2010年2月 4日 (木)

SONY スタジオ・シリーズ

70年代にSONYはスタジオシリーズと言うラジカセを発売していました。

ミキシングやらアフレコやらプロの真似っこが出来るラジカセですね。

わたしもスタジオ1775という機種を持っていました。

まあ、アフレコ機能があったので当時流行っていた英語のLL学習用に、って親に吹き込んで買ってもらってましたが・・・・。

Sutudio1980000

その時に家電店で一緒に貰ったのがこの冊子です。

 

表裏の2面構成の冊子で、表側がが劇画調SFの「The World of the SPECTACULAR studio1980Ⅱ」という作品。

 

何だかスタートレックを松本零士風にしたようなSFコミックです。

 

これを読めばスタジオシリーズが良く分かる!?

 

 

 

 

 

 

深宇宙探査のテスト航海・・・って設定が、スタトレっぽい。

Sutudio1980001

 

 

 

 

 

 

 
 

謎の物体(スタジオ1980)に向かう調査員にアンドロイドがいます。(新スタトレのデータ先取り?)

Sutudio1980002 

 

 

 

 

 

 

 

カセットメカで「フルオートシャットオフ」の紹介が懐かしい。当時はこれでも新機構だったんですよね。

Sutudio1980003 

 

 

 

 

 

 

 

この頃はラジカセもモノラル全盛。

Sutudio1980004 

 

 

 

 

 

 

 
ラジオドラマも良く放送されていました。

Sutudio1980005 

 

 

 

 

 

 

私もアニメージュの付録に付いていたガンダムのSEソノシートとBGMを使って、MSの戦闘シーンを作ったこともありました・・・。

 

Sutudio1980006 

 

 

 

 

 

 

  

 

裏側は「スタジオミキシング絵巻」になっておりスタジオシリーズの活用方法や、放送劇「怪傑ケロ」のシナリオがあったりします。

Sutudio1980007 

 

 

 

 

 

 

 

プレイ10にはスタジオ1775の特徴でもある、アフレコ機能の紹介がのってます。

まあミキサーがあれば語学用LL機でもできるのでしょうが。

Sutudio1980008 

 

 

 

 

 

 

 

ここではSEの作り方を紹介。

Sutudio1980009 

 

  

 

 

 

 

 

最後のページにスタジオシリーズの各機種の特徴がのってます。

Sutudio1980010 

 

 

 

 

 

 

 

またSONYではスタジオプレイクラブなるものを作っていました。

もちろん私も会員になりました。

Sp_club2_2

 

 

 

 

 

 

 

 

会報が送られてくるぐらいで、特に活動もなく終わってしまったような記憶があります。

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

ランラジオ 1979年 No.2 「創刊10周年記念増刊号」

Rr19792001 ランラジオ vol.10 1979.No.2
 
『創刊10周年記念増刊号』の紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

表紙を飾っている女性は、「欽どこ」にも出ていた『マーガレット・ポー』です。

 

目玉は創刊10周年ということで、人気DJの現在と過去を特集した「パースト&ナウ」

ページ順にいくと、

1.落合恵子
Rr19792003  

 

 

 

 

 

 

 

2.木下桂子・田所万季・あまいくにお
Rr19792004  

 

 

 

 

 

 

 

3.西条ゆり子・大橋照子
Rr19792005

 

 

 

 

 

 

 

 

4.斉藤洋美・笑福亭鶴光・所ジョージ
Rr19792006  

 

 

 

 

 
 

 

 

5.久米宏・荒川強啓・道上洋三・つボイノリオ
Rr19792007  

 

 

 

 

 

 

 

6.柏村武昭・野沢那智・白石冬美・若山弦蔵
Rr19792008  

 

 

 

 

 

 

 

7.高島ヒゲ武・諸口あきら・林美雄
Rr19792009  

 
 

 

 

 

 

 

 

昭和53年11月23日の周波数変更に対応した、内外中波周波数チェックリストが便利でした。
(今でも一部を除いては使える?)
Rr19792091 

 

 

 

 

 

 

 

巻末には、やはり10周年記念企画がありました。

「今後10年間の放送と、動向」と題した座談会。

メンバーは、「上野修」「亀淵昭信」「タモリ」「松井邦雄」の4名です。
Rr19792111_1  

 

 

 

 

 

次に「ラジオ受信機はどこまで進歩するか」と言う特集。

山田耕嗣さんによるものですが、21世紀の今見ると実現しているものあり、ポシャッたものあり、実現しそうもないものありと言った感じです。
当時はインターネット・携帯電話の普及まで読みきれなかったでしょう。
Rr19792116   

  

 

 

 

 

 

代表5局の番組表はこちら。

東京放送

毎日放送

中部日本放送

北海道放送

極東放送

 

 

バックナンバーはこちら。

1977年 No.4 

1980年 No.2 臨時増刊号

1980年 No.3

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

2006年、最後の1枚・・・多分

Db437  

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとーに久し振りの1枚です。

でも「ドラゴンボールZスーパークリアカード」を買うのも、今年はこれで終わりだろーな。

 
袋を見ると、『超総集編』ってなってます。

Dbssosyuhenpac  

 

 

 

 

 

 

 

 
「カードを集めて戦いの記憶を呼びおこせ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

80'プロ野球ヒーローズ

ジョージア『80’プロ野球ヒーローズ」を買いました。

中身が分かるように名前が書いてあるんですが、逆に人気選手はすぐに無くなる・・・。

Cimg9770 Capt002  

 

 

 

 
おまけのミニ「週間ベースボール」
Capt000 Capt001  

 

 

 

 

Cimg9771 Cimg9772 Cimg9773  

 

 

 

Cimg9774 Cimg9775

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

「ケロレーション」って

TVCMでやってる「ケロレーション」、どんな物なのか買ってみちゃいました。
Dscf8127 Dscf8131  

 

 

 

何と言っても、「ケロン軍必携の一品であります!」と書かれてますから、一度食べて見なくては・・・。
Dscf8130  

 

 

 

 

中身は・・・、東ハトのポテコ?かな。
(バンダイから発売されてますが、製造は東ハトです)
Dscf8132 Dscf8133

 

 

 

 

そして「ケロン軍認定シール」が1枚入っています。
Kerore1 Kerore2

 

 

 

 

 

 

 

全20種でNo.16~20はシークレットですか・・・。
Dscf8135

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

WANDA 「赤と青の名車コレクション」

缶コーヒー「WANDA」に付いている、『赤と青の名車コレクション』を集め始めました。

またまた、コンプリートしないゴミクション・・・、いやコレクションですが。
Wanda_tb_01  

 

 

 

 

取り敢えず赤の1台目として、「トヨタ2000GT」が出ました。
Dscf8078 Dscf8079

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

ナビスコ・オレオ

ワールドカップ・ドイツ大会開催中ということで、関連ゴミを探してみました。

ありました。
 

1994年頃発売されていた、ヤマザキナビスコのオレオ(OREO)Jリーグに付いていた、おまけのカードです。

表はワールドカップ記念切手の絵柄、裏はその解説文になっています。
 

1930年の第1回大会から1990年の第14回大会まで、多分全24種のようです。
Oreo01_2 Oreo02_2  

 

 

 

 

 

 

 

解説文の上に、Jリーグのマスコットシールがあり、それを剥がすと解説文が出てくるようになっています。
(私の場合、シールがもったいなくて剥がしていないので、解説文を見ていません)
Oreo03

 

 

 

 

 

 

 

 

シールにも種類があり、同じマスコットでも絵柄や背景、縦横の違いがありました。
Oreo04 Oreo05 Oreo06  

 

 

 

Oreo07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

「タイガー暮らしのカタログ」1983年発行

Tiger198301_1 1983年発行の「タイガー暮らしのカタログ」No.1です。

 

アニパンに混じって、出てきました。

若かりし頃の、古手川祐子さん・・・綺麗ですね。

丁度、西部警察での大門明子役が終わった後のものでしょう。
  

 

 

 

中を覗くと、時代を感じるものが沢山あります。

特に右のページの「EXPO’85 つくば科学博・シリーズ」や「’84ロサンゼルス・オリンピック」なんかが、懐かしいですね。
Tiger198302  

 

 

  

 

Tiger198303

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

アニパン 1979年公開「銀河鉄道999」

1979_ge99900_1 1979年劇場公開 「銀河鉄道999」 のパンフレットです。

 

 

 

 

 

1979年はまさに松本零士ブームの頂点でした。この頃にはメディア等による、盛り上げも多岐に渡り、公開直前のTVスペシャルや、ヤマトの時と同様のニッポン放送でのラジオドラマ放送、更には旧国鉄による999をイメージしたミステリー列車によるツアーなどがありました。

また、当の東映アニメーションでも、『銀鉄ニュース』なるものを発行していました。
Gin041  

 

←この「ホテルの窓から外を眺める」シーンはパンフレットにもあり、当時よくアニメ雑誌等でも見かけました。

  

 

999の良さの一つは、魅力的なキャラが多かったこと。
特にハーロックなどは、同時期にTVでも放送されており、この当時に明確な設定があったか分かりませんが、私などは作品を越えた関連性を想像させられました。
1979_ge99901  

←パンフレットの作品解説ページ 

 

 

パンフレット内のストーリー解説はこちら 
 

それと女性キャラ、メーテルは当然としてクレアが良かったんです。
後で、「ガラスのクレア」なんて映画になったし。いまでもイケてますよ。
1979_ge99908

←中折のピンナップ

 

  
 

もう一つ、忘れてはいけないのが、メカ。
当然、タイトルにもなっている「999」です。

映画の公開当時は、丁度ブルトレブームもあり、メーテルみたいな人と旅に出たいと思った男子がどれほどいたことか・・・。
1979_ge99909  

←中折の4ページぶち抜き、999ピンナップです。

 

ハーロックのアルカディア号もTV版と違い、船首デザインと色が最高!です。
1979_ge99910  

 

←アルカディア号とクイーン・エメラルダス号の紹介ページ。

 

1979_ge99913  

 

←メカ・キャラクターの設定資料ページ

 

 

  

 

声優陣も大御所揃いです。
クレアのCV麻上洋子さんが良かったです。ホント。
松本作品にこの人あり。(言い過ぎか?、でも銀河鉄道物語にも出演してるし・・・)
1979_ge99911  

←スタッフ・声優の紹介ページ

 

 

 

主題歌を忘れたらイケないですね。
西遊記の主題歌「モンキーマジック」をヒットさせていた、ゴダイゴが歌ってました。
当然ザ・ベストテンにもランクインしてました。
1979_ge99915  

 

 

 

 

 

 

 

 

この前のケロロ軍曹 「ドロロ 沈黙の暴走銀河特急」でも、「999」をネタにしていたし、影響はすごい!?
 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

アニパン 1981年公開「機動戦士ガンダム」

1981_gundam100 『機動戦士ガンダム』 1981年劇場公開のパンフレットです。

 
 

1979年放送のTVシリーズ、そして再放送を経て1981年の映画化。
私の中学・高校時代のアニメと言えば、やっぱりファーストガンダムです。

アニメファンをハッキリ自覚したのが、この作品だからでしょう。

ちなみに、ガンダム第1作が公開されたこの年は、秋にガンダム第2作目「哀・戦士編」も公開されています。

更にTVでは、ガンダム放送以降にブレイクした、いわゆるリアルロボット路線の作品が数多く放送されており、サンライズでは1981年は「太陽の牙ダグラム」が製作されています。
 
  
肝心のパンフレットですが、中折のピンナップページも含めて、34ページと言う大作です。
かなり力の入ったものと言えるのではないでしょうか。
 
参考までに、同年公開された東映の主力作品「さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅」は、30ページとなっていますが、ガンダムには4ページ及ばずと言ったところですし、「宇宙戦士バルディオス」では26ページでした。

中身もそれまでの子供向けアニメと違い、作品世界を出来るだけわかりやすく解説した、真面目な作りとなっています。
(ガンダム以前のロボットアニメのパンフレットは、極端に言えば絵本的な要素が結構強かったような気がします。劇中のカットがでっかくページを占拠していて・・・) 
 

パンフをめっくてすぐに、若かりし頃の髪もまだふさふさ(?)の富野監督の写真とメッセージが・・・。
1981_gundam101  

 

 

 

 

 

 

 

真ん中には4種類のピンナップがありました。
Pim0005  

他にもシャアや記念写真風の「アムロ・セイラ・フラウ」やメカ編も。 

 

 

 

 
 

メカの解説ではシャアザクの説明文に「…頭部の飾り棒と体の色の違い以外は、量産タイプのザクと変わらない」なんて事が書かれています。
この頃としては、ご愛嬌と言ったところですね。
Pim0001_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言えばこの作品の目玉の一つに、映画化にあたって新たに起こされた「新作カット」なんてのがありました。
下の、ザクのコックピットをビームサーベルで貫いているシーンなんかそうです。
Pim0004  

 
TV版と新作カットの差が有りすぎです。
Zの映画版でも同じようなことが言われてましたが、これに比べれば大したこと無いのでは?

 

 

 

 

Pim0003_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)