« 2010年1月 | トップページ | 2012年1月 »

2010年2月 4日 (木)

SONY スタジオ・シリーズ

70年代にSONYはスタジオシリーズと言うラジカセを発売していました。

ミキシングやらアフレコやらプロの真似っこが出来るラジカセですね。

わたしもスタジオ1775という機種を持っていました。

まあ、アフレコ機能があったので当時流行っていた英語のLL学習用に、って親に吹き込んで買ってもらってましたが・・・・。

Sutudio1980000

その時に家電店で一緒に貰ったのがこの冊子です。

 

表裏の2面構成の冊子で、表側がが劇画調SFの「The World of the SPECTACULAR studio1980Ⅱ」という作品。

 

何だかスタートレックを松本零士風にしたようなSFコミックです。

 

これを読めばスタジオシリーズが良く分かる!?

 

 

 

 

 

 

深宇宙探査のテスト航海・・・って設定が、スタトレっぽい。

Sutudio1980001

 

 

 

 

 

 

 
 

謎の物体(スタジオ1980)に向かう調査員にアンドロイドがいます。(新スタトレのデータ先取り?)

Sutudio1980002 

 

 

 

 

 

 

 

カセットメカで「フルオートシャットオフ」の紹介が懐かしい。当時はこれでも新機構だったんですよね。

Sutudio1980003 

 

 

 

 

 

 

 

この頃はラジカセもモノラル全盛。

Sutudio1980004 

 

 

 

 

 

 

 
ラジオドラマも良く放送されていました。

Sutudio1980005 

 

 

 

 

 

 

私もアニメージュの付録に付いていたガンダムのSEソノシートとBGMを使って、MSの戦闘シーンを作ったこともありました・・・。

 

Sutudio1980006 

 

 

 

 

 

 

  

 

裏側は「スタジオミキシング絵巻」になっておりスタジオシリーズの活用方法や、放送劇「怪傑ケロ」のシナリオがあったりします。

Sutudio1980007 

 

 

 

 

 

 

 

プレイ10にはスタジオ1775の特徴でもある、アフレコ機能の紹介がのってます。

まあミキサーがあれば語学用LL機でもできるのでしょうが。

Sutudio1980008 

 

 

 

 

 

 

 

ここではSEの作り方を紹介。

Sutudio1980009 

 

  

 

 

 

 

 

最後のページにスタジオシリーズの各機種の特徴がのってます。

Sutudio1980010 

 

 

 

 

 

 

 

またSONYではスタジオプレイクラブなるものを作っていました。

もちろん私も会員になりました。

Sp_club2_2

 

 

 

 

 

 

 

 

会報が送られてくるぐらいで、特に活動もなく終わってしまったような記憶があります。

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2012年1月 »