2008年11月23日 (日)

帝国通信 2008年11月号

Feversw000 高らかに響き渡るインペリアルマーチ。

この曲、そしてストームトルーパーの行進。

 
何か久しぶりにSW関係の映像を見た気分。

 

 

 

 
別ヴァージョンのCMでは、「次の戦場はニッポンだっ!」って・・・ベイダー卿が言ってましたが。
Feversw001 Feversw002 

 

 

 

 

 

 
ベイダ―卿を量産(?)中って感じ。
Feversw005 Feversw006 Feversw004  

 

 

 

 
 
SWファンなら思わずパチンコしに行きたくなりそうです。
Feversw007  

 

 

 

 

 

 
 
ダース・ベイダー降臨!!
Feversw008_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

帝国通信 2006年8月号

明日は、WOWOWでスターウォーズを26時間放送する日。

Pim0001_5  

 

 

 

 

 

 

 

 

映画、アニメ等は繰り返し放送されるので見たことのあるものばかりだが、自分としては「クローン大戦」をCMでぶつ切りの、地上波でしか見ていないので、この機会に連続で再視聴出来るのは嬉しい限り。

でもどうせ26時間やるなら、ドキュメンタリー物は少し控えて「イォーク物語」なんかも放送して欲しいものです。

と言いながら、結局全部見てしまうのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

帝国通信 2006年1月号

帝国通信 2006年1月号 「紅白に"ベイダー卿"出演」

teitsu200601-01teitsu200601-02teitsu200601-03   

 
 

 

昨年末、恒例の第56回紅白歌合戦を視聴していると、なんとベイダー卿と帝国軍第501日本駐留部隊が、出演しているではありませんか。
記者も事前にこれを知らずに、びっくりしました。

teitsu200601-04teitsu200601-05teitsu200601-06    

 

 

 

調査によると出演は、白組のT.M.Revolution「WHITE BREATH」の曲で行われていた。
(T.M.Rは既に我が帝国軍の尖兵として、この辺境惑星で活動していたのだ。知らなかった・・・)

teitsu200601-07teitsu200601-08 
暗黒面のパワー出まくり 

 

 

西川卿を中心に、警衛を兼ねた布陣で、我が軍の威容を惑星全土に見せ付けていました。
会場の人々はもちろん、視聴していた人も、暗黒面へと導かれたでしょう。

【帝国=特派103】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

帝国通信 2005年10月号

帝国通信 2005年10月号 「これが帝通か」

かつて、休刊する前のスターログ日本版に掲載されていた、元祖とも言うべき『帝国通信』を記者が独自ルートにより入手した。

これは1983年7月号に載っていた、「帝国通信」銀河版 第31号である。
SL057-089SL057-088 
 

 

 

 

 


今、改めて読み返してみると、感慨深いものがある。

【帝国=特派103】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 1日 (月)

帝国通信 2005年8月号

帝国通信 2005年8月号 「この映画は問題有りか否か!?」

スターウォーズエピソード3公開を記念して、何かグッズがないかと探して見たところ、記者が先の大戦の記録映画であるエピソード4を鑑賞した際に、上映していた映画館で買った、スパイラルノートが出てきました。

DSCF2793 DSCF2792

 

 

 

 
当時もったいなくて、使わずじまいだったので生き残ったノート。

 

 
あとは、映画館でもらったチラシしかありません。

このチラシというか映画自体も、共和国側に立って描かれているシーンが多く、我が帝国軍がないがしろにされがちなのは、検閲に引っかかるかどうか、ぎりぎりの線と思われます。
まあ、この惑星自体が辺境な場所にあるので、そこまで目が光っていないので助かっているのかも。

   

DSCF2794DSCF2795DSCF2796 

 
 

  

【帝国=特派103】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月13日 (水)

帝国通信 2005年7月号

帝国通信 2005年7月号 「意外だったクローン大戦」

先週の深夜に日テレで放送された「クローン大戦」を録画していたのですが、昨日やっと見る機会を得ました。
SW01008SW01007  

 

 
 

アニメだったせいか、最初は絵に馴染めずに戸惑いました、が見始めると意外に面白く真剣に見てしまいました。
クローン大戦勃発後のエピソード2と3の間を結ぶストーリーのようで、我が帝国軍の創世記の活躍を目の当たりにすることが出来ます。

これからエピソード3を見る人にとっては中々良いのではないでしょうか。
深夜枠での放送じゃ、もったいなかったと思います。

SW01003 ジェダイの騎士となったアナキン様

 

 
 
SW01002 

 それを喜ぶパドメ

 
 

SW01004  

我が軍の攻撃を受け、壊滅寸前のコルサントを守るため戦う、宿敵マスターヨーダとウィンドゥ

 
 

SW01006  

コルサント軌道上で攻撃を受ける共和国軍

 

 
【帝国=特派103】

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

帝国通信 2005年6月号

帝国通信 2005年6月号 「帝通、復刊であります」

かつて、SF映画雑誌の頂点に君臨したとも言われる、スターログ日本版(ツルモトルームより出版)の誌上にて、帝国と共に隆盛を極めた、『帝国通信』銀河版が連載されていましたが、皇帝陛下の崩御後、あとを追うようにスターログも1988年に休刊、そして帝国通信も休刊となっていました。

最近では竹書房より、スターログ日本版が復刊され、同時に帝国通信も『帝国通信への道』として、かつての帝通残存部隊と称するものたちによって、再始動したようであります。
(なぜ「帝国通信」ではなく、「帝国通信への道」なのか?。それはエピソード1~3の世界では、まだ帝国が出来る前なので、そのようなタイトルになったとの事。詳しくは復刊スターログの1号をご覧ください)
 

empire_press今は亡き、皇帝陛下より拝命された帝国通信特派員の記者証。
 

 

 

かつて皇帝陛下より、「帝国通信 特派員103号」を拝命致した私としては、いよいよ帝国成るストーリー、エピソード3の公開を間近に控え、この辺境惑星で独自の取材、そして不定期ながら帝通の復刊をすることになったのであります。(どこかのケロン軍小隊長みたいな言葉遣い・・・)

【帝国=特派103】

| | コメント (0) | トラックバック (0)