« 第60回 紅白歌合戦 「やっぱり子供店長頼み・・・ですね」 | トップページ | SONY スタジオ・シリーズ »

2010年1月31日 (日)

2010年 ハイブリッドカー選び1

Img009

 
現在サブで使っている「カローラ」に替わるコンパクトカーを選ぼうと思い、ホンダカーズへ行ってきました。

出来ればハイブリッドも1台欲しい・・・。やっぱりカローラと同様にマニュアル車にしたい・・・。

と言うことで、まずは2月に発売される「CR-Z」を見積もりしてもらうつもりでした。

 

まずカタログくださいって事だったのですが、当然今はなし。・・・で、先行パンフをもらいました。

Img010

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに「CR-Z」の意味は、先行パンフによると「Compact Renaissance Zero(コンパクト・ルネッサンス・ゼロ)」の略とのこと。

新しいコンパクトカーを創造するという志のもと、原点(ゼロ)に立ち返ってチャレンジする、と言う意を込めたそうです。

なるほど、Zはゼロですか・・・。

Img011

 

 

 

 

 

 

 

 

 
この後ろ姿が気に入ってます。

かつてのCR-Xを彷彿とさせます。

そして営業マンに参考・概算でもいいからと見積もりをお願いすると・・・、断られました。

なんでもネットに流出したりするから、とのこと。

Img012  

 

 

 

 

 

 

 

 

しょうがないので、説明だけ簡単に聞いてきました。

シートは欧州アコードのフレームを採用してるとのこと。

Img013

 

 

 

  
 

 

 

 

 

 
リアのラゲッジは2名乗車ならゴルフバッグ2個積載可能。オッケー、合格です。

ボディーカラーは全7色。

選ぶとすると、ブラックか?

Img014

 

 

  
 

 

 

 

 

 
メーカーオプションの組み合わせが分かりませんが、βグレードにはディスチャージは設定なしか?

となると、αを選ぶことに・・・。

ネットで見た無限エアロは是非つけたいところ。

Img015

 

  
 

 

 

 

 

 

 

納車時期を考えると、すぐに予約しないといけないのですが、やっぱり正式デビュー後にカタログ見て実車見て乗ってから考えることになりそうです。(場合によってはインサイト・・・はたまたプリウスもありか?)

営業マンの話では、試乗車は殆どCVT仕様、マニュアルは1台のみとのことでした。うーん、買うならマニュアルでしょうねえ。

出来ればマニュアル仕様のある、ハイブリッド・スポーツセダンがあれば言うことなしなのですが・・・。

Img016

  

 

  
 

 

 

 

 
 

これ買うことになったら、あんまりオデに乗らなくなりそうです・・・。

|

« 第60回 紅白歌合戦 「やっぱり子供店長頼み・・・ですね」 | トップページ | SONY スタジオ・シリーズ »

G00.自動車」カテゴリの記事

G01.モーターファン別冊」カテゴリの記事

G02.車選び」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

各グレードと基本オプションの値段決まってるのですがね
他のディーラ行ったほうがいいですよ
ホンダアクセスや無限なら値段教えてもらえないところは多いですけどね

CR-Z
http://www.gtnet.co.jp/cars/new_car/honda/cr-z/typecolor.asp

投稿: 変なディーラ | 2010年2月 1日 (月) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113330/47380454

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 ハイブリッドカー選び1:

» ハイブリッド車の存在を知らせるシステム装置が発売になったそうです [中年サラリーマンお父さんの日記]
街中でハイブリッド車が来るとえらい静かで近づいてくるのが分かり難いので「これは危ないなー」と思っていたのですが、同じように思っていた人はいたのですね。ハイブリッド車の存在を電子音で知らせる装置が発売になったそうです。これで事故の危険性は低くなったと言うことで取り合えず安心です。また、こういうものを作った人は偉いなーと思います。思いつく人はそれなりにいると思いますが、それをきちんと形にしなければ世に...... [続きを読む]

受信: 2010年2月15日 (月) 23時16分

« 第60回 紅白歌合戦 「やっぱり子供店長頼み・・・ですね」 | トップページ | SONY スタジオ・シリーズ »