて欲しくない・・・。
しかし絶命するネグロスの手が核のボタンを押し、核ミサイルが次々と爆発して地球は汚染され、宇宙に出ていたブルーフィクサー隊の一部と、地球上でシェルターに逃れたであろう一握りの人々を除いて人類は全滅。
 
冷凍睡眠する兵士を蘇らせようとするガットラーをマリンが追い詰めますが、逆に銃を奪われます。
そこへ死んだ筈のアフロディアが現れます。ガットラーは弟の仇を討てと、銃をアフロディアに渡します。
アフロディアはガットラーを撃ち、最後に自らを撃ち絶命。

ラストはアフロディアの遺体を地球の砂浜へ連れて行き、語りかけるマリンのシーンで終わり。
1981baldiosmovie009 
   

 

 

 

 

 

 

結局、地球は水没して地形が変わり、放射能汚染されてS-1星の過去の姿になった。
勝者なんて誰もいなかった・・・と言う、空しい結末ってことですね。

テーマは壮大で、ハードな展開。
しかし時代が早かった?
今ならリメイク可能でしょう。是非「新バルディオス」を見てみたいものです。

 

劇場版の声優陣は異論があると思いますが、出来ればテレビシリーズのままやって欲しかったですね。違和感あるし。
 
興行的には、話題の声優(戸田恵子とか)で盛り上げたかったんだろうけど・・・。

それと話題作りの為に投入された新キャラ「ラスカ」と「リラン」は、堤大二郎(今は役者だけど当時はアイドル。懐かしー)と一般オーディションで公募したアマチュア声優が担当。
1981baldiosmovie010 
 

 

 

 

 

 

 

 
スタッフ紹介で注目すべきは、鳥海さん・・・と言いたいところですが、やっぱりテレビ主題歌『あしたに生きろバルディオス』から、音楽を担当された羽田健太郎先生でしょう。
(TV主題歌好きでした。それとテクノボイジャーやマクロスなんかも秀逸)
1981baldiosmovie011 
 

 

 

 

 

  

 

戸田恵子の歌った挿入歌「女いのち歌」が強烈なパンチでした・・・。
なのに、劇場用の4曲中3曲しか歌詞が載ってない・・・。何故?
1981baldiosmovie012 
   

 

 

 

 

 

 

当時の戸田恵子。(パンフレットより)
若いですねー。
Baldiosmovie024kt 
 

 

 

 

 

 

 

映画公開時は、野村トーイがスポンサードせず、「お口の恋人」ロッテが何故だかスポンサードしていた。
 
そしてエンディングに一般公募の愛のメッセージが使われました。
1981baldiosmovie013 
  

 

 

 

 

  

 
発売されたバルディオスガム。
おまけの「バルディオス ストーリーフィルム」を全部集めると、映画が再現できる!?
これ今でも持ってたら凄い。
Baldiosmovie026 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
「バルディオス」のパンフレット

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

機動戦士ガンダム00 2nd 第13話「メメントモリ攻略戦」

G0013000 機動戦士ガンダム00 2nd 第13話「メメントモリ攻略戦」の感想です。

 

 

 

 

 
カタロンの戦艦(?)って、ファーストガンダムの輸送船コロンブスみたい。
G0013002 G0013003 G0013004  

 

 

 

 
リボンズの平手打ちを受けた頬を押さえるワン・リューミン。随分時間が経ってそうですが・・・。
そして言うこと聞かない悪い子ネーナ。
G0013006 G0013007 G0013008  

 

 

 

 
衛星兵器破壊に挑むCB。
G0013012 G0013016 G0013018 

 

 

 

 
アロウズの猛攻に衛星兵器の射線上に押し出されてしまいます。
G0013019 G0013020 G0013021 

 

 

 

 
アーバリント少佐の勝ちか?
G0013023 G0013025 G0013026 

 

 

 

 
トレミーに迫るビーム。
G0013027 G0013028 G0013030  

 

 

 

 
ダブルオーとガデッサの戦う後ろを衛星兵器のビームが抜けて行きます。
G0013031 G0013032 G0013033 

 

 

 

 
しかしトレミーはアリオスのトランザムを使って、トランザムモードになっていた。(ビーム避けるのに高機動したとか?)
G0013034 G0013035 G0013036 

 

 

 

 
さらにハッチがオープン。
中にはケルディムとセラヴィーが待機。
G0013038 G0013039 G0013040  

 

 

 

 
ガデッサがトレミーを狙うも、刹那に阻止されます。
G0013042 G0013043 G0013045 

 

 

 

 
 
セラヴィーがトランザムモードに・・・。そしてバーストモード全開。
G0013051 G0013053 G0013054 

 

 

 

 
 
これで衛星兵器破壊か?
G0013055 G0013056 G0013057  

 

 

 

 
追い打ちにトレミーからGNミサイルの一斉発射。
G0013058 G0013060 G0013061  

 

 

 

 
 
しかし衛星兵器の心臓部ともいえる共振部は無事。
余裕の笑みの少佐。
G0013062 G0013063 G0013065  

 

 

 

 
 
しかし笑顔はすぐに驚愕に・・・。
後ろに控えていたケルディムがトランザムモードで狙い撃ち!
G0013064 G0013066 G0013067  

 

 

 

 
スメラギさんの作戦勝ちですな。
G0013068 G0013070 G0013071  

 

 

 

 
共振部を撃ち抜かれて爆散する衛星兵器。
G0013074 G0013075 G0013077 

 

 

 

 
そして破片の直撃を受けて少佐も死亡。
G0013079 G0013080 G0013081  

 

 

 

 
離脱するトレミー。ダブルオーにも離脱命令。
そして彼らに追い打ちをかけようとするガデッサ。
G0013082 G0013083 G0013088  

 

 

 

 
 
しかしガデッサに援護射撃する赤い粒子ビームが・・・。
その隙にダブルオーに両断されるガデッサ。
G0013085 G0013086 G0013087 

 

 

 

 

赤いビームはネーナのスローネでした。
G0013090 G0013091 G0013092 

 

 

 

 

地球に降り注ぐ衛星兵器の破片群。流星の如くです。
見上げる人々の胸中は複雑。
G0013094 G0013095 G0013096

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

地獄少女 三鼎 第16話「誘惑の罠」

Jigoku0316000 地獄少女 三鼎 第16話「誘惑の罠」の感想です。

 

 

 

今回のキーパーソン(?)加世ちゃん。
Jigoku0316001 Jigoku0316002  

 

 

 

 
ゆずきは周囲の人の地獄通信アクセス(強い恨み?)を、ばんばん感じています。
Jigoku0316003 Jigoku0316004 Jigoku0316005  

 

 

 

 
見えるけど、止めるすべが無い。
Jigoku0316006 Jigoku0316007 Jigoku0316008 

 

 

 

 
そして橋の上で藁人形の糸を引こうとしている青年を見かけ、止めようとしますが、あい様に「無駄よ・・・」と言われてしまいます。その訳は・・・?
Jigoku0316009 Jigoku0316010 Jigoku0316011  

 

 

 

 
橋の上にいた青年、名和。
子供が好きなようで良く加世ちゃんと遊んでいますが、三藁達の言うとおり「良いとした男があれじゃあね」って事で、周囲からはロリコンと見られているようです。
Jigoku0316013 Jigoku0316014 Jigoku0316015  

 

 

 

 
ある日、名和の勤める工場に宮嶋幸が入社してきました。
Jigoku0316016 Jigoku0316017 Jigoku0316018  

 

 

 

 
当然、男とオバサンしかいなかった職場なので、野郎はすぐに食いついてきます。
Jigoku0316019 Jigoku0316020 Jigoku0316021  

 

 

 

 
まずは合コンのお誘い。しかも取り囲んでかなり強引。
丁度通りかかった名和に救われた形になりましたが・・・。
Jigoku0316022 Jigoku0316024 Jigoku0316023  

 

 

 

 
幸からの積極アプローチに名和は最初頑な態度でした・・・。
(しかし同僚達からは嫉妬の目・・・)
Jigoku0316027 Jigoku0316028 Jigoku0316029  

 

 

  

 
でもこんな美人に積極的に迫られたら・・・、結局名和も男です。
Jigoku0316032 Jigoku0316033 Jigoku0316034  

 

 

 

 
ある日、加世ちゃんの友達キクリ登場!?「覚えておいて損はないぞ」って。
加世ちゃんに地獄の鈴アザを見つけられます。
Jigoku0316035 Jigoku0316037 Jigoku0316038  

 

 

 

 
幸が夕食作りに名和の部屋に押し掛けてきました。(この辺までは良い展開)
Jigoku0316039 Jigoku0316040 Jigoku0316041  

 

 

 
 

そこで行方不明の中島の話になります。 Jigoku0316042Jigoku0316043 Jigoku0316044  

 

 

 

 
加世ちゃんに接近してきた中島に、名和は怪しいものを感じます。
Jigoku0316046 Jigoku0316047 Jigoku0316048 

 

 

 

 
中島の部屋に忍び込んで家探ししたところ、出てきたアルバムには加世ちゃんのギリショットが満載。
Jigoku0316049 Jigoku0316050 Jigoku0316051  

 

 

 

 
中島は幼女趣味だったのです。
エスカレートを恐れた名和は、加世ちゃんを守るため名和を地獄流しにしました。
話を聞いて驚いている(?)幸は一体何を?
Jigoku0316052 Jigoku0316053 Jigoku0316054  

 

 

 

 
幸の部屋に招待された名和。
Jigoku0316056 Jigoku0316057 Jigoku0316059  

 

 

 

 
彼女の寝室で、幸の彼氏が中島であったことを知る名和。
Jigoku0316060 Jigoku0316063 Jigoku0316064_2  

 

 

  

態度も表情も豹変の幸。(女は怖い)
彼女は中島の仇打ちで、名和に接近してきたのです。
そして名和の口から、確証を得た結果彼女も藁人形の糸を引くことに・・・。 Jigoku0316065Jigoku0316066 Jigoku0316067  

 

 

 

 
そして冒頭の橋のシーンに戻ります。
これは未来の映像だった!
Jigoku0316068 Jigoku0316069 Jigoku0316071  

 

 

 

 
怨みの連鎖を見てしまったゆずき。
名和に警告しようと走りますが、彼の姿は夜の街に消えています。
Jigoku0316072 Jigoku0316073 Jigoku0316074 

 

 

 

 
どちらにしても、ゆずき一人ががんばってもどうにもならない問題って事でしょうか・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

地獄少女 三鼎 第15話「兎と亀」

Jigoku0315000 地獄少女 三鼎 第15話「兎と亀」の感想です。

 

 

 

 
今回は篠原兄妹が主役です。

妹のうさぎ。名前は早そうだけど、昔から何をやってもグズ・・・。
そして兄貴の美知人は、逆に何でもこなすタイプ。今じゃ音楽雑誌(?)に載ったりしてます。
Jigoku0315001 Jigoku0315002 Jigoku0315005  

 

 

 
 
 
うさぎは調理師になりたいみたい。
ゆずきはうさぎとすれ違いざまに、彼女に地獄通信アクセスを感じます。(まだアクセスしてないけど)Jigoku0315006 Jigoku0315007 Jigoku0315008  

 

 

 

 
 
家に帰ると兄貴が戻ってました。
両親は兄貴に安心しきっていますが、美知人の態度はどこか変?
そしてうさぎは進路のことで、調理の道を言いだせません。両親からは介護の仕事を進められてしまいます。
翌日ゆずきはうさぎに接触。地獄通信へのアクセスをやめさせようとしますが、彼女はそんなものしない・・・と。
Jigoku0315009 Jigoku0315010 Jigoku0315012  

 

 

 

  
地獄ファミリーの隠れ家です。
キクリの願いは、あい様みたいに肉体が欲しいと・・・。しかもボン・キュッ・ボンッだって。
一目連には頭がボンッって言われてるし・・・。
Jigoku0315019 Jigoku0315022 Jigoku0315020  

 

 

 

 
あい様は焼きイモにご執心。
Jigoku0315021 Jigoku0315023 Jigoku0315024  

 

 

 

 
うさぎに彼氏が出来た!
Jigoku0315003 Jigoku0315025 Jigoku0315026 

 

 

 

 
しかし幸せも直ぐに崩壊。
両親から彼氏のことと調理の進路のことを聞いて、順調なうさぎに嫉妬した兄貴の妨害です。
彼氏から別れ話がでて・・・。
Jigoku0315027 Jigoku0315028 Jigoku0315029  

 

 

 

 
手のかからないしっかりした子、という両親の思い込みから兄貴は疎外感を持っていた。
Jigoku0315030 Jigoku0315031 Jigoku0315032  

 

 

 

 
うさぎは彼氏の事で、兄貴を地獄流しにしようと藁人形を入手。
Jigoku0315033 Jigoku0315034 Jigoku0315035 

 

 

 

 
ゆずき幻視です。
あい様も一緒に入浴!?(いきなりのサービスカット。でも今期はあんまりこの手のサービス無いですね)
Jigoku0315037 Jigoku0315038 Jigoku0315040  

 

 

 

 
結局兄弟そろって入手していた藁人形は、河に捨てました。
Jigoku0315041 Jigoku0315043 Jigoku0315044  

 

 

 

 
しかし兄貴は何故か地獄のお仕置きタイム。
Jigoku0315047 Jigoku0315048 Jigoku0315049  

 

 

 

 
今回は西部劇。
Jigoku0315050 Jigoku0315051 Jigoku0315052  

 

 

 

 
そして兄貴はカメになってます。
Jigoku0315053 Jigoku0315054 Jigoku0315055  

 

 

 

 
あい様の決め台詞の後、キクリがバズーカで地獄送り。
Jigoku0315056 Jigoku0315057 Jigoku0315058  

 

 

 

 
ゆずきが最初にうさぎとすれ違った時に感じたことは、予知でしょうか?
Jigoku0315059 Jigoku0315060   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »