2010年2月 4日 (木)

SONY スタジオ・シリーズ

70年代にSONYはスタジオシリーズと言うラジカセを発売していました。

ミキシングやらアフレコやらプロの真似っこが出来るラジカセですね。

わたしもスタジオ1775という機種を持っていました。

まあ、アフレコ機能があったので当時流行っていた英語のLL学習用に、って親に吹き込んで買ってもらってましたが・・・・。

Sutudio1980000

その時に家電店で一緒に貰ったのがこの冊子です。

 

表裏の2面構成の冊子で、表側がが劇画調SFの「The World of the SPECTACULAR studio1980Ⅱ」という作品。

 

何だかスタートレックを松本零士風にしたようなSFコミックです。

 

これを読めばスタジオシリーズが良く分かる!?

 

 

 

 

 

 

深宇宙探査のテスト航海・・・って設定が、スタトレっぽい。

Sutudio1980001

 

 

 

 

 

 

 
 

謎の物体(スタジオ1980)に向かう調査員にアンドロイドがいます。(新スタトレのデータ先取り?)

Sutudio1980002 

 

 

 

 

 

 

 

カセットメカで「フルオートシャットオフ」の紹介が懐かしい。当時はこれでも新機構だったんですよね。

Sutudio1980003 

 

 

 

 

 

 

 

この頃はラジカセもモノラル全盛。

Sutudio1980004 

 

 

 

 

 

 

 
ラジオドラマも良く放送されていました。

Sutudio1980005 

 

 

 

 

 

 

私もアニメージュの付録に付いていたガンダムのSEソノシートとBGMを使って、MSの戦闘シーンを作ったこともありました・・・。

 

Sutudio1980006 

 

 

 

 

 

 

  

 

裏側は「スタジオミキシング絵巻」になっておりスタジオシリーズの活用方法や、放送劇「怪傑ケロ」のシナリオがあったりします。

Sutudio1980007 

 

 

 

 

 

 

 

プレイ10にはスタジオ1775の特徴でもある、アフレコ機能の紹介がのってます。

まあミキサーがあれば語学用LL機でもできるのでしょうが。

Sutudio1980008 

 

 

 

 

 

 

 

ここではSEの作り方を紹介。

Sutudio1980009 

 

  

 

 

 

 

 

最後のページにスタジオシリーズの各機種の特徴がのってます。

Sutudio1980010 

 

 

 

 

 

 

 

またSONYではスタジオプレイクラブなるものを作っていました。

もちろん私も会員になりました。

Sp_club2_2

 

 

 

 

 

 

 

 

会報が送られてくるぐらいで、特に活動もなく終わってしまったような記憶があります。

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年7月21日 (木)

カタログ集め

この間の3連休を利用して、実家のゴミ片付けをしてみました。

DSCF2720昔SONY SHOPに通って集めまくった、SONYのカタログがどっさり出てきました。

(いったい何百枚あるのか?)

そもそものきっかけは、小学生のときにはまったBCLです。

BCLと言う趣味が今も日本にあるかどうか分かりませんが、BCLとはBroadcastingListenerの略で、放送全般を聴取する趣味のことを意味します。しかし当時のブームでは主に海外からの短波放送を受信する趣味の代名詞になっていました。

放送を受信してそれを報告書にして(内容はもちろん、受信状態について5項目5段階評価したり)放送局へ送ると、べりカード(受信証明書)を送ってもらえました。

このべリカードが海外ならお国柄、国内なら地方色を反映した写真やイラストが印刷されており、それを収集するのも楽しみの一つでした。

私も当時としては比較的高価だった、短波受信の出来るラジオを買ってもらいました。

それはSONYのスカイセンサー5900です。この後すっかりSONY信者となり、白物家電以外は殆どSONY製品を買うようになってしまいました

DSCF2711 ←これがスカイセンサー5900

多少のガリがあったりしますが、 こいつは今でも現役で働いています。

主に朝の目覚ましラジオですが・・・。(オプションの専用タイマーはとっくに壊れてしまい、今は外部にSONYのオーディオタイマーを使っています。これも25年ものですが)

カタログからすっかり話がそれましたがSONYのカタログって、30年前から表紙や中身のレイアウトがあまり変わっていないんです。

つまり昔から完成されていたってこと?

DSCF2797  

1976年3月発行のカタログ

 

 
 

 

2004  

2004年3月発行のカタログ

 

 

 

あんまり違和感ないでしょ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)